Let's Encrypt、2018年1月にワイルドカード証明書を提供する予定

Last Updated:2020年11月14日| 1のコメント

無料Let's Encrypt SSL証明書

無料のSSL証明書を発行機関であるLet's Encryptが2016年発足して以来、2017年1月に文字に1億個以上の証明書を発行し、現在4,700万個のドメインでLet's Encrypt証明書を使用しているとします。

Let's Encryptはまた、2018年1月にワイルドカード証明書(Wildcard Certificate)の発行を開始する予定だと述べた。 ワイルドカード証明書を使用すると、同じ証明書で数に関係なく無制限にサブドメインに適用することが可能になります。

WP Tavernによると、現在の WordPress マルチサイトにLet's Encryptを適用することは、単一ドメインに証明書を追加するよりもはるかに複雑です。 WP Encryptというプラグインがマルチサイトやマルチネットワークと互換性があると言いますが、サイトの数が増えると失敗の頻度が高くなるのを見ます。 Let's Encryptがワイルドカードをサポートすると、マルチサイトネットワークにSSLをより効果的に適用できるようになります。

一部のWebホスティング会社では、プランに応じて無料でLet's Encryptを提供することもあります。 Bluehostの場合、すべての WordPress インストールについて無料のLet's Encrypt SSLを提供すると発表しました。 しかし残念ながら、このブログが使用しているVPSプランは除外されました。 共有ホスティングでは利用できます。

無料で無料のLet's Encrypt SSL証明書を適用するには Sitegroundを考慮してみることができます。 Sitegroundそれは難しくない簡単にLet's Encrypt証明書を適用することができます。

Let's Encryptは3ヶ月ごとに更新する必要がありますが、Cronジョブを追加して自動的に更新を有効にすることができ、Webホスティング会社が提供する場合は通常自動的に更新されます。

SSL証明書を適用すると、ブラウザのアドレスウィンドウに南京錠の外観と一緒に安全「表示されます。SSL証明書が使用されていないサイトのブラウザアドレスウィンドウには、円の中に感嘆符の形で「安全でない」と表示されます。ショッピングモールを運営する場合は、SSL証明書を使用する必要があります。


1のコメント

コメント