WordPress パスワードの有効期限が切れリセットプラグイン

Last Updated:2023年07月17日| 7のコメント

しばらく前に WordPress パスワードを一定期間(例えば、6ヶ月)毎にリセットするようにする機能を入れたいという要請があって関連のプラグインを検索してみました。 このような機能をプラグインとして Expire Passwordsというプラグインがあります。

Expire Passwords

我が国では、パスワードを数か月ごとに強制的にリセットするようにするところが多いが、外国でもそのような慣行があることをわかりません。 おそらくいくつかの業種(例えば、政府、銀行など)で似たようなセキュリティポリシーが適用されることもするようです。

このプラグインを使用して数日ごとにパスワードをリセットするかどうかを設定することができ、パスワードを組み込み定める役割(会員ランク)も指定することができます。

上記の無料のプラグインとほぼ同様の機能をプラグインとして WordPress Expire Passwordsという有料のプラグインがあります。

WordPress Expire Passwords

Expire Passwordsプラグインは、上記のExpire Passwordsプラグインの機能に加えて、以下の機能を提供しています。

  • 同じパスワードを再使用できるようにするかどうかを選択可能
  • 最初のログイン時にパスワードを変更するように強制的にすることができる機能
  • ユーザーの概要ページで、ユーザーがいつ最後にパスワードをリセットしたことを確認し

まずは無料のプラグインを使用してみ追加機能が必要な場合に、有料のプラグインを考慮してみるといいようです。

スパムをブロックするプラグインをインストールしてみると、外部からのボット(hackbot)によって絶え間なくハッキングを試みていることを知ることができます。 特にハッキングをしようとするときにはadmin、administratorでログインしようとすることを確認することができるでしょう。 (そして、demoというIDもログインを多くしようとして。)したがって、 admin、administrator、demoなどで管理者のIDに設定すると、ハッキングの危険にさらされる可能性があるので注意が必要と思われる。

たまにハッキング、管理者パスワードが変わってサイトにアクセスしていない場合を目撃します。 この場合は、Webホスティングでの復元機能を提供すると簡単に以前の日付に復元ください。 それ以外の場合 この記事を参考に、管理者パスワードをリセットすることができます。


7のコメント

コメント

  1. 管理者が変更されたパスワードを記憶できなければどうなりますか? (笑)

    私はずいぶん前、私の設定した非番の記憶ができなくて、私のlocal hostサイトにcrackツールを回転させて、直接crackingたことがあります。 ふふふ

    文書に非番設定おいが休みの記憶ができなくて、ドキュメント非番をcrackしたこともなく多かったようです。 > <ケッ。

    応答
    • こんにちは? Matthew様。
      よくご存知の通り、DBからリセットください(https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-reset-password-in-wordpress/ を参照)。
      それとも https://www.thewordcracker.com/intermediate/how-to-add-admin-account-to-wordpress/ 文のように、新しい管理者を一つ作成しただけでもドゥェゴヨ。

      最近、Mother's Dayスパムメールがたくさん来て、しばらく検索してみると、今日の第XNUMX日曜日がMother's Day。 おそらくその日が我が国の「母の日」に該当するのでしょう。

      応答
      • ああ、こんにちはないんです。 ふふふ(風邪のため)

        私locahost非番が常に同じであるためWP非番を忘れてしまったという話は、DBアクセスもないという話ですよ。 (笑)

        昨日NYU(ニューヨーク大学)の電子メールアカウントから第gmailを強奪しようとする目的を持った悪性メールをいただきまして、多くの怒ってました。 その不正メールを開くだけで、第ログイン情報が抜けていくような悪質な電子メールなんですよ。 NYUのウェブサイトの管理者に抗議/警告メールを送信した状態です。

        はい、Mother's Dayもあり、Father's Dayもあります。 もちろん、Father's Dayは比較的それほど重要な日ではありません。 ㅎㅎㅎ

      • Matthew様が知らない内容は、私がどのように知ることができますか?

        WordPressの場合は、FTPに接続して、関数ファイル一番上
        wp_set_password( 'password', 1 );
        行を追加するとされていないかと思います。
        http://codex.wordpress.org/Resetting_Your_Password#Through_phpMyAdmin
        (ところで、この方法を、以前にしてみるとならない場合もあるようですね。) 今考えてみると、上記のラインを入れて、管理者ページにアクセスすると、エラーが出たが、関数で再び、上記のラインをクリアした後、管理者ページにアクセスするとリセットしたパスワードで接続がされたようです。 しかし、このような状況では WordPress 管理者の秘訣だけを回復することは大きな意味がないかもしれません。 だから何年も経ってもid / pwdを紛失したため、アクセスできないことはほとんどありません...

        私も何日目風邪のために苦労しています。 早く治るを願います。

      • 私も休みをどこに常に保存をしてドロップはするが、落とし穴が非番を書いておいたtxtファイルをできない探すという。ふふふ

        今急いでコーディングすることもできて、午後/夕方に関連企業のオーナーの一人で家の近くで約束が捕らえられ家に入ってきたが、Urgent Requirement for WordPress developer- NYC-C2Hこうメールが入っていてチャジュンナゴます。

        古くLinkedInの第resumeを私上げたのか全く覚えていないのに、recruiterがLinkedInで第profile / resumeを見たし、ほぼ毎日のようにメール送ってメールの返信流出電話してグロプニだ。 (一日二日でもなく、かなりイライラします。)

        ところが、LinkedInに入っ第resumeを削除したくてもLinkedInのログイン情報を知らないモトヘヨ。 ㅠㅠㅠㅠ同じ理由でFacebookもない入り。 (Facebookは従って昨年初めからアカウントを新しいもの作ったが、今、新しい改訂非番も記憶ができない。よwww)
        私もこのように住みたくないのですが… こんな問題はただ諦めて/諦めて買います。 >。

      • 私もlinkedinに登録して、第プロフィールを上げておいたが、たまに行っている途中に連絡が来たりします。 そのようなものそれほどは来アンゴヨ。
        先ほどlinkedinに入ってみるとメールアドレスがあれば、パスワードを取得することができるようですね。
        このように、一つ一つのパスワードをリセット(reset)とどうだろうかと考えますね。

        私もインターネットを初めて始めたとき、これはたくさんありました。 パスワードを変えれば後で気にせず…加入しなければならないサイトは多く。 これは管理が簡単ではありませんでした。 そのため、小さなプログラム(AceTextというプログラムも入るにはパスワードが必要です...ㅎㅎ)を一つ買って、すべての重要な情報をすべて入力した後、随時バックアップを取っておきます。 これからもこのような習慣を挙げれば、パスワード管理をより効率的にすることができそうです。

        (追加:参考にパスワードを管理してくれるスマートフォン用アプリもあります。しかし、スマート用アプリの場合は、バックアップが思ったより面倒スマートフォン、このエラーが生じて初期化したり、携帯電話を紛失してるから時代遅れになりますね。PC用のプログラムでは、バックアップが容易でPCを複数回変えながらも、まだのようなデータを継続保有しており、個人的にはPC用のプログラムがより良いようです。)

        問題がうまく解決されることを願います。

      • LinkedIn で新たに秘訣付与されてログインして入ったのですが、私のアカウントには履歴書も載せられておらず、何の内容もありませんでした。 どのrecruiterが自分のlinkedinアカウントに自分のプロフィールやキャリアのようなものを置いたのか、他のrecruiterが探して連絡が来るようです。 エヒョ....

        とにかくこの recruiting する人々 途方もなく迷惑し、人を悩ませます。 これらの人々の営業職です。 プジェクに人を挙げなければ自分たちにコミッションが帰る仕組みなので、メールで忙しいと言ってみてはあきらめません。 電話して、ご飯でも一度一緒に食べようと言って…(何とか説得させようとご飯食べようということです。) 週末に家に一度訪ねて来てはいけないかという人もいました! ハル...

        かつてはここまで迷惑ではなかったが、最近米国の中小企業が WordPress 一色だ(中小企業約8-90%は WordPress です。) WordPress 開発者が常に足りトレースし。

        さらに、私は契約で仕事したときfront-enderであるのに、front-enderも最近非常に不足している状態で、開発者の一人プルジェクに挙げしようとrecruiter同士の競争もすごくます。

        今後今後10年に米国で不足している開発者の数がなんと千万人​​だそうです。 ウウウ
        私たちの会社と関連がある会社オーナー一人が夕食や食べようとして少しある会いに行かなければなりませんが、予感が不吉です。 前回一度見たらこの分会社サイトが何年も誰も管理をしなくてくれて開版だったのに、どうやらそれで会おうと思ってるようにして…

        このような場合が断るのが一番大変ですが…。