ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Wordfence Securityをデータベースから完全に削除する方法

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトをハッキング、マルウェアなどの脅威から保護するためには、次のような基本的な事項が役立つことがあります。

  1. WordPress セキュリティプラグインの使用
  2. WordPress、テーマ、プラグインを最新バージョンに維持する
  3. 定期的なバックアップ

WordPress セキュリティプラグインで最も多く使用されてプラグインが Wordfenceセキュリティのに、現在200万以上のサイトに設置されています。

Wordfence Securityをデータベースから完全に削除する方法4

しかし、セキュリティプラグインは、重いのでサーバーのリソースを多く取ることができます。 Wordfence Securityの場合は、削除した後、DBに約24個のテーブルが残っています。

Wordfence Securityをデータベースから完全に削除する方法5

しばらくインストールしてテストしたが、削除したように、多くのテーブルが残って驚きました。 ただ削除するか考えてからひょっとして調べてみると、ワードフェンスを無効にすると、DBから削除するオプションがあることを知りました。

WordPress 伝言板で Wordfence> Optionsをクリックして、 Delete Wordfence tables and data on deactivation(無効時Wordfenceテーブルとデータの削除) オプションをチェックして、保存すると、Wordfenceを無効にすると、DBの内容も削除されます。

Wordfence Securityをデータベースから完全に削除する方法6

このようにしてDBのテーブルとデータを削除したらDBサイズが2MB以上減りました。

上記のオプションを選択すると、Wordfence Securityを無効にするか削除するWordfence関連テーブルとデータが一緒に削除されてDBのサイズを減らすことができます。

もしかしたら、以前にWordfenceを設置したが削除されたことがない場合、上記の内容を参考にしてDBから正しく削除された検証することでよさそうです。

メモ:



コメントを残す

コメント