ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WPMLを使用してフッターの著作権領域の文字列を翻訳する

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WPMLを使用してフッターの著作権領域の文字列を翻訳する

前へで多言語翻訳プラグイン WPMLプラグイン/テーマ/ウィジェットの文字列変換する方法を説明しました。 この記事では、通常、 ルックス(Appearance)>「ユーザー定義(Customizer)」に表示されるフッター(Footer)あるいは著作権のセクション(Copyright Section)の文字列を翻訳する方法について説明します。

まず、 ルックス(Appearance)>ユーザー定義(Customizer) 下の Footer(あるいはCopyrightテーマに応じて) セクションに必要なフレーズを 영어に入力します。 あるいは Avada, Enfold などのテーマのように、独自のテーマのオプションで変更する必要があります。 WordPress推奨事項は、「ユーザー定義」にテーマオプションを追加できるようにするものであるが、多くの有料テーマでは、このような慣行を無視して、独自のテーマのオプションを提供しています。 ここで重要なのは、英語で入力することです。 ハングルのサイトとハングルで入力せずに英語でご記入ください。

次に WPML> Theme and plugins Localization(テーマやプラグインローカライゼーション)に移動します。

WPMLのテーマやプラグインのローカライズ

その後、上記のような画面が表示されます。 オプションの中からWPMLのString Translationを使用して翻訳するオプションを選択します。 最初またはXNUMX番目のオプションを選択すると、なりそうです。 「WPMLのString Translationのみを使用しテーマとプラグインの翻訳(.moファイルをロードしていない)」を選択すると、WPMLの.moファイルもロードされなくてWPMLのUIが英語で表示されます。

その後、下にスクロールして中間にある 「Scan themes for strings」(テーマの文字列スキャン)をクリックします。

テーマの文字列をスキャン

その後、テーマの文字列がスキャンされます。

WPML>文字列の翻訳(String Translation)に移動します。

文字列を検索

画面上部の「文字列の翻訳「で、目的の文字列を検索することができます。Copyrightオプションに入力した文字列を入力して検索してみてください。例えば、著作権フレーズ 「©Copyright - All rights reserved。 "と入力した場合 "Copyright"で検索を試みることができます。

しかし、上記の場合 Copyright textが表示されるが、実際には「Coyright text "は、ユーザー定義の下のFooter Options内のUIフレーズです。

WordPress 著作権フレーズ

この場合、Copyright text部分が翻訳を可能にするテーマが設定されていません。 多くの場合にそのようなことがあります。 このような問題が発生した場合 WPMLによると、 テーマ開発者にCopyright Options部分の文字列を翻訳できるように処理を要請해야합니다。

トリックにCSSで言語別にフレーズが表示されるように設定することも考えてみることができます。

参考までに String TranslationモジュールはMultilingual CMSまたはMultilingual CMS Lifetimeのみ含まれており、Multilingual Blogで含まれていません( "多言語翻訳プラグインWPMLバージョンの比較"参照)。



コメントを残す

コメント