ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WooCommerce ストアページで「カート」を「商品を見る」に変更する方法

Last Updated:2017年9月19日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

前へから WordPress WooCommerce ショッピングモールで「カート"ボタンを"今すぐ購入"または"購入する"ボタンで変更する方法について説明しました。

この記事では、店舗、商品カテゴリなど商品リストページで「ショッピングカート」を「商品を見る」、「詳細を見る」、「詳細情報」などのフレーズに切り替え、ボタンを押したときに商品詳細ページを表示させる方法について簡単に扱いましょう。

他の方法で WooCommerce ショッピングモールで「カート」ボタンを削除するを参考に「カート」ボタンを取り除くことも考えてみることができそうです。

別の方法としては、 WooCommerceをカタログに変えてくれるプラグインを使用することも考慮してみることができます。 この方法を使用すると、より効果的に WooCommerceを活用してオンライン商品カタログを作成することができるでしょう。

WooCommerce ショップページで「ショッピングカート」を「商品を見る」、「詳細情報」などに変更する方法

WooCommerce ショッピングモールで商品を販売せずに紹介するだけで、商品リストページの「カート(Add to Cart)」ボタンを「商品を見る」や「詳細情報」などのボタンに切り替えてボタンを押したときに詳細な説明を表示する画面を表示するには、次のコードを使用しています WordPress テーマの関数ファイルに追加します。

add_filter( 'woocommerce_loop_add_to_cart_link', 'replacing_add_to_cart_button', 10, 2 );
function replacing_add_to_cart_button( $button, $product ) {
$button_text = __("View product", "woocommerce");
$button = '<a class="button" href="' . $product->get_permalink() . '">' . $button_text . '</a>';

return $button;
}
// 출처: stackoverflow

View product部分は、所望のフレーズに適切な変更をするかWooCommerce言語ファイルを翻訳すると、されます。

The7テーマ デモでテストしてみると店のページでAdd to Cart(カート)ボタンが次のようにView productに変わっね。

WooCommerce 店のページで「カート」を「製品」に変える方法2

WooCommerceをローカライズする方法は WooCommerceに含まれている言語ファイル(.po)をLoco TranslateプラグインやPoeditなどのPC用のプログラムを使用して翻訳します。 詳細については、 この記事を参照してみてください。

たまにいくつかの方法を動員しても変わらないフレーズがある場合もあります。 そのような場合javascriptやjQueryを使用して強制的に変える方法も考慮してみることができます。



6のコメント

コメント

  1. WordPress 中級カテゴリー文のリストにこの記事が公開されていません。 キャッシュ消しても見えませんㅠㅠ

    応答
    • W3 Total Cacheでいくらのキャッシュをクリアしても、自然にページが更新されないですね。〓〓

      Hyper Cacheに変えてみると、セルフテストの結果は、キャッシュをクリアすると、ページが再ロードされるようです。

      おそらく、この問題のために、サイトの訪問者と AdSense 収入に問題が発生したようです。 W3 Total Cacheは、他のサイトでも同様の問題が発生するかどうかを分からないですね。

      Chrisさんなかった場合とんでもないところ原因を探すの多くの時間を無駄にしたようです^^

      応答
      • W3 Total cache私もしばらくの間、使用んですけど、数ヶ月前の更新時に、テンプレートやら合わアンアトかのサーバの設定と一致していないことの原因は、分からないディスクにキャッシュを書き続ける現象がイトオソサイトの読み込みに時間が数分ずつかかりました。 サーバーがオーバーヘッドがドゥェソヨ

        だから今は、WP Super Cacheを使用している約5-6ヵ月ほど使用する理由だまだ大きな問題はありませんでした

      • WP Super Cacheも相性がよく合うサイトの速度が大幅に向上がされているようです。 いくつかの場合には、ほとんど効果がない場合がありよ。

        キャッシュプラグインは、テーマ/サイトとの相性がよく合わなければか表示します。

        Hyper Cacheは、モバイルキャッシュもサポートされます。 今AMPを適用して、モバイルではAMPのページに多くの接続されそうだから、大きな効果はないようだがね。(笑)

      • 前のテーマに含まれているAMPプラグインを使用しています。
        ただ、Googleアナリティクスのコードを入れて、 AdSense 広告も楽に収納できて良いようです。