[WordPress]多言語翻訳プラグインWPMLでアイテムなしのメッセージが表示される場合

Last Updated:2023年07月16日| コメントを残す

WPMLは WordPressで多言語サイトを運営しようとする場合に使用されているプラ​​グインです。 Avada, Enfold, BeTheme など、ほとんどの人気のテーマでWPMLとの互換性を表示するのに十分多く使われています。

BeTheme

仮に BeTheme テーマの互換性情報を見るWPML、BuddyPress、 視覚的な作曲家をはじめとする様々なプラグインと互換性があることが示されています。

WordPress用多言語翻訳プラグインWPMLを使用すると、各記事のページごとに言語バージョンを作成することができます。 ルックス>メニューでページを追加しようとすると、「アイテムなし」などのエラーが発生することがあります。

Missing-Items-in-WPML

まず、留意すべき点は、言語別にメニューを作らなければならないことです。 たとえば、テーマの場所「Primary Menu」がある場合は、このテーマの場所に対して言語ごとにメニューを作成して言語を指定する必要があります。 ハングルがデフォルトの言語でMain Menuという名前のメニューをXNUMXつ作成している場合は、英語用に英語のMain Menuという新しいメニューを作成し、言語を「英語」に、テーマの場所を「Primary Menu」に指定できます。 これにより、日本語版ではメインメニューが表示され、英語版では英語メインメニューが表示されます。

ページも同様です。 ハングルContactというページがある場合、英語にもContactというページを一つ作成する必要があります。 方法は非常に簡単です。

Create-a-page-for-each-language

たとえば、日本語の言語バージョンで ページ>すべてのページをクリックして、すべてのページのリストを表示します。 次に、目的のページの英語版を作成することができます。 上の図の場合、 Contactというハングルのページの英語版を作成するためにイギリスの旗熱(カラム)のプラス(+)記号をクリックしと、英語版のページが作成されます。 ページを適切に編集した後に保存するようにします。 (個別Post(文)についても同じプロセスで、個々の文の言語バージョンを作成することができます。)

再び ルックス>メニューにアクセスして英語メニューを指定すると、「アイテムなし」の代わりに作成したページが表示されることがあります。

Item-Appears-Now

WPMLは使用が比較的簡単な方です。 このような基本的ないくつかのポインタ身につける特に問題なく多言語サイトを作成運営が可能です。


コメントを残す

コメント