デジタルオーシャンで WordPress イメージにインストールしたサーバーのPHPのバージョンをPHP 7.2にアップグレードする

前回の記事で、仮想サーバーホスティング(VPS)デジタルオーシャンに WordPress イメージを使用して WordPressを設置して、ドメインを追加した後、無料Let's Encrypt SSL証明書をインストールする方法を説明しました。

Digital Oceanで提供される WordPress ワンクリックアプリを使用してサーバーを構成すると、PHPのバージョンが7.0です。

@wordpress:~$ php -v
PHP 7.0.22-0ubuntu0.16.04.1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.22-0ubuntu0.16.04.1, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies

WordPressでPHP推奨バージョンをPHP 7.2に調整しました(」WordPress推奨バージョンのPHPを7.2以上に調整"参照)。

次のような方法でPHPのバージョンを7.2にアップグレードすることができます。

1. PPA ondrej / phpを追加

OndřejSurýの PHP PPAを使用します。 PPAを追加して、パッケージ情報を更新します。 次のコマンドを実行します。

Ubuntuの:

sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
sudo apt update

Debian:

sudo wget -O /etc/apt/trusted.gpg.d/php.gpg https://packages.sury.org/php/apt.gpg
sudo sh -c 'echo "deb https://packages.sury.org/php/ $(lsb_release -sc) main" > /etc/apt/sources.list.d/php.list'
sudo apt update

2.現在のPHPパッケージ

以前のバージョンをアップグレードする場合にのみ該当します。 現在のPHPパッケージをメモするようにします。

dpkg -l | grep php | tee packages.txt

3. PHP 7.2のインストール

次のコマンドを実行します。 その後、PHP 7.2を実行するために必要な基本的なパッケージがインストールされます。

sudo apt install php7.2 php7.2-common php7.2-cli php7.2-fpm

4.追加モジュールのインストール

上記のステップ2で作成したpackages.txtファイルを参考にして、追加のPHPパッケージをインストールします。 私は、次のようなパッケージを追加インストールしました。

sudo apt-get install php7.2-common php7.2-json php7.2-opcache php7.2-mysql php7.2-mbstring php7.2-zip php7.2-gd php7.2-curl php7.2-xml php7.2-readline php7.2-cgi php7.2-phpdbg php7.2-dev php7.2-enchant php7.2-imap php7.2-interbase php7.2-intl php7.2-ldap php7.2-odbc php7.2-pgsql php7.2-snmp php7.2-xsl php7.2-sybase php7.2-sqlite3 php7.2-bcmath php7.2-dba

もし不足しているパッケージがある場合、以下にお知らせいただければ追加するようにします。

5. Webサーバーの設定

次の手順を使用して、Webサーバーでは、PHP 7.2のソケット/モジュールを正しく使用していることを確認するように参照記事で出ているが、不必要な段階です(不明ません)。

Apache with php-fpm

Before we remove the old PHP packages、make sure that your web server correctly uses the PHP 7.2 sockets / modules。 If you installed php7.2-fpm above、and using Apache、a2enconf php7.2 will make Apache use PHP 7.2 FPM。 Type a2disconf php7.1-fpm to disable existing FPM configurations。

The steps would be similar for Nginx。 Refer to the relevant documentation to change socket paths or IP:Port information。

Apache with mod_php
You can disable the current PHP integration with a2dismod php7.1(or your current version)and enable new PHP 7.2 module with a2enmod php7.2。

6.以前のバージョンを削除

サイトが正常に動作する場合は、次のコマンドを使用して、既存のバージョンを削除します。

sudo apt purge php7.0*

最後に、

packages.txtファイルを正しく参照して、従来のパッケージに合わせてインストールする必要が、しかし、既存のバージョンを削除し、不足しているパッケージだけを確認して、追加したため、必要なパッケージが欠落していることができます。

テストしてみると、サイト自体は問題なく戻ることがあります。

しかし、テストで WordPress テーマ一つ(購入しておいて使用していない Enfold テーマを例として使用)をアップロードしようとしたら、エラーが発生しますね。 php.iniファイルを見てみると、PHPの設定値が、全体的に低いですね。

デジタルオーシャンで WordPress イメージにインストールしたサーバーのPHPのバージョンをPHP 7.2にアップグレードする2

info.phpファイルを一つ作ってphp.iniファイルの場所を確認することができます。 私は次のように設定を調整しました。

php_value upload_max_filesize 64M
php_value post_max_size 64M
php_value max_execution_time 600
php_value max_input_time 300
php_value memory_limit 512M
php_value max_input_vars 2000

php.iniファイルを変更した後は、Webサーバーを再起動します。

sudo service apache2 restart

再び Enfold テーマをインストールしたら問題なくインストールがね。

Vultrデジタルオーシャン 同じ仮想サーバーホスティング(VPS)を利用すれば、安価にVPSを利用することができます。 しかし、サーバーを直接セットして管理しなければならない煩わしさがあります。 サーバーの管理に負担を感じた場合は、ブログに使用された Bluehost VPSのようなマネージドVPSを考えてみましょう(」Bluehost(Bluehost)の紹介"参照)。

参照:

 

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます