WordPressの特定のページのみSSLとHTTPSを適用する方法

今年(2018年)7月から、Google Chromeでは、すべてのHTTPサイトに対して「安全でない」という警告が表示される予定です。 SSL セキュリティサーバー証明書をインストールして HTTP ではなく HTTPS でサイトがロードされるようにすると、SEO(検索エンジン最適化)に役立ちます。

WordPressの特定のページのみSSLとHTTPSを適用する方法

SSLを適用した WordPress サイトの特定のページだけをHTTPSにロードされるように設定したい場合があります。 この場合、 WordPress HTTPS(SSL)というプラグインを使用することができます。

※同様のプラグインでReally Simple SSLプラグインを作成したメーカーで作成 Really Simple SSL per pageというプラグインがあります。 特に WordPressから Naverペイを適用したときに、特定のページがHTTPSでロードされないように設定ヘジュオヤが、そのような場合に、このプラグインを使用すると、簡単に解決されます。

WordPress WordPress HTTPS(SSL)のプラグイン

このプラグインをインストールして有効にすると WordPress 管理者ページのメニューに HTTPSが表示されます。

WordPress SSLの設定

HTTPSメニューをクリックすると、上の図のようにHTTPSの設定が表示されます。

まず、 SSL Port(1)とで、SSLポートを入力します。 通常は、ドメイン名を入力します。 共有ホスティングで提供されるSSL証明書を使用している場合は、ドメイン名の代わりにホスティング会社によって提供されるホスト情報を入力する必要があります。 (SiteGround 共有ホスティングが提供する無料のLet's Encrypt SSL証明書を利用する場合は、ドメイン名を入力しても正常に動作します。 サブドメインの場合はテストしていません。 サブドメイン名とルートドメイン名をそれぞれテストして正常に動作するように設定すればいいと思います。)

Force SSL Administration(2)をクリックすると、 WordPressすべての管理者ゾーンページに強制的にHTTPSを使用します。 この設定は、wp-config.phpファイルに次の行を追加するのと同じです。

define( 'FORCE_SSL_ADMIN'、true);

次のオプションは、 Force SSL Exclusively(3)を使用するかどうかを選択することで、このチェックボックスを選択すると、強制的にSSLを適用するオプションを選択したページにのみSSLが適用され、残りのすべてのトラフィックはHTTP URLにロードされます。

特定のページがHTTPSに強制的にロードされるように指定するには、個々のページ/記事の右側に表示されているHTTPSボックスで Secure post / Secure child posts オプションをチェックするようにします。

HTTPSの設定

Remove Unsecure Elements(安全でない要素を削除)は、HTTPSを介してアクセスすることができない要素を削除するオプションには、このオプションを有効にすると、他のプラグインの機能が正しく動作しないことができるとね。

私は紆余曲折を経て昨年9月(2018年9月)に Bluehostが提供する無料のSSL証明書をこのブログにインストールしました。 (現在は クラウドウェイズにサーバーを移行しました。)

SSLセキュリティサーバー証明書をインストールして削除すると、検索エンジンでHTTPバージョンとHTTPSバージョンを同時に検索できます。これらの問題が発生した場合は、Canonical URL(Canonical URL)を設定して問題を解決できます(「グーグルでHttpとHttpsバージョンが一緒に検索された場合"参照)。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

26のコメント

  1. 私は先週末にcloudflare方式で無料サービスを設置しました。 外部ユーザーの個人情報を保存するのではなく、あえてお金をかけて設置することも負担になったり…
    どんなflexible SSL方式だったのに設置も簡単ですよ…

    1. 良い情報ありがとうございます。

      今解決されたかは分からないがCloudflareを使用する場合のSEOの問題が発生するという文を見たことがあります。

      次の記事を参照してください。

      サイトが消えた

      楽しい一日になってください。

      1. 良い情報ありがとうございます。^^
        私も初心者なのでよくわかりませんが、文章の内容だけで見ると、SSLに関する話ではなく、CloudflareのCDNサービス全体的なものの効用性とGoogleのSEO効率性をどのように調和させるのかという問題に見えます。 したがって、すべての場合に均一に適用させることは難しくないかと思われることもあります。 単にSEOのためにCDNの様々なメリットをあきらめるかと言うのかは、各サイトごとに異なる結論が出るしかないようです。
        疑問に思うのは、クロール機能が独自に組み込まれているGoogleの場合、CDNがSEOにどのように影響するのでしょうか。 よくわかりません…

      2. 2015年の記事ですね。 Cloudflareと関連してSEOの問題を検索してみると、まれにGoogleで問題を起こす場合があるね。

        通常は問題がないようです。

  2. gogetssl.comで1年6.38火というpositive sslてインストールしました。
    Naver ウェブマスターツールは、Googleサーチコンソールにhttps登録しました。
    詳細はわからないので、単にreally simple sslというプラグインをインストールしました。
    画像はちらつきから呼び出されるので、それは関係ありません...
    AdSenseはどうすればいいですか? 何もしなくても広告が見えたら気にしませんか?

    と言ったが何をすべきかモルラソヨ。 逃した場合教えてください〜^^
    これ何午前がさっとだ行ってしまいましたね。 笑。

    1. こんにちは?

      いよいよSSLをインストールましたよね。
      おめでとうございます:)

      今メニューで「一日記」のURLがhttpになっており、クロムブラウザウィンドウに緑色の南京錠が表示されず(i)記号が表示されています。 メニューから「一日記」のURLをhttpsに変更してください。 これで問題が解決します。

      AdSense 広告は正常に表示さね。

      1. そうですね。笑

        少し前にはi記号が表示されていましたが…今は緑色のロックが正常に表示されますね。

      2. fruitfulife.netは緑ロックと一日の日記は、(i)にナオジヨ?
        寀ーはhistory.comはhttpsであるが、個々のブログはhttpんですよ。

      3. 変ですね。 いくつかの個々の記事をクリックすると、まだi記号が表示されます。

        really simple sslを削除し、次のコードを.htaccessファイルに追加しますか?

        <IfModule mod_rewrite.c>
        RewriteEngine On
        RewriteCond %{HTTPS} off
        RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
        </IfModule>

      4. 多分disqus問題も同じだという考えがしますね。

        Disqusもhttpアドレスをhttpsアドレスに変更してみてください?

      5. 私はhttpsに変更しました。

        ところが、不思議ですね。 いくつかの記事は、適切に緑色のロックが表示され、いくつかの記事では、iのシンボルが表示さね。 disqus問題がないようです。

      6. 1。 一日の日記は寀ーとiの表示が出てくるんです。 寀ーがhistory.com万httpsと、個々のブログはまだhttpんですよ。
        2. WordPress 記事にi表示が表示されたら不思議ですね。
        今見るとそんな文がありますね! https://farm2.staticflickr.com/1802/41994335735_0f92061f96.jpg

        3. もしこのメッセージがどういう意味なのかご存知であれば、この投稿を承認しないでメールでお願いしてもよいでしょうか。 xxxxxxxx@gmail.com 입니다。

      7. 原因を発見したようです。

        cfile29.uf.tistory.com/image/241EFF3752BFC8F62001AF
        cfile7.uf.tistory.com/image/26649B45577A58F011E91A

        このように一番下のRelated Postsからロードされているティーストーリーにアップロードして表示するイメージのためですね。

        (*確認したらと画像のリンクは削除させていただきます。)

      8. 本当にありがとうございます。 私もティーストーリーから持ってくるイメージのせいだな…推測だけして消していっていたところでした。 ところでイメージを消してもそのままなのもあります。 そのうちのXNUMXつをタイポラのようなエディタにコピーした後、再びhtmlコードにコピーして貼るので洗濯になると思います。 ティーストーリーでちょうど持っているものがいくつかありますが、それが問題になるとは知りませんでした。 ㅡ.ㅡ

      9. 今の問題がほとんど解決されたようですね。

        たまに予期せぬところで問題が発生しますね。(笑)

      10. はい。 おかげで可能でした。 ハード修正中です。
        感謝の気持ちを込めてㅇㄷㅅ*でももっと頻繁に押します。 毎回助けられて..思ったようなスバックコーヒーギフティコンでも撮影したいです。 ^^

      11. 幸いなことに、問題が解決されるようですね。

        みことばだけでも感謝します。 (そして私はスバックでコーヒーを飲むのがあまり好きではありません。ㅎㅎ)

      12. キャッシュプラグインを使用している場合、キャッシュプラグインのキャッシュを一度削除してみてください。

  3. SSLインストールしていないときに、セキュリティサーバーのために熱心に、Googleサイトで検索をしたと思いますね。^^
    数万ウォンであれば解決がされ、お金が何なのか。(笑)

    1. 私も無料でSSLをインストールするためにGoogle検索を使用していくつかの方法を試してみたことがあります。

      幸いなことに、Webホスティング会社で、昨年から無料でSSL証明書を提供してくれてインストールして使用しています。

      国内ホスティングも無料でSSL証明書を提供する場合いいのですが、ホスティング自体で収益が非常に薄い方だとね。 だから、簡単に無料で提供していませんようです。

    2. 私はお金の問題ではなく、価格の差があまりにもひどくナヌンゲ気に入らなかった。 結局、お金がムンジェンか?^^;
      ヨトン Cafe24より1 / 5近く安くしました。 まあいろいろな理由があるだろうが、私のように面倒も外部証明書購入別に設置して、顧客のお金を逃しいっそ安く売るのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます