ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Yoast SEOでReadability Analysisが正常に動作していない場合、

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Yoast SEOのReadability Analysis機能

Yoast SEOプラグインには、作成した文についてSEOの分析をしてくれる機能があります。 この機能で提示するが、絶対的なものではないユーザーが文章をより簡単に読めるように文を作成するのに役立ちます。

たとえば、次のように Readability Analysis セクションの文の分析が表示されます。

Yoast SEO Readability Analysis機能
Yoast SEOで提供されるReadability Analysis機能

上記の場合、1つの小見出し(subheading)に最大300の単語をお勧めしますが、あまりにも多くのコンテンツが含まれているので、複数のサブタイトルに分割と20単語を超える文章が文章全体の25%以上にならないよう文の長さを減らすことをお勧めしています。

Yoast SEOでReadability Analysis機能が動作していない場合

これらのReadability Analysis機能が動作しない場合、通常のプラグインのクラッシュやテーマとの衝突を疑ってみることができます。

  1. テーマを基本テーマ(例えば、Twenty Seventeen)に変更した後でも、同じ問題が発生するかどうかを確認します。
  2. テーマに問題がない場合は、プラグインを一つずつ無効ながら問題を発生させるプラグインがあることを確認します。

しかし、Yoast SEO自体のバグが原因で、これらの問題が発生する可能性があります。 このブログではしばらく前からReadability Analysis機能が動作していないことが判明しました。 プラグインのクラッシュの問題はありますかたく疑われるプラグインを無効にしてみても問題が修正されていない。 そうするうちに、今日Yoast SEOが4.7.1バージョンに更新がされた。 アップデートを実施してくれるから、問題が解決なりますね。

したがって、まず、すべてのプラグインとテーマを最新のバージョンにアップデートした後にテストしてみるといいようです。 そしてセキュリティのためにも WordPress コアファイルやテーマ/プラグインを常に最新の状態にすることが重要です(参照).

SEOはライティングに関連しています。 Yoast SEOで提供されるAnalysis機能を活用すれば、SEOのフレンドリーな文を作成するのに役立ちます。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    私はブログ本文の内容とは少し違う内容勝つのに... Yoast SEOを有効にすると WordPress ページの編集時には何の問題もないのにkboard掲示板のみエディタ機能(WordPress エディタを使用)にエラーが生じます。 (リンクさない問題)
    もしかしたら同じような経験はありませんか
    だから現在のYoast SEOを無効にしておいね... kboardコミュニティにお問い合わせしておいた解決になるのか分からないですね...

    応答
    • こんにちは?

      まずは KBoard 開発者がバグを修正してくれることができるか見て見て、バグを修正することができない場合は、All in One SEOを使用すると、よさそうです。

      YoastやAIOや機能の面ではほとんど似ているため、どのように使用しても関係ありません。

      応答