若さを維持する秘訣

0

最近聞いた」若さを維持する秘訣」という話が印象的で、ここで共有します。 大西洋を初めて単独横断したパイロットで有名なチャールズ・リンドバーグの老年時代の話です。

リンドバーグは飛行機で大西洋を横断した、世界初のパイロットです。 彼は晩年になると、若い頃の自分が改めて懐かしくなりました。 年齢のせいなのか何をしても、自信もなくマサチューセッツが否定的に感じられたからです。

若い頃の自分はそうではなかったようだが、今ではなぜこのようにナヤクヘだろうか気になったリンドバーグは若い頃、大西洋を渡った自分の飛行機が見たくなりました。 彼は飛行機を寄贈した博物館に連絡をし、館長は、飛行機に乗ってたい彼の要求を快く受け入れた。

しばらくして博物館を訪れたリンドバーグは観覧客がよく見られるように、空中に設置されている飛行機コックピットに上がって座りました。 それほどだったコックピットに座っているので離陸を前置いた若い頃に戻ったようにしました。 広大な海を下にして、無限見えない大気を切って空を飛んだ覇気と情熱が再び沸いてくるドゥトヘトた。

古い考えに陥っていた彼は、コックピットを見て驚きました。 その飛行機はゲギパンも高度計もなかったのです。

「私どのように大西洋を横断したのか分かりません。」

飛行機から降りリンドバーグは博物館館長に言いました。

「飛行機を操縦した張本人がそのような言葉をなんて不思議ですね。」

館長が笑っました。

「そうです。私も不思議です。その飛行長いインストルメントパネルも高度計もないんですよ。あんな鉄の塊に過ぎないことを運転空を飛ぶと考えをしたということ自体が驚くだけですね。」

そう言って私は後リンドバーグは悟りました。 自分が大幅に老けていると思っていた原因について言葉です。 老いているという気がした理由は、実際に年齢が聞いたという事実も、物理的なスェヤクハムからもありません。 不可能に見えることもしようとしなくなったまさにその瞬間から若さを失ったことリンドバーグは悟りました。

不可能ではないと考えているチャレンジ精神の前では緻密な計算や高確率、隙のない論理や科学的証明も武力になることができます。 そして、それがまさに若さそのものであり、若さを保つ秘訣です。

文出典:あなたの今日を応援する朝共感(私の人生に必要な2%)
<君の朝>製作スタッフヨクウム

年齢が入る自分も知らないうちに「この年齢で」という言葉を多くすることになるようです。 どうしても年齢が例えば肉が老衰なっ新しいことを始めるか、挑戦することに恐怖を食べられる傾向があります。

新しいことを始めるか、挑戦することに躊躇ようになったら(精神的に)年齢が聞いたことを意味するではないかと思いますね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください