ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 一意のアドレスを変更した後301リダイレクト設定

Last Updated:2021年9月26日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressで固有のアドレスを設定した後、後日に固有のアドレスを変えることと、固有のアドレスを設定前のURLをクリックすると、404ページなし(404 Page Not Found)エラーが発生する可能性があります。 固有のアドレスを基に設定された状態で、他の固有のアドレスに変更した場合には、エラーが発生しません。

[この記事は、2021年9月26日に最後に更新されました。 ]

WordPress 一意のアドレスを変更した後301リダイレクト設定

WordPressで固有のアドレスを変更すると、既存のURLを介して流入される訪問者に404 Page Not Foundページが表示されることがあります。

404ページが見つかりませんエラー -  WordPress 一意のアドレスを変更した後301リダイレクト設定

これらのエラーが発生した場合 301リダイレクト(301リダイレクト)設定を介して、以前のURLを新しいURLにリダイレクトさせてくれることができます。 この方法を使用すると、Googleのランキングを維持しながら固有のアドレスを変更することができます( "Google検索のランキングを維持しながら、ドメイン名を変更する方法"参照)。

変更前固有のアドレスが「一般的な」あるいは「基本」(例えば、https://www.thewordcracker.com/?p=123形式)である場合、固有のアドレスを変更しても301リダイレクトを設定しなくてもされます。 以外の設定である場合は、必ずリダイレクトを設定することがください。

WordPress 固有のアドレスを変更した場合Yoast SEO固有のアドレスヘルパーを使用してリダイレクトコードを生成することができます。

正規表現を少し知っていれば、直接コードを作成し入れてもされます。

たとえば、前の固有のアドレスが / year / month / day / post_title /であり、新しい一意のアドレスが / post_title /であれば、次のようなコードを .htaccess ファイルに追加します。

RedirectMatch 301 ^/([0-9]{4})/([0-9]{2})/([0-9]{2})/(?!page/)(.+)$ http://example.com/$4

上記のコードをよく見ると、正規表現(正規表現)を利用して、コードが作成されたことがわかります。 したがって、基本的な正規表現だけつけても、様々な状況に対処することができます。

他の方法で Redirectionプラグインを使用することができます。

2019年1月更新: この記事を書く時にSimple 301 Redirectsプラグインのワイルドカードの使用に若干のバグがあったが、最近にテストしてみると、期待どおりにうまく機能することを確認しました。 WordPressで301リダイレクトを簡単に設定できるSimple 301 Redirectsプラグインを参照してみてください。

私はブログのURLが長すぎて固有のアドレスをできるだけ短く変更し、Simple 301 Redirectsプラグインを使用して301リダイレクトさせようと試みたが、うまくいかないされては上記のコードを少し応用して解決しました。 洗練された正規表現を作成したい場合 RegexBuddyプログラムを使用してみることができます。 前のプログラムをかなり長い間使用しているが、たまに便利時があります。

参考までに固有のアドレスを変更するには、 WordPress ダッシュボードから 設定>固有のアドレスで変更が可能です。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. WordPress 関連知識は常によく参考にして見ていきます。 一つお尋ねみるよのに私固有のアドレスを変更した後、Googleでsite: http://reviewworld.kr 検索をすると文がほぼ出ない状態なのに、これ固有のアドレスの変更をして、Googleでコンテンツが出てこないでしょうか?

    応答
    • 固有のアドレスを変更した場合301リダイレクトを設定する必要がSEOの損害を見ません。 リダイレクトを設定してくれていない場合、既存の検索されたURLは、404エラーを発生するようになり、時間の経過とともに、既存文章は、Googleなどの検索エンジンから消えています。 数ヶ月ほどの時間が経過すると、新しい記事が公開なると思います。 露出されない文は、手動で収集要求をしてみてください。

      https://avada.tistory.com/1801

      応答