Kadenceテーマの変更後にGoogle検索コンソールでナビゲーションパスの問題が発生した場合

このブログでは、4年間 GeneratePress テーマを使う 今年2月末にKadenceというテーマに変更しました。今テーマを変えてから4週間ほどになりました。しばらく使用しながらブログの場合 GeneratePress テーマがよりよいの選択であるようです。ケイデンスは、高速商用サイトをブロックエディタにするのに適したテーマのように見えます。

ケイデンスのテーマに変更した後、Google検索コンソールでナビゲーションパスの問題が発生しました。 3月1日を基点にナビゲーションパスセクションで有効な項目数が急減し始めました。

Googleサーチコンソールのナビゲーションパスの問題が発生しました

Kadenceテーマの変更後にGoogle検索コンソールでナビゲーションパスの問題が発生した場合

Google Search Consoleのナビゲーションパスセクションで、2〜3週間の有効なエントリ数が1/4に減少しました。

ナビゲーションパスは英語です パンくず一覧です。言葉から推測できるように、ブレッドクラムに関連しています。 WordPressではYoast SEO、 Rank Math などのSEOプラグインでブレッドクラム機能を提供します。 WordPressを使用していない場合は、Googleドキュメント "構造化ナビゲーションパス(BreadcrumbList)データ「」を参照して、構造化ナビゲーションパスを追加できます。

GeneratePress テーマでは、フックを使用してブレッドクラムを追加できます。

これに対し、Kadenceは カスタマイズするにブレッドクラム(移動パス、ナビゲーションパス)を設定するオプションがあります。

Kadenceテーマのブレッドクラム ルックス » カスタマイズ » General (一般) » Breadcrumbs ページで指定できます。

WordPress Kandenceテーマブレッドクラム設定

Breadcrumb Engine(ブレッドクラムエンジン)には、次の4つのオプションがあります。

  1. Default (デフォルト)
  2. ランクマス
  3. Yoast
  4. SEOPress

Kadenceテーマに搭載されたナビゲーションパス機能を使用するには デフォルトを選択します。このオプションはデフォルトで選択されています。

SEOプラグインが提供するブレードクラム機能を使用するには、目的のSEOプラグイン(Rank Math、Yoast、SEOPressなど)を選択し、そのSEOプラグインでブレッドクラム機能を有効にする必要があります。 Rank Mathの場合 WordPress 管理者ページ » Rank Math 検索エンジン最適化 » Breadcrumbs セクションで Breadcrumbs 機能を有効または無効にできます。

WordPress Rank Math ブレッドクラム設定

私はケイデンステーマに変更しながら、Rank Mathのブレッドクラム機能を無効にしてカスタマイズすることから デフォルトを選択してケイデンス独自のナビゲーションパスを表示しました。

Kadenceが独自に提供するブレッドクラムを利用すれば、スピード面で少し利得になるのではないかと思いました。しかし、このため、Google Search Consoleで有効なナビゲーションパスのエントリ数が急減する問題が発生しました。

この問題を認識した後、Rank Mathのブレードクラムを有効にしてRank Mathオプションに切り替えました。この措置を取った後、幸いにも少しずつ有効なアイテム数が増加しています。

Kadenceテーマの変更後にGoogle検索コンソールでナビゲーションパスの問題が発生した場合

Yoast SEOプラグインを使用している場合は、Yoast SEOでブレッドクラム機能を有効にし、KadenceテーマオプションからYoast SEOを選択してください。

最後に、

あるテーマを長く使ってみると、うんざりして別のテーマに変えることを考える方がいらっしゃるでしょう。私も4年ほど GeneratePress テーマを使ってみると、別のテーマに変えたいという気がしたし、 GeneratePressと同様の速度で機能の良いKadenceテーマを知り、Kadenceに変えました。

機能面では KadenceテーマがGPのテーマよりも良いようです。 GPテーマでは有料版で提供する機能をKadenceでは無料版で提供することもあります。

スピードの面では GeneratePress テーマがKadenceよりも少し速いようですが、Kadenceテーマの速度が比較的速いので、高速テーマを探している場合は、GPテーマとKadenceテーマを検討できます。

シンプルなブログを運営するなら GeneratePress テーマを選べば大丈夫そうです。企業向けサイト エレメンなどのページビルダーを使用せずにブロックエディタで作成したい場合は、Kadenceテーマが良い選択かもしれません。 (GPテーマに改めて変更したいのですが、前のテーマに戻すにはルビコン川を渡った感じですね。😁😁)

テーマを変更した後は、Google Search Consoleで以前に存在しなかったエラーが表示されているかどうかを監視し、問題が発生した場合は適切な対応策を見つける必要があります。

2月末からGoogleサーチコンソールのコアWebバイタルセクションでモバイルデバイスについて(CLS:0.1秒を超える(モバイル)問題が発生している間) 改善が必要なURL 数が急増しました。その後、いくつかの措置を順番に取ります。 クイックURLに変わりました。😄😄😄

グーグルサーチコンソールコアウェブバイタル

WordPress 6.5 アップデートは2024年3月26日(我が国時刻で3月27日)に予定されています。 WordPress 6.5では、言語ファイルによる速度低下を考慮した改善された機能が追加されるとします。サイトの速度が以前のバージョンよりも向上しないかと期待されますね。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。