Avada テーマ50万枚販売記念特価イベント - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Avada テーマ50万枚販売記念特価イベント

Last Updated:2019年4月5日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress ベストセラーのテーマである Avada(Avada)50万枚の販売を記念して、一時的に39ドルで販売されています。

Avada テーマ50万個販売記念特価イベント

Avada テーマは、昨年3月末に 40万枚の販売を記録したので、約1年ぶりに10万個販売されたわけですね。 昨年は40万枚販売を記念して、40ドルの割引販売された。

Avada テーマはEnvato Marketから6年連続で販売1位を記録しています。

Avada テーマ6年連続販売1位

Avadaは多目的テーマとして、すべてのサイトの構築に容易です。 ベストセラーリストに上がったほとんどのテーマ(例: Enfold)が多目的テーマです。 多目的テーマの場合、多くの機能を一つのテーマで提供するているので、ややもすると重くなることができます。 Avadaの場合、速度を向上させるために着実に努力して以前よりは速度の面で多くの改善されたようだという感じを受けました。

参考までにブログやニュースサイトを運営する場合、このサイトに現在適用されている Newspaper 同じマガジンのテーマを考慮してみることができます。 (一昨日までPublisherというマガジンのテーマを利用している途中、昨日 Newspaperに変えました。)

Avada テーマは一昨年までは、ほとんどの割引をしていなかったが、競争が激しくなったせいか、昨年から1年に2回程度は割引をすることです。

Avadaには、多くのテーマのオプションが提供されるため、コーディングに慣れていない初心者のユーザーが使用するために大きな負担がないことです。 ただし、テーマオプションがあまりにも多いので、時間を割いてどのようなオプションがあるか熟知すると、使用するのに役立ちますです。 (テーマオプションを検索する機能も提供します。)

Avada テーマを念頭に置いていた場合、今は安価に購入できる機会です。 セールがいつ終了されるかについては言及がなく For a limited time only(限られた期間の間だけ)とだけ明らかにしていますね。

>> Avada 販売サイトに移動する

メモ:



4のコメント

コメント

  1. 私は似たようなテーマを持っている、やはりまだマガジンが望ましいんですよ。(笑)
    いつ行く社だが、今回のはパスです。!

    応答
    • ブログには、 Newspaperのような雑誌のテーマは、コンテンツを効果的に表示することができるようです。

      昨日から Newspaper テーマに変えてテストしてみますよ。 それなりいいですね。

      応答
  2. 率直に言って Avadaはやや枝葉的な機能まであまり入れ複雑たり速度も遅く迷惑ですね

    何よりもフュージョンビルダーが旧式ですドラッグドロップ方式のシンプルなページビルダー方式に濡れているみると慣れるが大変でした

    私は近頃登場するテーマに比べて確かにクラシックながらオールドな感じを消すことができないですね

    応答
    • 個人的には、フロントエンド・ビルダーではなく、バックエンド・ビルダーに慣れフュージョンビルダーが旧式と考えてみたことはありません。

      CSSだけで調整が可能な部分割りオプションとして提供されている点は長所であることもあり、欠点であることもあるようです。

      応答