WordPress テーマとプラグインのローカライズする - Loco Translate

3

WordPressでテーマやプラグインの文字列を、ハングルや他の言語に翻訳する方法はいくつかあります。 PCプログラムを使用したり、 WordPress プラグインを使用することができます。

PC / Mac用のプログラムで poeditがあります。 PCやMacで言語ファイルを翻訳した後、 WordPressのテーマやフォルダの言語フォルダ(通常は:languagesフォルダ)にアップロードすることができます。

テーマやプラグインを頻繁に翻訳する場合Poeditプログラムを使用すると、より効率的に翻訳が可能です。 Poedit(無料)に翻訳メモリ(Translation Memory)の機能があります。 Poedit Pro版にはお勧めの翻訳を提示してくれる機能が搭載されています。 機械翻訳とそれほど信頼できるレベルではなく、Google翻訳ではなく、落ちたが、参考にすることはできています。

WordPress 管理者ページから直接翻訳する場合Loco Translateというプラグインを使用することができます。 このプラグインを使用すると、簡単にテーマやプラグイン、さらに WordPress コアファイルをハングルに翻訳したり、既存の翻訳を変更することができます。

[この記事は4年前に作成されたが、最近の状況に合わせて書き換えています。 最終更新 - 2019年3月7日]

Loco Translateを使用して WordPress テーマとプラグインをローカライズする

Loco Translateは WordPress.comストアに登録されている無料のプラグインです。 (このように便利なプラグインが無料なんてサンキューよ。)

WordPress 伝言板>プラグイン>新規追加をクリックして、「loco translate」で検索して、プラグインをインストールします。

WordPress ローカライズ

このプラグインをインストールして有効にすると、ダッシュボードに ロコ翻訳
メニューが追加されます。

WordPress ローカライズLoco Translateプラグイン

Loco Translate下にHome、Themes、Plugins、 WordPress、Languages、Settingsなど、いくつかの設定があります。

ホームをクリックすると、最近更新された言語ファイル、アクティブなテーマとプラグインなどを一目で確認することができます。

WordPress テーマとプラグインのローカライズする

この画面では、すぐに対応するテーマやプラグインの名前をクリックすると、翻訳することができるページに移動します。

Loco Translate> Themes メニューをクリックすると、現在のサイトにインストールされてすべてのテーマのリストが表示され、 プラグイン メニューをクリックすると、サイトにインストールされてすべてのプラグインの一覧が表示されます。 WordPress メニューをクリックすると、 WordPress コアファイルを翻訳することができます。

テストで Avadaの文字列を日本語に変えてみましょう。 Loco Translate> Themesをクリックします。

Avada テーマの翻訳する

インストールされてテーマのリストが表示されます。 Avadaをクリックします。

Avada テーマの翻訳する

上の画面の場合、現在の Avada テーマの一部の文字列が翻訳されて翻訳が19%完了したことを示しています。 韓国語の翻訳ファイルがない場合 New languageをクリックして、言語ファイルを新たに作成します。

WordPress Avada テーマの翻訳する

言語と言語ファイル(poファイル)が位置するパスを選択した後 翻訳開始をクリックすると、すぐに翻訳が開始されます。

Avada 言語ファイルの翻訳する

上記のような画面が表示されます。 1回画面で翻訳する文字列を選択します。 次に2回の画面で翻訳します。

翻訳は順次にしてもされ、必要なフレーズを検索したい文字列を翻訳してもされます。 文字列を検索するには、 Filter Translationsをに検索する単語やフレーズを入力します。

WordPress Avada テーマローカライズ

その後、その単語や語句を含むすべての文字列が表示されます。 翻訳したい行を選択(2)して、ターゲット・フィールド(3)に翻訳を入力します。 翻訳が完了したら、[Save]をクリックします。 その後、翻訳が保存されて適用されます。

右上のPO、MOアイコンをクリックすると、コンピュータに翻訳された言語ファイルをダウンロードすることができます。 保存した後、プラグインやテーマを確認してみると、その言語のUIで表示されます。 もし、その言語で表示されない場合は、キャッシュプラグインのキャッシュを消去してください。

Avada ローカライズ

昨年1月から Avada テーマローカライズを開始したが、まだ20%も完了していないしている。〓〓刺激がないため、進行が遅くね。 時間が飛ぶたびに少しずつ翻訳をしてみるつもりです。 いくつかの翻訳された Avada 翻訳ファイルは、以下の記事を参照してください。

メモ: WordPress 多言語翻訳プラグイン

ちなみに、英語、日本語、中国語など複数の言語で WordPress サイトを運営する場合、多言語プラグイン WPMLを使用することができます。 WPMLを使用する場合は、基本的に人間が翻訳がWPMLに自動翻訳機能が搭載されています。

WordPress サイトのコンテンツやプラグインUIなどを他の言語に翻訳する場合には、専門の翻訳サービスを利用します。 この場合、 この記事を参照してみてください。

参考1: 中国語、日本語、タガログ語、スリランカ語、パキスタン語、アラビア語、ドイツ語、ロシア語、ヒンディー語、インドネシア語、ベトナム語、カンボジア語、モンゴル語、トルコ語、オランダ語、ベンガル語、ウルドゥー語、ギリシャ語、フランス語、イタリア語、クロアチア語、デンマーク語、スペイン語、ポルトガル語などその他接しにくい言語での翻訳が必要な場合韓国語(ハングル)から直接、その言語に翻訳することが最も良いが、現実的に品質を保証することは容易ではありません。 この場合、韓国語から英語への最初の翻訳した後、特殊な言語に翻訳することが品質を保証することができる現実的な方法です。 珍しい語の翻訳が必要な場合は、「まともな多言語翻訳サービスをお勧め"を参照してください。

参考2: Loco Translateで翻訳するためには、テーマ開発者やプラグイン開発者が翻訳を行うことができるようテーマ/プラグインを作成します。 もしLoco Translateで翻訳が不可能な場合、JavaスクリプトやjQueryをstringを変更することができます。

var loginTranslate = document.querySelector('.login');
loginTranslate.setAttribute('data-tooltip', '로그인');
// 참고: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/Element/setAttribute

うまくいかない場合 ここでサービス(有料)を依頼することができます。

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント3件
  1. ジムノン

    助けがたくさんいます。 良いプラグイン紹介いただきありがとうございます。

    1. Word

      こんにちは? ブログを訪問していただきありがとうございます^^

  2. WordCracker

    POファイルを翻訳するもう一つの方法としてPC用のプログラムであるPoeditを利用することができます。
    特にPoeditは翻訳した内容を自主的に保存する機能があり、多くの翻訳した場合には、便利です。
    無料版と有料版があります。

    http://iwordpower.com/2016/07/how-to-update-po-file-in-wordpress/