ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

MySQLを使用して WordPress データベースに管理者アカウントを追加する

Last Updated:2021年6月25日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

前記事では、 WordPressで、管理者パスワードを忘れてしまった時に初期化する方法について説明しました。 別の方法として、直接管理者(Administrator)アカウントを WordPress DBに追加することができます。 この方法は、 WordPress サイトがハッキングされたり、何らかの理由で、管理者アカウントが削除された場合に使用することができます。

[この記事を数年前に発行したがプライベートに設定されていて文の内容を補強して再発行しました。 phpMyAdminのインターフェイスは、最新のバージョンと異なりますが、適用するために、問題がないことです。 ]

MySQLを使用して WordPress データベースに管理者アカウントを追加する方法

MySQLを使用して WordPress データベースに管理者アカウントを追加する

phpMyAdminにアクセスする

まず、phpMyAdminに接続する必要があります。 phpMyAdminにアクセスするには、Webホスティングアカウントにログインしてアクセスすることができます。 以下では、 Cafe24でphpMyAdminにアクセスする方法を例を挙げて説明しています。 しかし、この記事を作成した後に Cafe24では、phpMyAdminサービスを終了しました。 参考のみしてください。

海外のウェブホスティングの一つである Bluehostを利用する場合は、「海外ホスティング BluehostでphpMyAdminにアクセスする方法」を参照してphpMyAdminにアクセスすることができます。 Siteground 利用者である場合は、「海外ウェブホスティング SiteGroundでphpMyAdminにアクセスする方法」を参照してみてください。

ちなみに歌声非良いウェブホスティングをご希望の場合 Bluehostを考慮してみることができます。 詳細については、「海外ホスティング: BluehostとSiteGround比較」を参考にしてみてください。(参照された記事に含まれているリンクをクリックして、 Bluehostに加入する場合、月1ドル割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 手ごろな価格のホスティングを検索する場合まともなオプションがあります。)

注意:この記事の内容は、DBに接続して作業していることと関連されるので、この操作を実行する前に、必ずDBのバックアップ受けておいてください。

Cafe24でphpMyAdminにアクセスする方法

サンプルとして cafe24を利用する場合は、まず cafe24.comでログインします。

MySQL Admin in cafe24 Cafe24でphpMyAdminにアクセス

表示される画面で、左側のパネルに「MYSQL管理」というメニューがあります。 このメニューをクリックします。

「MySQLウェブ管理接続する」ボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されたら "接続する"ボタンをクリックします。これにより、Welcome to WebMysqlウィンドウが表示されます。

Welcome to WebMysql

上記のような画面が表示されたらDB UsernameとDB Passwordを入力します。 この情報は、Webホスティング登録しながら設定した情報であるか、ウェブホスティング会社から受け取った情報です。

正確な情報を入力して、「Go」をクリックすると、phpMyAdminに正常に接続されます。

WordPress DB管理者アカウントを追加する

wp_users追加する

phpMyAdminにログインした場合は、 WordPress サイトのDBを選択します。

phpMyAdmin wp_users

左側のパネルで、「wp_users「テーブルを選択し、(1) "インセット」を選択します(2)。

Insert Admin in phpMyAdmin

これからが重要です。 上記のような画面が表示されたら、上記の図に示されているものと同様の情報を入力します。

  • (1) IDはユニーク(unique)する必要があります。 つまり、他のユーザーIDと重複しないようになります。 よくわからない場合は「Browse」タブを選択して使用可能なID番号が何であるかを確認します。 例えば1〜10までのIDが使用された場合、11から使用が可能です。 ここでは "3"に設定しました。
  • (2) USER_LOGINは、管理者アカウントのログイン名を入力します。 ログイン時に使用されます。
  • (3) user_passfunction オプションで "MD5"を必ず選択してください。
  • (4)パスワードを入力します。

残りの情報は、適当に入力するようにします。 「Go」をクリックすると、adminアカウントが追加されます。

wp_usermeta追加する

今左側のパネルで、「wp_usermeta「テーブルを選択して、上から "インセット」を選択します(上記のプロセスと似ています。)これにより、XNUMXつの入力テーブルが表示されます。まず、上部の入力テーブルで次のように入力するようにします。

wp_usermeta Insert 1

上記の unmeta_idは空白のままにしておきます(自動的に取り込ま)。

(1) USER_IDは上記の設定したuser_idを入力します。

(2) meta_keywp_capabilitiesを記入します。

(3) meta_valueには、次のように入力します。

a:1:{s:13:"administrator";s:1:"1";}

今の下にあるテーブルにデータを入力します。

wp_usermeta Insert 2

上記同様に入力します。

(1) USER_IDは同様に上記の入力されたIDを入力します。

(2) meta_key wp_user_levelを入力します。

(3) meta_value10を入力します。

すべて完了したら一番下の "Go」を押すと、入力したレコードが保存され、設定したばかりの管理者アカウントを使用して WordPress サイトにログインすることができます。

Admin added  -  WordPress 管理者アカウントを追加する

上記のように作成したadminアカウントが追加されたことを確認することができます。

この方法を使用すると、adminアカウントがハッキングなどで削除された場合には、新しい管理者アカウントを追加して、 WordPress サイトにアクセスすることができます。

おわりに

以上でphpMyAdminにアクセスして WordPress 管理者アカウントを手動で作成する方法について説明しました。 たまにサイトがハッキングを受け、管理者アカウントが削除される場合に接しています。 そのような場合に、上記の方法で管理者アカウントを回復することができます。

この作業は、初心者が実行するための若干難しいことができます。 必ずDBのバックアップ後に作業をしてください。 作業に困難を経験する場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

メモ:



3のコメント

コメント

  1. こんにちは! 私ダトホムでバックアップをしようとします。

     SQLエクスポートの実行をするが、圧縮チェックする部分があるが、ないにチェックしてもいいですか?
    もし圧縮にチェックをすれば、

    ファイルBugzillaのに上げるのに、圧縮状態でファイルBugzillaのフォルダに上がるんですか?
    応答
    • こんにちは?

      いずれも構わないようです。 私は普通のSQLファイルの形式(非圧縮)で頂きますが、念のため両方受けても構わないようです。
      通常のSQLファイルをImportするとき、Webホスティング会社のホームページにログインしてphpMyAdminのようなツールで作業します。 コンピュータに保存された後、phpMyAdminにアクセスして、インポートすることです。 この部分は、デリケートな部分なので、インターネット検索で詳しく見てみてください。
      phpMyAdminにアクセスする方法は、 https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-solve-problems-after-changing-the-site-url-in-wordpress/ 文を参照してみてください。

      応答