アマゾンライトセール WordPress インスタンスにLet's Encrypt SSL証明書をインストールする

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

前回の記事で、アマゾンライトセール(Amazon Lightsail)で WordPress インスタンスを生成して、ドメインを接続する方法を説明しました。

アマゾンライトセールにワードプレスをインストールした場合は無料Let's Encrypt SSL証明書をインストールすることができます。 サイトのセキュリティサーバーのSSL証明書が適用されない場合はChromeブラウザに「注意要する」という警告が表示され、SEOにマイナスの影響を与えます。

セキュリティサーバSSL判明サイトに注意要する警告を表示

SSL証明書は、国内のウェブホスティングでは、ほとんど有料で販売しています。 カフェ24の場合、年間38,500ウォンで購入が可能で、ワイルドカードSSL証明書は、年間462,000ウォンに達します。 (サブドメインでSSLを適用すると、ワイルドカード証明書が必要です。)

カフェ24セキュリティサーバSSL証明書の価格

アマゾンライトセールを利用すれば、Let's Encrypt SSL証明書を無料でインストールして利用することができます。 ちなみにブルーホストやサイトグラウンドのような海外のホスティングも、すべてのドメインに対してSSL証明書を無料で提供し、非常に簡単にSSL証明書をインストールできます(「海外ホスティング:ブルーホストとサイトグラウンド比較"参照)。

アマゾンライトセールにLet's Encrypt SSL証明書をインストールする方法が説明された文を検索してみると、いくつかの文が検索されますが、最良の材料は、Amazonが提供する文書です。 次の記事を参照して、AmazonライトセールにSSL証明書をインストールすることができます。

文書が忠実に作成されたので、Linuxサーバーに慣れている方は問題なく、簡単にSSL証明書をインストールすることができます。 初めての方は容易に感じることがありますが、最初にスナップショットを作成し、進行すると、タスクが容易になるでしょう。 その後、途中でエラーが発生した場合、インスタンスを削除し、スナップショットを利用して、再度インスタンスに作成し、プロセスを繰り返すことができます。

スナップショットは、インスタンスのページで、インスタンス名を選択し、「スナップショット」メニューから作成することができます。

アマゾンライトセールスナップショット作成
インスタンスのページからインスタンスを選ぶ

上記のような画像が表示されたら、インスタンス名をクリックします。

アマゾンライトセールスナップショットを作成する方法

スナップショット タブをクリックして、手動スナップショットの下の「スナップショットの作成」をクリックするします。

アマゾンライトセールでは、スナップショット機能は有料で提供されています。 しかし、それほど多くの費用が請求されないため、スナップショット機能を利用して、インスタンスを丸ごとバックアップを受けられます。

アマゾンのドキュメントを参照して、SSL証明書をインストールする場合は、TXTレコードを追加するプロセスがあります。 TXTレコードは2つを追加する必要し、追加した後は、https://mxtoolbox.com/TXTLookup.aspxサイトでMXレコードが正しく追加されたことを確認した後進行するお勧めします。 レコードを追加して、すぐに進行すると、エラーが発生する可能性があります。 (この部分で複数回TXTレコードの確認に失敗し、少し迷いました。笑)

DNS MXルックアップサービス

そして作業が完了した後、次のプロセスを介してhttpをhttpsにリダイレクトさせてくれることができます。 SSHに接続した状態で、次のコマンドを入力します。

sudo nano /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-prefix.conf

その後、次の二つのラインを追加するします。

RewriteCond%{HTTPS}!= on RewriteRule ^ /(。*)https://%{SERVER_NAME} / $ 1 [R = 301、L]

編集はnanoの代わりにviを利用してもします。 個人的にはnanoが楽にエディタを使用します。

httpをhttpsにリダイレクトさせる

変更を保存した後に、次のコマンドを実行して、apacheを再起動します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

SSL証明書のインストールを完了した後、ワードプレスにログインした後 設定>一般でワードプレスのアドレスとサイトアドレスを変更する必要があります。 しかし、サイトのアドレスを変更部分が詰まっているのです。 そのような場合wp-config.phpファイルで、若干の修正をする必要があります。

次のコマンドを実行するようにします。

cd / opt / bitnami / apps / wordpress / htdocs sudo nano wp-config.php

その後、wp-config.phpファイル編集画面が表示されます。 wp-config.phpファイルで次のXNUMXつの行を検索します。

define( 'WP_SITEURL'、 'http://'。$ _SERVER [ 'HTTP_HOST']。 '/'); define( 'WP_HOME'、 'http://'。$ _SERVER [ 'HTTP_HOST']。 '/');

上記の二つのラインでhttp://をhttps://に変更するようです。

define( 'WP_SITEURL'、 'https://'。$ _SERVER [ 'HTTP_HOST']。 '/'); define( 'WP_HOME'、 'https://'。$ _SERVER [ 'HTTP_HOST']。 '/');

SSLインストール作業が複雑に見えますが、スナップショットを活用すれば、作業が容易になるでしょう。

安価なWebホスティングサービス - ブルーホスト

注:



コメントを残す