ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[WordPress] Diviテーマとチャイルドテーマ

Last Updated:2018年11月26日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

はじめ

Themeforestや他の場所で有料テーマを購入するか、無料テーマをダウンロードして WordPress サイトに適用することができます。 そして、ほとんどの有料テーマでは、デモコンテンツを提供して、事前構成されたレイアウトを適用することが可能です。

エレガント ThemesのDiviテーマでは、事前定義されたレイアウトをDiviビルダーでロードして使用することができます。 他のテーマの場合は、デモを複数適用することができませんが、Diviは、複数の事前定義されたレイアウトを同時に適用することも可能です。

そしてこれとは異なり、Diviテーマ用に出てきたチャイルドテーマをダウンロードまたは購入してDiviに適用することも可能です。 これは Themeforestテーマや他のテーマでは見られないユニークなアイデアのようです。 (例えば、 Avadaが約30万近く販売されたが Avada テーマ用に出てきたチャイルドテーマを販売することは見たことがないようです。)

Diviマーケットプレイス

次のサイトでDivi用チャイルドテーマとDivi用のプラグインは、Divi用Layouts Kitsを確認することができます。

価格は9ドルから175ドルまでさまざまです。

Divi用チャイルドテーマの場合はマルチページ(MULTI-PAGE DIVI CHILD THEMES)とワンページ(ONE PAGE CHILD) THEMES)のXNUMX種類があります。

Diviチャイルドテーマ


無料レイアウトパック/プラグイン

エレガント Themesで提供される 無料Layout Packやプラグインを活用することができます。

様々な無料のレイアウトパックがあり、時間が飛ぶとき一つずつ整理してみるつもりです。

2018年11月追加: エレガント Themesで毎週1~2個の無料レイアウトパックを公開しています。 現在、88を超えるレイアウトパックが公開されており、各レイアウトパックには6〜8個の内外のレイアウトページが含まれています。

エレガント Themesが提供する無料のプラグインもあります。 例えば、私はこのブログに Back to Top Button(上に移動ボタン)プラグインをインストールして使用しています。 Back to Top Buttonプラグインは、 ここからダウンロードすることができ、使い方は下のビデオを参照してください。

Diviテーマは、独自のビルダーであるDiviビルダーを使用しており、初めて使用する場合は少し不慣れできます。 しかし、少しの使用してみると、それなりにまともなビルダーです。 自主的に提供されているレイアウトや無料で提供されているレイアウトパックを活用して、多様な構成が可能です。 特に速度の面でまともなパフォーマンスを見せて個人的に満足しています。

このブログでは、以前にいくつかのテーマを使用したが速度が気に入らなかったが、最近に使用した Enfoldと、現在使用中のDiviが比較的速い速度を示すものです。 (2018年11月更新:現在このブログでは、 Publisherというマガジンのテーマが使用されています。)

[WordPress] Diviテーマとチャイルドテーマ2

メモ:



コメントを残す

コメント