WordPress 加入型(WordPress.com)で設置型に移転する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

加入型ワードプレスと取付形(それ自体ホスト型)ワードプレス

WordPress.COMで提供される加入型ワードプレスは、ネイバーのブログなど同様軽くブログを運営するために最適です。 そして、様々な無料のテーマを選択するか、有料テーマを購入するとかなりのサイトに劣らないサイトに変貌が可能です。 特に有料プラン(プレミアム以上)を Custom Design商品を別々に 購入するとCSSを使用してサイトのレイアウトを完全に変えることができます。 このように、ワードプレス 加入型ブログもうまく活用すれば素晴らしい選択することができそうです。

しかし、どうしても外部のテーマのインストールやプラグインのインストールが制限されており、掲示板一つ正しくインストールすることができないなど、多くの制約があります。 これらの制限のため、一部のユーザーは、加入型を使用している途中設置型で、以前のこともあります。 この記事では、加入型ワードプレスでマウントワードプレスに移転するための手順を説明します。

この記事を作成した後、 WordPress.comで外部のテーマとプラグインをインストールすることができる ビジネスプランを追加しました。 ビジネスプランを利用すると、いくつかの制約がありますがマウントワードプレスと同様にワードプレスを運営することができます。

ワードプレス加入型(WordPress.com)で設置型に移転する方法

準備

このタスクを実行する前に、ローカルコンピュータまたはWebホスティングサービスに加入した後に、ワードプレスをダウンロードしてインストールする必要があります。 WordPress.comで設置型で、以前もデータを移転するため、前後のテーマ設定作業などは別途ヘジュオヤます。 下のプロセスを介して書き込み、ページ、コメント、カスタムフィールド、メニュー、カスタムポストなどをエクスポートすることができ、テスト結果のメディアファイルも一緒に前になることを確認しました。

※ビジネスプランを利用する場合、ワードプレスドットコムの要求するデータとDB(データベース)をバックアップして提供を受けることができるとします。

加入型ワードプレスでのデータのエクスポート(Export)

まず、 WordPress.comにログインした後 Tools(ツール)> Export(エクスポート)を選択します。 表示される画面で、 All content(すべてのコンテンツ)を選択します。

WordPress.com加入型ワードプレスのデータのエクスポート

エクスポートするファイルの容量が小さいとすぐに、ローカルコンピュータにxmlファイルとして保存されます。 しかし、容量が大きい場合は、圧縮してダウンロードすることができるリンクを管理者の電子メールで送付します。 (たまにエクスポートに失敗する場合もあります。)

マウントワードプレスでのデータのインポート(Import)

移行作業を開始する前に、Webホスティングサービスを利用したり、ローカルコンピュータにワードプレスをインストールして、ワードプレス管理者としてログインするようにします。

ダッシュボード(伝言板)で ツール>インポートを選択します。

ワードプレスインポートツール

"WordPress「下の」インポートの実行"を選択します。最初にこの作業をする場合は、Importプラグインが自動的にインストールされます。 WordPressを選択すると、xmlファイルをインポートすることができる画面が表示されます。

インポート WordPress - ワードプレス前に

ファイルを選択して、「ファイルのアップロード後インポート"をクリックします。

たまにファイルをアップロードすることができる容量が小さく、大容量のXMLファイルをインポートすることができない場合も発生します。 この場合、下部の 「付録 - ファイルのアップロード容量の設定を調整する」 のセクションを参照してください。

「ファイルアップロード後のインポート」をクリックすると、次のような画面が表示されます。

インポート WordPress Data xml

インポート書く部分を適切に設定して "添付ファイルのダウンロードとインポート」をチェックした後、 「送信する」をクリックすると、インポートプロセスが行われます。 インポートプロセスが完了すると、次のような画面が表示されます。

ワードプレス加入型で設置型に移行する

インポートできなかった項目(別の重要なようではないですね)のメッセージが出てきて、「すべて完了」が表示されます。

今、古いされたワードプレスのサイトにログインして設定作業をください。 以上で加入型のワードプレスでマウントワードプレスの環境に移行する方法を説明しました。

移転後の作業

ビジネスプランを利用する場合は、データとDBをバックアップ受け、そのまま移転することができ、以前の後には、別の作業は必要ありません。

プレミアム以下料金プラン(無料プランを含む)で設置型に移転した場合には、再度サイトを作成する作業が必要です。 ブログを利用する場合は、このブログで使用された GeneratePress(無料/有料)のようなシンプルなテーマを使用するか、 ニュースペーパーのようなニュース、マガジン、ブログ専用のテーマを使用することができます。

人気のテーマでは、 ああ、海, 円フォールド, Diviテーマ などがあります。 これらのテーマは、すべての多目的テーマに、ほぼすべてのタイプのサイト構築に利用することができます。

基本的なワードプレスの使用方法については、「ワードプレスのブログを開始する」を参照してみてください。

付録 - ファイルのアップロード容量の設定を変更する

この場合、カフェ、24の場合は、次のようなコードを.htaccessファイルに追加すると、問題が解決することができます。

PHP_VALUE upload_max_filesize 50M
PHP_VALUE post_max_size 50M

利用のウェブホスティング会社によって方法が異なる場合があります。 たとえば、上記のコードを、有名な海外のウェブホスティングサービスブルーホスト(Bluehost)を利用するサイトの .htaccess ファイルに追加すると、500内部サーバーエラーが発生します。 (Bluehostメモリの設定を変更する方法は ここを参考にしてみてください。 Bluehost詳細については、 ここで確認することができます。)

マルチサイトを利用する場合、アップロード可能容量が小さく表示されたら、ネットワークの設定もアップロード容量を調整ヘジュオヤます。 この場合、左上の 自分のサイト>ネットワーク>ネットワーク管理者>設定 画面で下に表示された設定を適切に調整してくれます。

ワードプレスマルチサイトの最大アップロードファイル容量を変更する

「最大アップロードファイル容量 " 値を大きな値に変更します。 この設定がうまくできないモクヒミョンサーバーの設定値をチェックしてみてください。

注:



4のコメント

  1. こんにちは。 この間にあれこれ聞いて見ていたが、最終的に決定して設置型に着替えせいですね。笑移行する方法を見たばかり完了しました。 さまざまな情報ありがとうございます〜!

    応答
    • こんにちは、wildflower様。

      書き込みに集中したい場合加入型もいい選択だが、 WordPressの機能を十分に活用するには、マウントが望ましいと思われる。

      加入型で設置型のデータ(記事、ページ、メディアファイル)のみ前た場合のテーマを選択して、本格的にサイトを作成する作業を行う必要があります。 基本的な WordPress 使い方は次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/

      応答
      • word様を書き込みし作っていきのにもしかしたら Bluehostを利用して WordPressを使用している場合、携帯電話では、どのように文章を書く知ることができますか? WordPressドットコムを利用して文を上げたときは、簡単に上げ変更することができたが...もしかしたら WordPress アプリを引き続き利用することができますか? それとも別にアプリとかでしょうか? 私はタブレットやら携帯電話ノートパソコンだ利用しているんですよ。 Bluehostのウェブサイトに入らずに文を書いて変更できる方法があれば教えてください〜

      • こんにちは、wildflower様。

        WordPressドットコムでは、アプリを使用してモバイルでも文章を上げることができるでしょう。

        マウントはアプリを利用することができませんが、モバイルChromeブラウザからログインして管理することができるようですが、どうも不便になります。
        Bluehostは Bluehost アカウントにログインしてMy Sitesで直接ログインすることができますが、サイトのアドレス/ wp-adminにアクセスして、管理者ページにアクセスしてもされます。 (結果は同じになります。)

        個人的には、携帯電話で文章を作成することよりも、PCを利用することが良いようです。 たとえば、画像をアップロードすると、Web用に最適化して上げるのがお勧めです。 すぐにスマートフォンで撮影した画像をアップロードすると、画像が最適化されていないサイトの速度に悪影響を与えることです。 そして詳細なSEO関連の設定をするにも不便になります。