クパンパートナーズ活用する

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

Google AdSenseの広告は収益性が低い収益モデルだが、ブログで商品やサービスを販売することができる場合を除き、ブログでお金を出すことができるように、AdSenseがそれさえも最善のオプションです。 別の、オプションでクパンパートナーズなどのアフィリエイトプログラムを利用してみることができます。

クパンパートナーズ活用

Google AdSenseの収益のほとんどは、訪問者がサイトに表示された広告をクリックしたときに発生します。 これに対し、クパンパートナーズは、広告をクリックして、実際の購入に行われる収益が発生します。

もしコンピュータの部品のレビューを扱うブログが有効になって多くの訪問者が訪れた場合クパンパートナーズを活用して、収益の拡大の機会を高めることができるでしょう。 たとえば、ブログは、コンピュータの部品の分野での認知度がある場合は、ブログでのレビュー製品を訪問者が購入する可能性が高くなります。

絹のブログだけでなく、YouTubeのチャンネルを運営する場合にも、特定の分野で人気を得ている場合はクパンパートナーズプログラムを活用して収益を上げることができるでしょう。 例えば料理関連動画に多くの加入者を集めたしユチュ稼ぐ動画の説明部分に、自分が使用している料理道具を購入することができるクパンリンクを掲載して収益を上げているそうですね。

料理ブログや料理のYouTubeチャンネル炊事道具の紹介
料理ブログやYouTubeチャンネルを運営する場合、料理器具を導入することができる。

もし釣り関連のブログやYouTubeチャンネルを運営する場合、同様の方法で釣り用品を紹介してクパン・パートナーズで収益を出すことができるでしょう。 クパンパートナーズでお金を出したい場合、このような方向に悩みてみると参考になるでしょう。

クパンパートナーズ収入

このブログでは、AdSenseの広告を掲載しており、クパンパートナーズは積極的に活用していません。 代わりに、テストで運営されている他のブログにクパンパートナーズバナーを表示しています。

しかし、私のように、ワードプレスの関連情報を提供するブログには、クパンパートナーズは別の効果がありません。 クパンパートナーズを通じて販売することができる商品がほとんどないからです。 せいぜいホームページ作成の本レビュー程度なのに...クパンパートナーズを通じた収益率が3%であるため、訪問者がアフィリエイトのリンクをクリックして、10,000ウォンの本を購入しても収益は300ウォンに過ぎません。ㅠ

クパンパートナーズに有利なブログを運営する場合、AdSenseの広告収入に劣らない利益を出すこともあるでしょう。 クパンパートナーズからの収入を得るには、1〜2万ウォンの商品より割高商品をレビューすることが有利であることです。

私はクパンパートナーズを通じて、過去3ヶ月の間にわずか83,000ウォン程度の収益を上げました。ㅠ

クパンパートナーズ収入

ほとんどの収益が家内がクリックして購入して発生したものです。(笑)クパンから購入ことがあればブログに表示されてクパン検索ウィンドウで商品を検索して購入するように家内にお願いしました。

あえてこのため、クパンで商品を購入する必要はなく、クパンで購入があるときに活用みることができる方法です。 配偶者や知人にクパンから購入する場合は、ブログで検索し購入するように要求することができるでしょう。

クパンパートナーズページでクパン検索ウィジェットを提供しています。 この検索ウィジェットをブログに月数がおそらく一般の訪問者は、ほとんどの検索ウィジェットを使用しないことです。 私は知人が利用できるようにクパン検索ウィジェットをつけました。

クパン検索ウィジェット

iframeコードを好きなところに貼り付けると、クパン検索ウィジェットが表示されます。 このブログのサイドバーにつけてみようかと思いもしたが...ほとんど効果がないように思えるまだ実行せずにいます。

おわりに

ブログでさらに収益を上げたい場合クパンパートナーズも並行することができます。 しかし、このブログのようにクパンで販売することができる商品とは関係のないトピックを扱う場合には、収益をほぼ出さないことです。 代わりに知人がクパンから商品を購入する場合に利用するようにお願いするのも一つの方法で検討することができるようになります。

参考までに、Google AdSenseからのCPCが低すぎる場合、露出に比べて収益の割合が低いのカテゴリを削除すると、CPCの増加に役立つでしょう。

Google AdSenseの - 収益の割合が低いカテゴリー遮断してCPC高める

例えば、上の図のように、 ニュース、書籍、出版物 カテゴリは、広告の表示回数の割合が9.4%であるが、収益の割合は1.6%に過ぎません。 このようなカテゴリは果敢に遮断することが望ましいと思われる。

クパンパートナーズ登録時推薦人IDを入力すると、登録後30日の間の収入についてオススメのピチュチョンインの両方に1%追加獲得がそうです。 推薦者コード:AF0927594

注:

カテゴリー ブログ


2のコメント

  1. Amazonのような概念ですね。 外国のブログは、Amazonを活用したアフィリエイトマーケティングが有効になっているが、韓国ではクカビね。
    AdSenseは収益が本当に低いモデルなのでクパンを利用したアフィリエイトマーケティングは、収益を出す良い方法であると思います。

    応答
    • はい。 アマゾンアフィリエイトと似ています。
      韓国にアマゾンが進出していなかったので、韓国でアマゾンアフィリエイトでは、収益を出すのが容易でないようです。
      クパンは収益率が低いが、特定の分野に有効になってブログでは収益が大丈夫かもしれません。

      応答

コメントを残す