プレミアムWPテーマプラグイン 無料ダウンロード

酒を勧める社会

1パッケージ

2パッケージ

3パッケージ

4パッケージ

5パッケージ

本の紹介

1パッケージ

「子供は、一人で縫製をしていた妻は顔を軽くしかめ細く鋭い声で叫んだ。 針の先端が左手親指の爪の下を刺さロトウムある。 その指は細く震え白い爪の下にチェリー光のような血が映る。「子供は、一人で縫製をしていた妻は顔を軽くしかめ細く鋭い声で叫んだ。 針の先端が左手親指の爪の下を刺さロトウムある。 その指は細く震え白い爪の下にチェリー光のような血が映る。
それを見る間もなく、妻は急いで針を抜いて、他の手の親指でその傷を押している。 それとともにたことかを肘でゴイゴイ押し下げた。 やがて押した手を離しました。 その生え際はインジェ再び血がないナリョヌンよう血色がない思うよ、そのフイドンまぶたの下に再びコトムルが次第に押されています。
見えるよう言葉のようなその傷から粟ナトような血のしたたりがソンソン湧く。 また、いや押すことができない。 これぐらいならば、その穴がああ尋ねウリョニ、手を離すと、またどのくらいのないされて血がビチオ出てくる。
麟蹄布娯楽地先ストラップしかない。 その傷を押したまま、彼の縫製リングに目を与えた。 そこ使える娯楽られる失敗の下にあります。 その失敗を押し出して、その娯楽のか二小指の間に拾い上げうとしばらく努力を書いた。 その娯楽られるまるでプールつけたかのようにリング下くっつい世界ジプヒョれない。 その二本の指は、無駄、その娯楽地位を悩またてているだけだ。
「なぜジプヒョ支持をない!」
彼は最終的にウールに叫びました。 そして、それを拾ってくれる人がないかするように方策を見回した。 部屋は空っぽです。 いずれニュイ一つない。 静か虚栄心(虛影)のみ彼フィ安くいる。 外にも死んだように静かである。
シシロポンポンと落ちるかもしれないの水滴の音が寂しく聞こえるだけ。 ふと電灯が輝き(光彩)を加えるようにした。 ビョクサン(壁上)にかかった時間インテリア(掛鍾)の鏡がバンドルし、新たにした点を指すうとする時針(時針)が威嚇するように彼の目を撃つ。 夫はそれだに戻らなかった。

2パッケージ

妻がされて、夫になったかは、すでに長い間である。 いつのまにか7~8年が過ぎだろう。 ハゴンマンようおり、本日を数えパント段年がドゥェルラクマーラックする。 ちょうど彼の夫がソウルで中学を終えた第彼と結婚し、するとすぐにゴーマン東京(東京)に部急わけだ。妻がされて、夫になったかは、すでに長い間である。 いつのまにか7~8年が過ぎだろう。 ハゴンマンようおり、本日を数えパント段年がドゥェルラクマーラックする。 ちょうど彼の夫がソウルで中学を終えた第彼と結婚し、するとすぐにゴーマン東京(東京)に部急わけだ。
そこで大学まで卒業した。 この長い長い年月の妻はどのよう苦しかっおり外きあろう! 春になると春、冬であれば冬、笑顔の花をため息に当たった氷のような枕を熱い涙に暖めた。 体が痛いとき、心が寂しい剤、どのくらい彼懐かしかっあろう!
ハゴンマン妻は、すべての苦労を歯を食いしばって我慢した。 我慢だけでなく甘く受け取った。 それ夫が帰ってくると、! という思いが彼に慰めを与え、勇気を与えたわけであった。 夫が東京で何をしているか? 勉強をしている。 勉強は何ですか? 詳細しれない。 また知ろうと試みる必要もない。
どうしてましでもこの世一番良く一番大事なものだとする。 まるで昔の話の鬼の金持ち(富者)バットのようなものがアーニーする。 服出なら服出て、ご飯出ならご飯出て、お金出ならお金出て... 私にしたいものは何でも青しないされていることがない何を、東京から得て出てくるリョニハヨトオトダ。
たまに遊びに来る親戚が絹の服着たのとグムジファン(金指環)挟まったことを見たとき、その場で円心グウクヒ羨望もしたが、後には「夫が帰ってきたら... 「し、それ軽蔑する視線を投げた。

3パッケージ

夫が帰ってきた。 一ヶ月が過ぎて2ヶ月過ぎる。 夫の行動が、自分が期待していた少し配置(背馳)されるようにした。 勉強ない人よりも少し異なることがなかった。 ない、異なっている場合、他の点もある。 残り金儲けをする夫は、かえって家のお金を使う。 その一方でどこなのか忙しく動き回る。 家に例えば精神なく何本を見たり、または一晩に何を書くこともした。夫が帰ってきた。 一ヶ月が過ぎて2ヶ月過ぎる。 夫の行動が、自分が期待していた少し配置(背馳)されるようにした。 勉強ない人よりも少し異なることがなかった。 ない、異なっている場合、他の点もある。 残り金儲けをする夫は、かえって家のお金を使う。 その一方でどこなのか忙しく動き回る。 家に例えば精神なく何本を見たり、または一晩に何を書くこともした。
「ジョロヌンがチャムマル金持ちバットをマンドレルのかよりも、
妻は自分でこう解釈する。
また、数ヶ月過ぎていった。 夫のすることは、常にした模様だった。 一つ加えたことは時々深いため息をつくことだけだった。 そしてどんな心配があるように、顔を伸ばすなかった。 体は日々の軸やいく。
「何の心配があると?」
妻は、このよう心配をすることになった。 ては、その細いこと補充しようと様々なの苦労を書いた。 すぐできるように彼の食卓においしいおかずのをブトゲ、また高音のようなものも作った。 そんなやりがいもなく、夫は食欲がないし、それをよく食べていた。
また、数ヶ月が過ぎていった。 麟蹄出入りを取引壊し、いつも家に付いている。 ともすれば性を出す。 口癖の形でむかつく、むかつくた。

4パッケージ

ある日夜明け、妻が語リョムポトが睡眠を目覚め、夫の押しだった桁をたどってみた。 ラットであることは布団の裾だけである。 就寝も少しがっかりない感じることができなかった。 失ったことを検出するように、目をブシシ開いた。ある日夜明け、妻が語リョムポトが睡眠を目覚め、夫の押しだった桁をたどってみた。 ラットであることは布団の裾だけである。 就寝も少しがっかりない感じることができなかった。 失ったことを検出するように、目をブシシ開いた。
机の上に頭を倒して両手でそれを握りしめている夫を見た。 かすん意識もどって来るに従い、夫の肩がドルソクドルソク動きも実現しました。 黒黒感じる音が耳を鳴らす。 妻は精神をきつくチャリた。 ふとこの体を起こした。 やがて妻の手は軽く、夫の背中を振って首にかけ出ない音であり、
「なぜこうギェショヨ」
と聞いてみた。
"..."
夫は何も答えがない。 妻は手で夫の顔を停滞挙げようする際には、それトゥトゥトに涙ぬれたことに気づいた。

本の紹介

「お酒を勧める社会(─勸─社會)」は、ヒョンジングォンの短編小説に1921年11月「開闢(開闢)」に発表された。 この小説は、玄鎮健の初期小説としての作家の身の回りを扱った作品である。 1一人称小説であるだけでなく、主人公の行為も作家と一致した姿を見せてくれる。

この作品の核心は、日本の弾圧の下で多くの愛国的知性がどうしようもない絶望によって酒を友とするようされて酔いどれに転落が、その責任はあくまでも「酒を勧める社会」にあると告白するものである。

この小説は、著者が死亡してから50年以上ので、著者が死亡した後、50年(またはそれ以下)が経過すると、著作権が消滅した国でパブリックドメインである。

Want to read the entire thing?