Templatemonsterのフラッグシップ WordPress テーマ - Monstroid2

Monstroid2  -  WordPress 多目的テーマ

Monstroid2 - 多目的 WordPress テーマ

数年前にTemplatemonsterで WordPress テーマを購入して知っている方の会社のホームページを作ってくれたことがあります。 当時は WordPressということは何なのかもわからない状況で、購入したテーマをそのまま活用することで、作成するレベルでした。 それでも結果はかなり大丈夫に出てきた WordPressを改めて見るようになるきっかけとなった。

今、ほとんどのテーマは Themeforest(Themeforest)で購入するためTemplatemonster(テンプレートモンスター)で販売しているテーマは、偶然に見ることほどTemplatemonsterが多く押さ状況です。

Templatemonsterで販売している WordPress テーマの中から多くの人気を集めているテーマに モンストロイドというものがあります。 Monstroidはこの時までに、6500個程度の販売ましたね。 (30万件を超えた Avada比較がされていないですね。) Monstroid2は前作Monstroidを向上させ、最近出した多目的 WordPress テーマです。

MonstroidとMonstroid2はユーザーの評価が非常に良いこと見てこのテーマを好むファン(?)があるようです。

今回の機会が Monstroid2をインストールしてしばらく使ってみました。 全体的にすっきりと感じられ、多くの機能が提供されています。 あまりにも多くの機能を詰め込むてみるようなのか分からなくてもデモをインストールするときに多くのプラグインをインストールするオプションを提供しています。

個人的には、プラグインを最小限に抑えること好きヌンジラこの点は気に入らないが、一方では必要のない機能のプラグインをインストールしていないとなるから、他の多目的テーマのように使用していない機能を一緒に連れて行かないようにすることができるという点は良いそうです。 (つまり、多くの多目的テーマで多くの機能を基本的に内蔵させて使用することもない機能が搭載されている場合があります。Monstroidは、このような機能をプラグインを使用して実装していますので、使用しない機能のプラグインを無効にする/削除します。)

Monstroid2 WordPress テーマ

上記の図のようにデモを上げてみるとギャラリー、イベント、プロジェクト、メガメニューなど、さまざまな機能が追加されます。 これらの各機能は、独自のプラグインや外部プラグインを介して実装されているようです。

Monstroidプラグイン

上の図で、プラグイン開発者がTemplateMonsterであることが自主的に製作されたプラグインです。

第環境が合わなくてそうなのかデモをインストールするときに、いくつかのプラグイン(特にbbPressやBuddyPress)のインストール手順で無限ロード現象が現れました。 キャンセルさせてプラグインのリストを見ると、インストールはされたが、何らかの理由で、次のステップに進むことができないようにしました。 問題となるプラグインはすでにインストールされているので、再びデモを上げながら、プラグインのチェックをオフにして進行するから、通常のデモがロードされました。

すべての機能がロードされている標準的なデモを上げた状態で、速度は無難なレベルです。 テーマ開発者によれば非常に速いが、テストを行ったサイトが iPageの低コストのホスティングを使用したためか、非常に速い速度は目に見えていない。

Monstroid速度

速度は、テストの位置に基づいて2.3秒で3.5秒の間に得られた平均あるいは平均よりも少し速い程度です。

ちなみに速度はW3 Total Cacheを適用した場合を基準にしたものであり、使用するキャッシュプラグインと設定の影響を多く受けるという印象を受けました。 WP Fastest Cacheプラグインを使用したときには、むしろ速度が遅くなる現象が現れました。 いくつかのキャッシュプラグインでテストして、相性の合うプラグインを選択すると、より良い結果を得ることができると思われます。 また、必要のない機能を無効にすると、速度がより良くなるようです。

このテーマでは独自のページビルダーを使用しています。 ページ編集画面を開いてみると、「Power Builder」というページビルダーでページを構成できるようになっていますね。

Power Builderページビルダー

ほとんどのページビルダーが使い方は少しずつ異なるか分からなくても似たような機能を提供します。

下の図でPower Builderの概要(Overview)を見ることができます。

Power Buidlerの評価を見てみてみると作業を簡単にしてくれるが、多くの場合、追加のCSSコーディングが必要であり、いくつかのモジュールの基本的な機能が不足しているとね。

  • PROS: This theme offers flexibility to use a single theme for multiple websites, each with a unique look and feel.
  • CONS: Tasks that should be simple often require additional CSS coding. Power Builder modules are buggy - requiring frequent support sessions to resolve issues. Basic features you would expect in some of the modules are lacking. I question whether or not the designer had an an independent UX consultant review the design prior to release.

テーマが柔軟で多様なサイトを構成することができそうですね。 多くの評価では、簡単にインストールと構成が可能であるということとしなやかさを利点として挙げるようです。

Monstroidは 年中無休のサポートを提供していと表示されています。 一般的に、質問への回答を受信する24時間程度かかることができ、一度に問題が解決しない場合、数回返信をやり取りしてみると、数日がすぐ通るようです。 レビューを見る一度に問題が解決されにくいこともあるとしたら、最初にサポートチケットを発行する際に関連するすべての情報を詳細に提供すると、問題をより迅速に解決することができないかと考えます。

Monstroid2はCherry Framework 5に基づいています。 おそらくTemplatemonsterで提供される多くの WordPress テーマCherry Frameworkが統合されてなかったかと思います。 (この時まで接した多くのTemplatemonster WordPress テーマにCherry Frameworkが使用されているので、このような推測をしてみます。 このフレームワークの長所と短所については、どの WordPress Framework Should You Choose?「記事を参考にしてください。

Monstroid2は

  • 9つの事前構築されたWebサイト(デモ)
  • 7つのカスタマイズ可能なヘッダのスタイル
  • 4つのカスタマイズ可能なブログスタイル

などを提供しています。

費用は75ドルと少し高いですが、6ヶ月ごとにサポートを更新する必要があります Theme森のテーマと比較すると、それほど高いレベルではないようです。

最後に、

Monstroid2はそれなりの魅力があるようで、このテーマを好むユーザーがかなりありますね。 しかし、Templatemonsterのフラッグシップ製品とするには、販売量が不足している感があります。

速度の場合、上記したように(テーマ開発者は、非常に高速のテーマと呼ばれるが)テストサイトでは、平均あるいは平均よりも少し速い速度を示しました。 低コストの海外ホスティングでテストしたので 国内で実際にどの程度の速度が出てくるか確認する必要がありするようです。 レビュー文を見れば速度の問題を訴える内容がないものと見ると、速度はほとんどそう不満にならないと予想されます。 使用しているWebホスティングサーバ、キャッシュプラグインの設定など、さまざまな要因に基づいて速度が変わるようです。

このテーマを選択した場合、ユーザーが多くないので、問題が発生した場合は、サポートに依存するか、自主的に解決しなければすることも負担になることができるようになります。 このような点が重要である場合 AvadaEnfoldのような国内でもよく知られているテーマを使用すると、問題が発生した場合、他のユーザーの助けを受けるが容易でしょう。 (このブログで使用されている Diviテーマの場合フォーラムを通じてサポートが提供されるため、サポートの経験がより良いことがあります。)

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます