WordPressで混合されたコンテンツの問題を修正するReally Simple SSLプラグイン

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

このブログを始めた当時、HTTPSでロードされるサイトがあまり多くなかったが、Let's Encrypt SSL証明書が無料で配布されて、いくつかのホスティング会社から無料でSSL証明書を提供しながら、今は、HTTPSでロードされるサイトが大幅に増加しました。

HTTPSにロードされていないサイトは、Chromeブラウザの「注意要する」という警告が表示されるのでSEOに不利できます。

ワードプレスで混合されたコンテンツの問題を修正するReally Simple SSLプラグイン

SSL証明書をインストールした後の設定が正しくない場合、混合されたコンテンツのブロック」の問題が発生して「このサイトの安全な接続(HTTPS)は完璧ではない。」 警告が表示され、鍵のアイコンが表示されないことがあります。

このサイトの安全な接続(HTTPS)は完璧ではない。
「このサイトの安全な接続(HTTPS)は完璧ではない。」 警告

ワードプレスでは、 本当にシンプルなSSL 同じプラグインを使用すると、自動的に設定を検出して、サイトがHTTPSを介して実行されるように構成することができます。

Really Simple SSLプラグイン

Really Simple SSLプラグインをインストールするには、ワードプレス伝言板で プラグイン]> [新規追加に移動し、「really simple ssl "で検索するようにします。 その後、Really Simple SSLプラグインが検索結果に表示されます。 このプラグインは、現在の300万個以上のサイトに設置されて使用されています。

このプラグインは、軽く維持するために最低限のオプションのみ提供され、全体のサイトがSSLに移動します。 このプラグインを使用するには、 まず、SSL証明書を発行しなければなら します。 SSL証明書がインストールされていない状態で、このプラグインを使用しないでください! そして似たような機能をする他のプラグインをプラグインと一緒に使用しないでください。

カフェ24のような国内のWebホスティングを利用する場合、有料でSSL証明書を購入することができます。 ブルーホスト, サイトグラウンド など海外のホスティング会社では、無料でSSL証明書を提供しています。

Really Simple SSLプラグインをインストールして有効にすると、 "Almost ready to migrate to SSL!」というダイアログが表示されます。

ワードプレスのSSL証明書を適用

SSLを有効にする前に、サイトのバックアップを受けておくことをお勧めします。 重要な仕事をする前に、必ずバックアップを取る置くことが安全です。 準備ができたら、「Go ahead、active SSL!」をクリックして、SSLを有効にすることができます。

設定> SSLでReally Simple SSL設定を確認することができます。 特に「Mixed content fixer was successfully detected on the front-end」の項目に緑色のチェックボックスが表示されている必要があります。

Really Simple SSL設定

「混在したコンテンツ "の問題が存在する場合画像のURLなどがhttpでロードされていないことを確認してください。 次の記事で紹介するプラグインを使用して画像のURLを一括してhttpsに変更することができます。

それでも問題が解決されない場合、有料版である Really Simple SSL proを使用すると、「混在したコンテンツ "の問題を引き起こすをスキャンして修正することができます。 または、 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

このプラグインや WP SSLを強制するのようなプラグインを使用して強制的にhttpバージョンをhttpsバージョンにリダイレクトすることができます。 しかし、プラグインを使用していない場合は、次のコードを.htaccessファイルに追加すると、httpにロードされるアドレスの両方がhttpsに強制的にリダイレクトされます。

<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteCond%{HTTPS} off RewriteRule ^(。*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L、R = 301] </ IfModule>

注:



コメントを残す