WordPress Yellow Pencil:ビジュアルCSSスタイルエディタ

Last Updated:2023年07月19日| 2のコメント
イエロー・ペンシル

Yellow Pencil:ビジュアルCSSスタイルエディタのプラグイン

WordPressでも、他のブログでも、レイアウトを調整するときCSSが多く使用されます。 これらのCSSの操作を便利にしてくれる WordPress用のプラグインが イエロー・ペンシルというプラグインです。

このプラグインを使用すると、 WordPressをリアルタイムでカスタマイズが可能です。 マウスを数回クリックするだけで、Webデザインのすべてをカスタマイズ(カスタム)が可能であると宣伝していますね。

コーディングの知識が必要ありませんCSSエディタもあっコーディングを直接することも可能です(初心者と上級ユーザーの両方に適している)。

Layers WP、BuddyPress、WooCommerce、bbPress、 重力フォーム、簡単デジタルダウンロード、 視覚的な作曲家、Cornerstone、Bootstrap、Foundation 6などの互換性があります。 (メモ: Visual Composerは、最も人気のある WordPress プラグインでページレイアウトの設定を簡単にします。 これらの類のプラグインをページビルダーと呼ばれます。 ページビルダーの長所と短所については、 この記事を参考にしてみてください。)

主な機能(プラグイン紹介ページを参照):

  • 600以上のフォントファミリ
  • 300以上の背景パターン
  • 3つのカラーパレット
  • ハーバーとフォーカス選択
  • アニメーションを作成
  • Visual Resizer(ビジュアルのサイズ変更)
  • 50種類以上のアニメーション
  • コードエディタ
  • 元に戻す/やり直し機能
  • すっきりとしたCSS出力
  • 色の選択機能
  • 視差 背景
  • CSS管理者
  • Custom Selector
  • CSS3フィルター効果
  • 50種類以上のCSSプロパティ
  • ドラッグ&ドロップ機能
  • ほぼすべてのプラグイン/テーマで動作
  • すべてのページカスタム可能
  • クイックサポート
  • Ruler(ルーラー)
  • ショートコード
  • よく整理されたマニュアル
  • 他の多く

週間ベストセラー プラグインにランクされた イエロー・ペンシル プラグインは、CSSを扱うために負担を感じるユーザーに適しているようです。 ユーザーの評価が4.77(5点満点)で高いです。

しかし、多くの機能が提供されるのは、サイトに負担を与えるしかないようです。 例えばVisual Composerも非常に便利ですが、どうしてもサイトに多くの負担を置いて速度にも影響を与えます。 そのため、サイトの速度が重要な場合は、必須のプラグイン以外なるべくプラグインの使用を減らすことが望ましい。 しかし、手動で直接操作することに問題がある場合には、このようなプラグインを活用することが必要な品質を出すのに役立つでしょう。

ちなみに変更がDBに保存されるので、このプラグインを無効にすると変更も無効になります。 (この点は、Visual Composerのような他のプラグインも同様です。)


2のコメント

コメント

    • こんにちは、モモニム。

      今ではセキュリティ上の問題が解決されています。 (セキュリティ上の問題が修正されない場合は完全に削除されることもありますが、このプラグインは、去る5月に最終更新されたため、昨年に発生したセキュリティ上の問題はすでに修正されていることです。

      Newspaper テーマと互換性があるかどうかは知ることができません。 プラグイン開発者に問い合わせてみると、正確な答えを得ることができます。 しかし、個々のテーマの互換性かどうかについて明確な答えを与えないこともあろうかと思われます。 あまりにも多くのテーマがあるので、いちいち互換性をチェックすることを容易ではないでしょう。

      応答