WordPressで自動文字変換(wptexturize)機能を無効にする

Last Updated:2023年07月23日| 2のコメント

WordPressでwptexturize関数は、いくつかの文字を自動的に変換する機能をします。 例えば、二重引用符を入力すると、引用符に自動的に変換されます。 例えば、タイトルや本文に特定の語句を引用符で囲むと、自動的に引用符に変更され、次のように表示されます。

WordPress 引用の自動変換

また、XNUMXつのハイフン(--)を入力すると、XNUMXつの長いハイフン(-)に自動的に変換されます。 WordPressでこれらの文字自動変換機能を無効にする方法を見てみましょう。

自動変換される文字記号

自動変換される文字記号のリストは、 WordPress Codex文書で確認することができます。

ハングルでは丸い引用符を使用しますが、英語ではまっすぐな引用符が通常使用されます。 このように自動的にまっすぐな引用符を丸引用符("smart quotes"とも呼ばれる)に変換する機能は、MSワードやハンコムオフィスハングルでもサポートされる機能です。

MS Wordのオートフォーマット機能
MS Wordのオートフォーマット機能。 ファイル>オプション>校正>オートコレクトのオプションからの引用の自動変換オプションをオンまたはオフにすることができる。

ハングルでは、このオプションが便利ですが、英語で文章を作成する際に不便することができます。 そしてタイトルに引用符が入る場合 Twitterで共有すると、引用符がDecimal Code(MS用語集を見ると「XNUMX進コード」に翻訳されています)に変換され、壊れているように見えたり汚れたりすることがあります。 (もちろん、「XNUMX進コード」の部分を引用符で修正してください。面倒です。)

WordPress Twitter 共有

wptexturizeを無効にする

WordPress 4.0以降のバージョンでは、run_wptexturizeフィルタを使用してwptexturizeを無効にすることができます。 次のコードを使用しているテーマのフォルダ内の関数ファイルに追加して無効にすることができます。

/ * Disable wptexturize; wptexturize 無効化 */ add_filter( 'run_wptexturize', '__return_false' );

なるべく チャイルドテーマを作ってチャイルドテーマの関数ファイルに追加する必要がテーマが更新されても追加または変更が初期化されません。

上記のコードを挿入すると、自動的に変換されたいくつかの文字記号が本来入力した文字で表示されます。

wptexturize無効

英語で文章を作成する場合や引用符が気に入らない場合はwptexturize無効を考慮してみることができるようになります。 私は英語のサイトでwptexturizeを無効にしました。

メモ:


2のコメント

コメント

  1. ああ..なぜ引用符で包むと開かれる丸い二重引用符2つに変更されるのか分かりましたね。 閉じる二重引用符を付けるにはどうしたらいいのかシャベルし、またここに来て原因を知っていきます^^;
    (私の投稿にこの投稿のリンクを添付しました)

    応答
    • こんにちは、肥満たくみ様。 ブログにアクセスして投稿を共有していただきありがとうございます。 私はこのブログを運営していた最初にこの現象が現れることを認識していないので、コードで使用された引用符がまっすぐな引用符(Straight Quotes)ではなく丸い引用符(Curly Quotes)として表示されたようです。 丸い引用符を含むPHPコードをそのまま使用すると、致命的なエラーが発生する可能性があり、問題が発生しました。 この記事で紹介する方法でwptexturize機能を無効にすると、この問題は発生しません。 朝の夕方に肌寒いです。風邪に気をつけてください。

      応答