「The Google Maps API server rejected your request「グーグルマップのエラーが発生した場合

0

Googleマップに関連して「The Google Maps API server rejected your request」エラーが発生した場合

既存の表示した、Googleマップと関連して、以下のようなエラーが発生する場合があります。

The Google Maps API server rejected your request。 This API project was not found。 This API project may have been deleted。

※2018年11月更新: グーグルポリシーが変更されGoogle Maps APIキーを発給を受けるクレジットカード情報を、Googleに提供する必要があります。 更新された情報は、「Googleマップが正しくロードされない問題が発生した場合、[総合]"文を参照してみてください。

現在使用中のGoogle Maps APIに問題があることがあります。 は、Googleドキュメント中間にある「Get a key"リンクをクリックして、Google Maps APIキーを新たに発行を受けてください。

GoogleマップAPIキーの発行

次に、以下のようなコードを適切な場所に追加するようにします。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=구글_맵_키"
type="text/javascript"></script>

WordPressを使用する場合、多くのテーマでは、GoogleマップAPIキーを追加するためのオプションを提供しています。 そのような場合は、オプションで、GoogleマップAPIキーを追加します。

Javascriptコードを追加することができるオプションがある場合、直接、上記のコードを追加します。 仮にこのブログで使用された Diviテーマでjsのコードを置くことができるオプションが提供されます。

この問題のようなエラーに「Googleマップが正しくロードされませんでした」エラーがあります。 Googleマップに関連するこれらのエラーの場合 この記事を参考にしてみてください。

ちなみに、Googleマップをiframe形式で挿入する方法は、Googleドキュメント "Google Maps Embed API」で説明されています。リンクされたドキュメントでは、次のような形式でGoogleマップをiframeに挿入することができるものと説明しています。

<iframe
width="600"
height="450"
frameborder="0" style="border:0"
src="https://www.google.com/maps/embed/v1/place?key=YOUR_API_KEY
&q=Space+Needle,Seattle+WA" allowfullscreen>
</iframe>

しかし、上記のコードを使用すると、 「The Google Maps API server rejected your request。This API project was not found。」というエラーが発生したり、新たにGoogle Maps APIキーを取得した場合には、次のようなエラーが発生しすることになるでしょう。

The Google Maps API server rejected your request。 This IP、site or mobile application is not authorized to use this API key ....

このような問題が発生した場合には、 "ブログでは、Googleマップを挿入する"文で紹介された方法でGoogleマップをブログに挿入すると、問題が解決されています。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください