Avada テーマを抜いBEテーマが初めて販売1上登る - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Avada テーマを抜いBEテーマが初めて販売1上登る

Last Updated:2018年6月5日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

오늘 WordPress テーマ販売順位を見ても面白い変化を発見した。 数年の間に販売1位を記録していた Avada(Avada) テーマが初めて週間販売台数で初めて BEテーマ1位の座を奪われ2位に後退しました。

初めて販売1位を記録したBEテーマ

BEテーマ(BeTheme)が割引イベントを行ったわけでもない状況で、2倍以上の販売量で Avadaを抜いた。 Avada1位の座を奪われたのは初めて見ます。

Xのテーマは Avadaに続いて販売2位を記録したが、現在は29ドルで割引をする状況でも4位に留まっています。 (私はXのテーマが50%の割引を開始してすぐに購入しましたが、まだインストールもしていない状態です。)

今回の変更は、長い間、独走を続け来ても Avada テーマの牙城が崩れるきっかけではないか、慎重に推測してみます。 Avadaが再び販売1位の座を取り戻すことができるか、またはBEテーマが1位の座を固めるか見るのは興味深いことです。 販売量の差が多くいるため Avadaの苦戦が予想さね。

BEテーマはMuffin Builderが基本搭載されており、 Visual Composer ページビルダーも含まれており、340以上の事前構成されたレイアウトを提供しています。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. beテーマで独自の提供してくれるビルダーがあっ書いてきた本当にあまりでした。 笑
    これはなぜ販売よくされるかすら理解していないテーマの一つです。
    おそらく基本作られたテンプレートがかなり多く、よく売れるそうか表示します。
    カスタム入る瞬間メンブンイでした。 笑

    応答