ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WooCommerceで送料無料を利用できる場合に、他の配送方法を非表示にする

Last Updated:2021年7月2日| 7のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WooCommerce複数の配送方法を指定した場合、送料無料を利用することができていても、複数の配送方法が一緒に表示されることがあります。 この場合には、以下の方法に基づいて送料無料のみを表示することができます。

まず、 WordPressでの発送を設定する方法を簡単に説明した後、送料無料のみ可能な場合に、他の配送方法を隠す方法を説明します。

WooCommerceでの発送を設定する

WooCommerceでの発送を設定するには、 WordPress 管理者ページ> WooCommerce >配送をクリックします。

これにより、次のように配送エリアを追加するボタンがある画面が表示されます。

WordPress 送料無料指定する

配送エリアを追加する(Add shipping zone)をクリックします。

WooCommerce 送料無料を設定する

上記のような画像が表示されたらエリア名(1)に適切な名前を指定して、エリアを含むエリア(2)にしたい地域を選択します。 韓国で販売される商品にのみ適用される配送方法を指定したい場合は「大韓民国」を選択します。

"配送方法を追加"をクリックします。

WooCommerce 配送方法の設定

固定料金、送料無料、訪問受領 の中から選択することができます。

ここでは、 送料無料を選択してみましょう。

WooCommerce 送料無料を設定する

図のように送料無料になりました。 しかし、特定の条件でのみ送料無料を追加することをお勧めすることができます。 そのような場合、固定費の条件を追加して、送料無料を一緒に追加することができます。 例えば基本的な送料は5000ウォンだが、注文金額が10万ウォン以上の場合は、送料無料を与えることができるでしょう。

편집をクリックして、条件を指定して与えるようにします。

送料無料の条件を設定する

次のようなオプションで指定が可能です。

  • 有効な送料無料クーポン
  • 最低注文金額
  • 最小注文量やクーポン
  • 最低注文金額とクーポン

必要なオプションを指定して、 最低注文金額を指定するようにします。

このように設定して 変更を保存をクリックすると、送料無料の設定が完了します。

送料無料を利用できる場合は、他の配送方法を非表示に

まず、 WooCommerce >状態>ツール> WooCommerce 一時的なデータ>一時的なデータの初期化をクリックして、 WooCommerce 一時データを削除します。

ここで、次のコードを使用しているテーマの関数ファイルに追加するようにします。 チャイルドテーマを作成し作業してください。 そうでなければテーマが更新される場合は、追加したコードが消えます。

/**
 * Hide shipping rates when free shipping is available.
 * 무료 배송비가 있는 경우 배송비 숨김
 * Updated to support WooCommerce 2.6 Shipping Zones.
 *
 * @param array $rates Array of rates found for the package.
 * @return array
 */
function my_hide_shipping_when_free_is_available( $rates ) {
	$free = array();
	foreach ( $rates as $rate_id => $rate ) {
		if ( 'free_shipping' === $rate->method_id ) {
			$free[ $rate_id ] = $rate;
			break;
		}
	}
	return ! empty( $free ) ? $free : $rates;
}
add_filter( 'woocommerce_package_rates', 'my_hide_shipping_when_free_is_available', 100 );

FTPに接続して、上記のコードを追加します。 WordPressでFTPの使い方は ここを参照してみてください。

2021年7月更新: コードを WooCommerce 公式文書で提示するコードに置き換えました。 上記のコードでうまく動作することをテストしてみてください。

おわりに - 2019年4月29日追加

以上で WooCommerceで送料無料を指定する方法と、送料無料が可能な場合に、他の配送方法を非表示にする方法について説明しました。

ちなみに「訪問受領」を選択した場合でも、この記事に記載され、コードを使用すると、「訪問受領」も表示されません。 そのような場合、上記のコードを変更して、送料無料が可能な場合、有料配送オプションのみ非表示に変更ヘジュオヤます。 この部分については、後日取り上げてみましょう。

商品グループごとに送料を別途指定する場合は、配送のクラス(Shipping Class)を使用することができます。

メモ:



7のコメント

コメント

  1. こんにちは、2021年なのにまだそのバグが第テーマは存在するようです。ㅠ固定料金と送料無料条件が特定の金額5万円以上でも同時に表示されています。 もしかしたらこの部分どのように解決することができますか? いつももそうアドバイスありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、イジョンニム。

      本文のコードを WooCommerce 公式マニュアルで提示するコードで変えました。 更新されたコードでテストして見てもいることを確認してくださるでしょうか?

      応答
      • ありがとうございます。 おかげでうまく解決されました。 WooCommerce 使用して、まだこのような部分がある点が少し惜しいですね。ㅠ平安週末ドゥェショヨ!

  2. こんにちは。 返信ありがとうございます。 ところが、私は無料配送日の場合にも、固定の送料が表示さね。
    すべての最新バージョンを使用しているのですがㅠ
    この場合、送料の設定​​をうまくできなくて置いたでしょうか?

    応答
    • Avadaでテストしてみたところ、最新の Avada と WooCommerce, WordPress バージョンでは無料配送日とき、固定の送料が表示されません。

      時間が飛ぶとき、他のテーマでも一度試してみましょう。

      応答
  3. 送料無料の設定時訪問受領オプションの問題

    とともに上いただいた内容を適用すると、同じエラーが表示さですね。 ㅠㅠ

    応答
    • こんにちは、kyounakim様。

      私はテストをしてみると、エラーは発生しませんが、最新の WooCommerce バージョンでは、これ以上このコードを使用する必要がないようです。

      この記事を作成する時点では送料が固定送料、無料送料、ピックアップなど、いくつかの配送方法がある場合、無料配送日の場合にも、固定の送料が表示されたが、今テストしてみるとこのような問題が発生しないですね。 最近Woocommerceバージョンでは無料送料が可能な場合に、固定の送料が表示されてバグが修正されたものに見えます。

      応答