Googleのウェブマスターツール - 新しいSearch Consoleでドメインの所有権を確認する

Googleのウェブマスターツールで、以前よりも改善された新しいSearch Consoleを披露しています。 現在、既存Search Consoleと新しいSearch Consoleの中から選択して使用することができ、既存のConsoleの一部の機能は終了しました。

新しいSearch Consoleは、既存の製品で3ヶ月間保管していた検索トラフィックデータが16ヶ月間保管され、インデックス作成の範囲は、標準のURL、携帯電話使いやすさなど、特定のページの詳細情報を提供するなど、既存のバージョンに比べて機能が向上れました。

しかし、一部の機能は、新しいSearch Consoleでまだサポートされてないためダンブンガ以前のバージョンと一緒に使用する必要があります。 現在、次のような機能が、新しいSearch Consoleでサポートされていない。

  • クロールの統計データ(日クロールページ数、毎日のダウンロードKB、ページのダウンロード回数)
  • Robots.txtテスター
  • Google検索のURLパラメータの管理
  • データハイライターツール
  • メッセージの読み取りと管理
  • アドレス変更通知ツール
  • デフォルトのドメイン設定
  • Search Consoleのプロパティをアナリティクスのプロパティと接続
  • リンク拒否
  • 古いコンテンツをインデックスから削除

既存Consoleで、http、httpsのバージョンと、wwwバージョンとないバージョンなどのドメインを個別に追加する必要があったが、新しいConsoleで個別にドメインを追加するためのオプションに加えてDNS認証を介して簡単にすべてのサブドメインURL(m。、www、 ...)を追加するためのオプションを提供しています。 この方法を使用すると、同じドメインまたはサブドメインに対して複数の属性を追加する必要がなくなります。

新しいGoogleのSearch Consoleでドメインを追加する

新しいGoogle Search Consoleでドメインを追加するには、https://search.google.com/search-consoleにログインした後に、ドメイン名の横にある下向きの矢印記号をクリックしてプロパティを追加する必要があります。

グーグルSearch Console  - 新しいドメインを追加する

これで、Googleのアカウントに追加されたすべてのドメインのリストがドロップダウンメニュー形式で表示されます。 下部の「プロパティの追加」をクリックします。

Googleのウェブマスターツール - プロパティの追加

その後、属性タイプを選択できるポップアップウィンドウが表示されます。

Googleのウェブマスターツール - 属性の種類を選択

ドメインとURL接頭辞、2つの方法のプロパティを追加することができます。 URL接頭辞方式は、入力したアドレスのURLを追加することで、既存の認証方式と同じです。 この方法を選択すると、htmlファイルをダウンロードして、サーバーにアップロードしたり、ヘッダに認証コードを入れるなどの方法でサイトを確認することができます。

Googleのウェブマスターツール - 所有権の確認
「URL接頭辞」方式を選択すると、いくつかの方法で所有権を確認することができるオプションが提供される。

「ドメイン」方式を選択すると、すべてのサブドメインのすべてのURL(m、www、...)とhttpsまたはhttpあるすべてのURLをDNS認証を介して確認することができます。

DNSレコードを使用して、ドメイン所有権の確認

「ドメイン」方式を使用した認証を選択すると、上記のようなポップアップが表示されます。 指示に従ってTXTレコードを追加した後、「OK」をクリックすると、一発で認証が完了します。

TXTレコードは、ドメインのネームサーバーが指定されたドメイン名プロバイダやウェブホスティング会社にログインして追加することができます。 例えば、 海外ホスティング のいずれかであるサイトグラウンドの場合cPanelにログインした後 Domains> Advanced DNS Zone Editor ツールをクリックして、DNSレコードを追加することができます。

サイトグラウンド -  TXTレコードを追加する

上記の図のようにTXTレコードを追加することができます。 TXT Data部分にGoogleで提示するTXT Dataを貼り付けするようにします。 レコードを追加した後、「DNSレコードを使用してドメインの所有権を確認する」ウィンドウで「OK」をクリックすると、ドメインの所有権が確認されます。

Googleのウェブマスターツール - 所有権が確認された

場合に応じて、次のように「所有権の確認に失敗し、ウィンドウが表示されることがあります。

Failed to confirm compressor  -  Googleのウェブマスターツール - 新しいSearch Consoleでドメインの所有権を確認する

TXTレコードを正しく追加した場合、しばらく待ってから、Googleのサーチコンソールに接続して、そのプロパティ(ドメイン)を選択すると、「所有権が確認」されたというメッセージが表示されます。 サイトグラウンド(SiteGround)でTXTレコードを追加した直後には、「所有権の確認に失敗」したが、しばらくするとSearch Consoleに接続したら正常に確認された。

加入型ワードプレス(WordPress。com)ドメインを追加した後、同じ手順に従って、所有権の認証をしようとしたら、すぐに所有権が確認された。 したがって、ドメイン登録業者によってDNSレコードを追加した後、すぐに所有権が確認されることがあり、少し遅れることがあります。

新しい方法でドメインを追加した後、以前のSearch Consoleで、[新規追加されたドメインを正しく認識していない問題が発生しました。 既存のSearch Consoleのみ提供されている機能(例えば、アドレスの変更)を使用する場合には、従来の方法でサイトを追加する方がよいことがあります。

グーグルサーチコンソールでサイトマップを提出する

新しいGoogleのサーチコンソールは、以前のGoogleのウェブマスターツールに比べてメニューが簡素になったようです。 サイトマップは、左側のサイドバーの「Sitemaps」メニューをクリックして提出することができます。

グーグルサーチコンソールサイトマップ提出

サイトマップを送信した直後には、状態が「取得することができません」と表示されますが、時間が経てば「成功」に変わりますので、少し待ってみてください。 ネイバーサーチアドバイザー(舊ネイバーウェブマスターツール)は、1つのサイトマップのみ提出することができますが、Googleのサーチコンソールでは、複数のサイトマップを送信することができます。

ワードプレスでサイトマップを作成するには、サイトマップのプラグインを使用したり、Yoast SEOやAll in One SEO Packに含まれているサイトマップの機能を使用することができます。

Google XML Sitemapsのようなプラグインを使用してサイトマップを作成する場合、SEOのプラグインが提供するサイトマップ機能を無効にする必要があります。 (逆SEOプラグインでサイトマップの機能を有効にした場合、サイトマップ作成プラグインは使用できません。)

注:

カテゴリー ブログ

5のコメント

  1. こんにちは先生。 毎回文よく見ています。 現在先生が見せてくださったとおり所有権の確認が失敗した状態なのに、ずっと待ってから、進行をするべきでしょう?

    返信
    • DNS情報を追加した後は、反映され、最大1〜2日かかる場合があります。 通常、XNUMX日程度で反映されるでしょう。

      少し待ってから、チェックしてみてください。

      次のサイトでTXTレコードが正しく追加されたドメインを検索することができます。

      https://mxtoolbox.com/TXTLookup.aspx

      返信
  2. はじめましてクラッカー様!
    まず、新年あけましておめでとうございます行って下さい。 この間から WordPress ブログを運営中なのに
    グーグルサーチコンソールを使用してサイトマップを登録して、robots.txtファイルまでのホスティングサーバーにアップロードしておいた状態です。
    それにもかかわらず、site:wikidak.com(私のブログアドレス)検索を介して検索してみると、ブログの投稿関連記事は検出されず、そのカテゴリのみを公開されています。 ㅠㅠひたすら待って見なければならでしょうか? サーチコンソールでは、クロールエラーのようなレポートはないのに文が全く検出されていていない。 参考までに、私のブログのドメインに WordPress 勉強をして他のサイトをしばらくテストしたことがあったが、問題の関連でしょうか? 苦しくて文を残します。

    返信
    • こんにちは、ギムハンス様。

      見てみると、いくつかの記事では、露出がね。
      ブログを今月から開始したようですね。
      グーグル露出するかどうかにも気にせず、1〜2ヶ月程度着実文を発行して Facebook, Naver ブログなどを通じて、着実に共有する通常さらされることになります。

      返信
      • 良い答えありがとうございます。
        Naver ブログと同時に動作中なのに、より継続的に発行みますね。

コメントを残す