ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[WordPress]無料ページビルダーMotoPress Content Editor Lite

Last Updated:2017年8月20日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressから 有料プラグある中販売量1位を走っているプラ​​グインが Visual Composer(Visual Composer)というページビルダーです。 Visual Composerが大きく、多くの問題を引き起こすこともありますが、多くの販売を記録する理由は、まさに便利からでしょう。 コーディング作業を介して直接変更する必要があるのページビルダーでは、簡単にできるようにサポートします。 そのようなプロセスで仕方なく図体が大きくなって、リソースを占有することになるようです。

事実、個人的に Visual Composerを使用ことはあまりありません。 今使用しているこのブログのテーマ(冥王星)にもVCが、基本的に搭載されて出てくるがContactページ以外はほとんど使用せずにいます。 (有料のテーマに含まれていてくるバージョンは、更新をテーマに販売を介してファイルを受け取ってのみ可能でサポートが提供されていないなどの制約があります。すべての機能を味わうためにはフルバージョンを購入する必要があります。)しかし、 Visual Composerは、互換性の問題は、それ自体のバグなどにより、さまざまな問題が発生することができますので、人気に比べて評価自体はあまり良くありません(参照).

2017年8月追加: 無料ページビルダーをご希望の場合、最近人気を集めている Elementor ページ·ビルダーを考慮してみることができるようになります。

このように利用率が低いが、一二ページのレイアウトをページビルダーの力を借りて作成したい場合は MotoPress Content Editor Liteという無料のプラグインを一度テストすることができますがあまりお勧めではありません。 このプラグインは、名前が示すように、有料版のLiteバージョンで一部の機能が制限されています。 しかし、ページビルダーの特有の機能である空間分割などを行うデエヌンそれなりに使えるプラグインです。

メモ: 無料ページビルダーでテーマに多く使用されてプラグインとしてSiteOrigin Page Builderというプラグインがあります。 参考までに WordPress ページビルダーの中で最も良い評価を受けるプラグインは、 ビーバービルダーというプラグインです。

このプラグインをインストールすると、ポスト/ページ編集画面に「MotoPress Content Editor「というボタンが追加されています。

MotoPress Content Editor button  - 無料ページビルダー

このプラグインを使用して、図のように左にMotoPress Content Editorツールバーがあり、必要なコンテンツ要素を簡単にドラッグ&ドロップ方式で配置することができます。

MotoPress Content Editor toolbar- WordPress 無料ページビルダープラグイン

テキストボックス、ウィジェット、ポストグリッド、動画は、Googleマップ、ウィジェットなど、様々なコンテンツ要素を簡単に追加することができます。 特にこのプラグインは、幅を容易に調整できるようにサポートします。

Slider  - 無料ページビルダーこの図は、画像、スライダー、グリッドギャラリーを追加するためのメニューです。 「スライダー「を押すと、スライダに入る画像を選択するメディアライブラリが実行され、メディアファイル(複数の画像ファイル)を指定すると、下図のようにスライダが文/ページ本文の好きな場所に追加できます。

Add Slider element  - ページビルダー - スライダーを追加

サイズを自由に調整することができます。 設定画面では灰色に出てくる部分は、Proバージョンでのみサポートされている機能です。 例えばFade効果やスライドショー効果などは、Liteバージョンで利用できません。

このプラグインは、ビデオ、スライダーは、Googleマップなどのさまざまな要素を簡単に本体に追加することができるよう支援するため、ページの操作がいっそう楽になります。

メモ: VCを含むページビルダーはさまざまな問題を引き起こす可能性があります。 できるだけページビルダーを使用しない方が良いというのが個人的な意見です。 コーディングをまったく知らない場合に使用するのは避けられないかもしれません。 「WordPress ページビルダーの長所と短所「文を参考にしてください。

メモ:



コメントを残す

コメント