WordfenceとiTheme■ Security プラグインで自分の IP をブロックしないようにする - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordfenceとiTheme■ Security プラグインで自分の IP をブロックしないようにする

Last Updated:2022年1月31日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressを安全に運営するには、 WordPressとテーマ、プラグインを常に最新バージョンに更新することが重要です。 ここにWordfence SecurityまたはiTheme■Securityなどのセキュリティプラグインをインストールすると、セキュリティが向上します。

WordfenceとiTheme■ プラグインには、特定の回数以上ログインしようとする IP をブロックする sitelock 機能があります。 通常、一定時間サイトアクセスをブロックします。

私のIPを許可リスト(Whitelist)に追加すると、私のIPアドレスがブロックされないためブロックによる手間を避けることができます。

Wordfence SecurityでのIPを許可リストに追加する

WordPress 伝言板で Wordfence> All Options(すべてのオプション)をクリックします。

次に Firewall Options(ファイアウォールオプション)を検索します。

Wordfence SecurityでのIP許可する

Whitelisted IP addresses that bypass all rules(モードルールをバイパスすることを許可IPアドレス)私のIPアドレスを追加します。

インターネット回線のIPは、Googleで「my ip」を検索して見れば分かるができます。

iTheme■Securityで自分のIPを許可リストに追加する

iThemes Securityをインストールした場合 Security> Settings> Global Settingsに移動し、 Configure Settingsをクリックします。

iThemes Securityで自分のIPを許可する

Lockout White List ボックスの下の Add my current IP to the White List(私の現在のIPアドレスを許可リストに追加する)をクリックして、私のIPを追加したり、直接IPアドレスをボックスに入力します。

最後に、

セキュリティプラグインが少し重いのでサイトの速度に影響を与える可能性がありますが、私はセキュリティが重要なようです。Theme■ Security をインストールして使用しています。

基本的なセキュリティ機能に加えて、2段階認証などの高度な機能を使用するには、 Proバージョンを利用することができます。
WordfenceとiTheme■ Security プラグインが自分の IP をブロックしないようにする 2

メモ:



コメントを残す

コメント