WooCommerce 決済ページデフォルトの国を変更する方法

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

ワードプレスウコマースショッピングモールでは、顧客が支払いするボタンを押したときに表示される決済ページでデフォルトの国を変更する場合は、簡単なコードスニペットにデフォルトの国の変更が可能です。

ワードプレスウコマース決済ページデフォルトの国を変更する方法

決済ページで、既定の国と州(State)を変更したい場合は、以下のコードスニペットをテーマの関数ファイル(functions.php)に追加することができます。 またはFTPに接続するために困難を経験する場合 Code snippetsのようなプラグインを使用してユーザー関数を追加することができます。 親テーマ関数ファイルに直接コードを追加する場合、テーマが更新される事項の追加が消えるので、子テーマを作って作業してください。

以下は、右コマース公式文書で提示するコードです(Change the default state and country on the checkout を参照)。

/ ** * Change the default state and country on the checkout page(決済ページの基本的な州および国を変更する)* / add_filter( 'default_checkout_billing_country'、 'change_default_checkout_country'); add_filter( 'default_checkout_billing_state'、 'change_default_checkout_state'); function change_default_checkout_country(){return "US"; //国コード、US =米国} function change_default_checkout_state(){return "CA '; //メインのコードは、CA =カリフォルニア州}

上記のようなコードをチャイルドテーマの関数ファイルに追加すると、次のように決済ページで、デフォルトの国と基本株(State)フィールドが次のように「米国」と「カリフォルニア」に変更されます。

ウコマース決済ページデフォルトの国を変更

国コードは、 https://github.com/woocommerce/woocommerce/blob/master/i18n/countries.php ページで確認することができます。 例えば、大韓民国の国コードは、「KR」、日本は「JP」です。

注(State)フィールドは、一部の国でのみ表示され、国が「大韓民国」に設定されると、メインフィールドは表示されません。

ちなみにdefault_checkout_billing_countryフィルタは、既存および新規ユーザーの両方に影響を与えます。 新規(non-existing)ユーザーのみ適用したい場合には、次のコードスニペットを使用することができます。

/ ** * Change the default country on the checkout for non-existing users only(決済ページで、新規ユーザーのデフォルトの国を変更)* / add_filter( 'default_checkout_billing_country'、 'change_default_checkout_country'、10、1); function change_default_checkout_country($ country){// If the user already exists、do not override country if(WC() - > customer-> get_is_paying_customer()){return $ country; } return 'DE'; //デフォルトの国ドイツに変更(例)}

おわりに

以上で右コマースショッピングモールで決済ページのデフォルトの国を変更する方法について説明しました。 海外現地人を対象にショッピングモールを運営する際にデフォルトの国が一致していない場合に、この方法でデフォルトの国を変更することができます。

参考



コメントを残す