プレミアムWPテーマプラグイン 無料ダウンロード

WordPressとSSL

タグ: ,

Viewing 0 reply threads
  • 著者
    投稿
    • WordPressでSSLを適用する手順は、比較的簡単です。

      SSL証明書を発行して設置して WordPress 内で関連のドメインのURLをhttpからhttpsに変更してくれればされます。

      WP SSLを強制する 同じプラグインを使用することもできます。

      もしhttp URLをhttpsに正しく変更してくれないと、サイトの速度が低下することがあります。

      SSL証明書は、有料で購入してもされて、無料Let's Encryptを利用してもします。

      ちなみにSSLを正しく適用するには、標準的な443ポートのサポートが必要ですが、韓国で最も有名な Cafe24の場合は、標準443ポートをサポートしていません。 Cafe24で販売しているSSL証明書を購入すると、正しく適用してくれるかもしれません。 無料では使用が容易ではない。 (下の引用された文を参照してください。)

      海外ウェブホスティングの場合は無料でLet's Enryptを使用できる場合があります。

      Sitegroundで無料Let's Encrypt SSLを使用する

      海外ウェブホスティングA2ホスティングでは無料のLet's Encrypt SSL証明書を適用する

      参考までに Sitegroundはは、HTTP / 2をサポートするため、SSLを正しく適用すると、速度低するません。

      しかし、 BluehostA2ホスティングは、我が国の Cafe24 など他のほとんどのホスティングでは、HTTP / 2をサポートしていないようです。 HTTP / 2をサポートしていない状態で、SSLを適用すると、セキュリティ効果がなく、速度が低下する場合があります。

      最後に、SIGNAL様が WordPress 関連カフェ共有のヒントです。 Cafe24を使用している場合は参考にしてみてください。
      ------------------
      ------------------
      同じ環境に Avadaで作業した事ありますがdb修正を誤ったことで推測されます。 Cafe24のようにシェアホスティングでssl背けにdb修正されるべき可能なのが正しいです。
      また、test.com接続時:割り当てポートに接続になるだろみるsslをサイト全体に歩まれたものガトグヨ。
      通常は、速度のためにログイン/決済/お申し込みフォームなどだけ歩いて使用します。上にdbの設定を正しくした場合は、次は同じです。
      http://어쩌구.com/wp-content/uploads/그림.gif
      https://어쩌구.com/:할당포트/wp-content/uploads/그림.gif

      上記db作業を正しくても Avadaはバージョンによって変わるが、2かの問題がありました。(ロゴ/スライダー)。 phpをcodex参考にして修正するか、次のようにスクリプトで修正もできます。

      /*로고ssl fix*/
      if (document.location.protocol === 'https:') {
       jQuery('.page-id-484 .fusion-logo a, .page-id-633 .fusion-logo a').each(function() {
       var href = jQuery(this).attr('href');
       if (href.indexOf('https:') > -1) {
       href = href.replace('https:', 'http:');
       jQuery(this).attr('href', href);
       }
       });
      }

      ------------------
      ------------------

      以前に Cafe24で、標準のポートをサポートしていなくてSSLの適用を試みた放棄たことがあり、今考えてみると、あえてショッピングモールなどの義務対象者がいない場合、SSLを適用する必要はないようです。

Viewing 0 reply threads

The forum「自由掲示板」is closed to new topics and replies。