ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

The Curator:年代順に作品を紹介/展示することができるプレミアム WordPress テーマ

Last Updated:2023年7月17日| | コメントを残す

WordPress テーマ

The Curator:美術家のためのプレミアムタイムライン WordPress テーマ

久しぶりに少し余裕を持って WordPress テーマを検索してみる時間を持ちました。 ダイアリー用に使用するテーマがないか、検索している間、タイムラインスタイルのテーマを重点的に説明しました。 好みのテーマがたまにあったが、時間順にコンテンツが表示されているほとんどのタイムラインスタイルのテーマが更新がうまくいかないですね。 おそらく販売不振てそうします。

そうするうちに少し変わったテーマを一つ発見した。 すぐに年代順に作品を一覧表示して紹介することができる The Curatorというテーマです。

キュレーター(Curator)といえば普通「美術館で働く人」くらい知っているようです。 少し探してみると、「元のキュレーターは 「管理者」に由来する言葉なので、それは資料の管理者、つまり「美術館資料に関して最終的に責任を持つ人」を指します。」と出てきますね。

The Curatorは美術館、展示館などの作品を年代順に並べ替えるしようとするときに便利なテーマです。 実際にデモ動作を見れば容易に理解することができるようになります。

他のテーマで見ることができない特異な機能が心にね。

WordPress 美術館のテーマ

上記の図のように下のタイムラインを移動させると、年度ごとに作品を鑑賞することができ、画像をクリックすると、ライトボックス(Lightbox)で画像が表示されます。 そして、タイトルをクリックすると、簡単な説明を見ることができます。

このテーマは、比較的長い時間前に発売されたが、最近まで着実にアップデートが行われています。 そして最近では、タッチジェスチャー(Touch gesture)までサポートされるように機能が追加され、左/右スワイプ動作で作品を左右に移動させることができます。

そして発売されてから長い時間になってそうなのかIE 8からサポートされているものと規定されています。 参考までに
WordPress 4.8からIE 8、9、10のサポートが中止されるとします。 WordPress 4.8以上でもIE 8からサポートだろうが、管理者ページには、IE 8でアクセスすることができないようです。

The Curatorの詳細については、テーマのページを参照してください。

メモ:


コメントを残す

コメント