Kadenceテーマで WordPress ブログリニューアル

Last Updated:2024年04月21日| , | 4のコメント

この WordPress ブログでは、2020年3月に GeneratePress テーマでリニューアルした後、まさに4年間使ってきました。長い間使用している間、さまざまな機能を追加して他のテーマに変更することは厳しくありませんでしたが、GPテーマと速度が似ていると評価されるKadenceテーマに変更しました。

Kadenceテーマで WordPress ブログリニューアル

GeneratePress テーマは速いペースのため、ブログ、特に収益性の高いブログサイトでよく使用されています。

ジェネレートプレステーマを使用する前に Newspaper テーマを1年ほど使用しました。 Newspaper テーマは初心者でも簡単にセッティングして高クオリティブログやニュースサイトを作れるというメリットがあります。しかし速度の面では GeneratePress テーマより遅い方でトラフィックも多く消費する方です。

Kadenceテーマは GeneratePress テーマとスピードの面で似ています Kadence Proを使用すると、ブロックエディタでも簡単にカスタマイズでき、速度が重要な商用サイトの構築に効果的なテーマのようです。

GeneratePress テーマとKadenceテーマの違いについて、次の記事を参照してください。

GeneratePress テーマをKadenceテーマに変更しながら、次の点に注意を少し書きました。

  1. レイアウトを従来と同様に保つ
  2. 機能的な面でもできるだけ既存と同様
  3. Kadence無料版のみを使用したカスタム
  4. ツールメニューに登録されているツールを新しいテーマで機能するように変更

レイアウトは従来となるべく似たままにしようとしました。

Kadenceテーマで WordPress ブログリニューアル

無料版は機能が制限されているので、好きなようにカスタマイズするのは簡単ではありませんでした。しかし、無料版だけを使って比較すると、KadenceテーマがGPテーマに比べて扱いやすいようです。

Kadenceテーマでも高度な機能は有料版を使うべきだが、 GeneratePress テーマでは有料版のみ提供する一部機能をKadenceでは無料で提供しています。

サイトの速度が重要な場合 エレメント(Elementor)のようなページビルダーを使用しないことが有利です。エレメンタナ DiviテーマのDivi Builderなどを使用すると、サイトを簡単に作成できるという利点がありますが、ページビルダー自体がサイトの速度に影響を及ぼすしかない生まれつきの制限があります。

ブロックエディタの機能も今や大幅に改善されており、Kadenceテーマでは Kadenceブロックを使用すれば、ブロックエディタでも自由にカスタマイジングが可能です。

KadenceテーマをインストールしてKadence AI Starter Templatesプラグインを有効にすると ブロックエディタ(Gutenberg) または、エレメント用のテンプレートを読み込むこともできます。速い速度が必要な場合は、可能であればブロックエディタを使用してください。 Elementor同様に、無料版でもテンプレートが用意されており、ProテンプレートはPro版で利用できます。

クラウドウェイズからアプリケーション(WordPress)を複製してリニューアルテストを行いました。 Kadenceはカスタマイズする設定を エクスポート/インポートするオプション無料版でも提供しています。 (GPテーマの場合、有料版ではこの機能がサポートされています。)

テストが完了したら、テーマオプションをエクスポートしてインポート方法でKadenceテーマを適用しました。 Staging(Staging)サイトに複製して作業することも可能でしたが、カスタマイズするオプションをExportしてImportする方法に進むと、既存のテーマが適用された状態で新しい文を作成しながらサイト変更作業をテストできて大丈夫そうです。

目に見えるエラーや問題は修正しましたが、把握できないエラーがある可能性があります。奇妙に機能する部分やレイアウトが不思議な部分を見つけた場合は、コメントでお知らせいただきありがとうございます。

Kadenceの発音は確認してみると「ケイデンス」に近いですね。私たちの国のユーザーは、おそらく「カデンス」と呼ばれることが多いようです。このブログでKadence Themeをハングルで表記するときは、「ケイデンステーマ」または「カデンステーマ」を混用して使用できます。

2024年4月21日追加:もう一度 GeneratePress テーマに戻しました

Kadenceテーマを一時的に使用して再び以前のテーマであるGPに戻しました。ケイデンステーマの場合、無料版でもまともな機能を提供しているようです。

Kadenceテーマに変更した後、Googleサーチコンソールのナビゲーションパス、ディスカッションフォーラムなどで問題が発生しました。ナビゲーションパスは原因を特定してある程度解決しましたが、ディスカッションフォーラムの問題はどのように解決するのかわかりません。

Google 検索コンソールのナビゲーションパスの問題

ディスカッションフォーラムはゼロになりました。

Google検索コンソールディスカッションフォーラムの問題

GeneratePress テーマに戻りましたので、この問題が解決するかどうかをチェックして、解決できない場合はGoogleドキュメントを参照して措置を取るつもりです。

参照


4のコメント

コメント

    • このブログではいくつかのテーマが使われていました。 Diviテーマ、出版社、 Newspaper テーマ 背中を通って GeneratePress テーマを長く使ってきました。適当なテーマがあれば変えようと思っていましたが、今回しばらく時間をかけてケイデンスというテーマに変えてみました。新しいテーマを試してみたいという考えもあり、あるテーマを長く使ってみると少し飽きることもあるようです。

      応答
    • 長い間 GeneratePress テーマを使って、昨日Kadenceテーマに変更しました。現在はケイデンステーマの無料版が使用されています。

      応答
割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy