WordPress ブログ開始

Last Updated:2024年06月10日| | 260のコメント

この WordPress 情報パッケージのブログには、 WordPress 使い方とトラブルシューティング、テーマやプラグインなど、さまざまなテーマの文章が載っています。 WordPress人気のオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)で、元の個人ブログのシステムで開始された、徐々に発展して、会社のホームページ、ショッピングモール、コミュニティ、専門的なパブリッシングなど、ほぼすべてのサイトの構築に広く使用されています。

この記事では、 WordPress(WordPress)を初めて初心者ユーザーのための入門書として機能することができるよう、基本ですが、理解すべき内容をまとめてみました。 WordPress インストールとテーマのインストールを含め、基本的に知っておくと便利な点などの総合的な内容を追加しようとしました。

記事全体を読むことで、このCMSツールの概念を学ぶことができます。特定の部門の情報が必要な場合は、下の目次または左側に表示される目次アイコンを使用して、目的の項目に直接移動できます。

初めて WordPressに触れるとすぐに WordPressを設定してブログ投稿を始めたい場合は、初心者のための WordPress ブログの設定方法「を参照してください。

[この記事は、2024年6月9日に最後に更新されました。 ]

WordPress CMSの市場シェア

WordPressは、世界中の10のサイトのうち4つ以上が WordPressで製作されるほどの人気を得ています。 CMS(コンテンツ管理システム)のシェアを確認してみる WordPressの影響力がますます拡大していることを確認することができます。

WordPressは 2019年3月の33.3%から2024年1月現在の43.1% 世界中のシェアで着実な増加傾向を維持しています。

WordPress 市場シェア
出典: w3techs.com

2018年にはJoomlaとDrupal、Shopifyそれぞれ2位、3位、4位を記録したが、今はShopifyが4.2%で2位を占めています。 Shopifyは、電子商取引の分野で最も多く使われているプラ​​ットフォームです(参照).

参考までに、簡単にサイトを構築することができる ウィックスの場合、2018年の1.0%から2024年1月現在の2.6%にシェアがXNUMX倍以上成長していますが、シェア自体はわずかです。 Wixはチョーディングも使えるほど簡単ですがSEOに弱い面があるので、小規模サイトや見せるためのサイトに適しています。

このように WordPressが人気を呼び、多くのWebホスティング会社の WordPress ホスティング商品を出したり、 WordPress 自動インストール機能を提供します。

ウィックスのようなサービスは、ランディングページやシンプルなサイトをすばやく簡単に作成できるという利点がありますが、SEOの観点から WordPressに比べて弱いと評価されています。 WordPressは エレメンページビルダーDiviテーマを使用してランディングページを簡単に作成できます。

WordPress 加入型と設置型の比較

WordPressに加入型と取付ができます。 加入型は WordPress.COMで無料または有料で登録して WordPressを利用することです。 設置型は WordPress.orgからインストールファイルをダウンロードし、Webホスティングサーバーにインストールして利用することです。 加入型と設置型を簡単に比較すると...

加入型(WordPressドットコム)と設置型まとめ

区分加入型(WordPressドットコム)置型
Webホスティングに参加するかどうかWordPress.comに参加
(ウェブホスティング WordPressドットコムから提供)
Webホスティングに参加
Webホスティング/料金制費用無料プランと6つのプラン
※トラフィックが事実上無制限なので訪問者数が多いサイトの場合、安く利用可能
訪問者数とトラフィック(帯域幅)によってWebホスティング費用が異なります。 訪問者が少ないと安価なプランが選択可能ですが、訪問者の数が増えると高いプランを利用。
使いやすさ登録後すぐに開始(WordPressがあらかじめインストールされています)。 プレミアム以下のプランではプラグインなどを設置できないので、若干のセッティングだけで起動可能。WordPress インストールプロセスが必要
(登録時に自動的に WordPressがプレインストールされるホスティングも多い)
拡張性*無料、スターター、エクスプローラプランではプラグイン/有料テーマのインストールはできません
*Creator(旧名称「ビジネス」)以上プランではプラグイン/外部テーマ設置可能ですが、設置型に比べて制約が多い
制約なし。 拡張性に優れ
収益化(AdSense)Creator未満プランでは不可。
Creatorプラン以上では AdSense 可能
可能
ドメイン接続有料プランでのみ利用可能
(ドメイン登録1年無料)
可能

シンプルなサイトやサイトの訪問者数が多い場合加入型を考慮することができます。 しかし、 WordPressのすべての機能を自由に活用したい場合マウントを選択することが楽することができます。 通常 WordPressとすると置型 WordPressに言及する場合があります。 ここでは、 置型 WordPressについて扱うようにします。

参考までに WordPressとして収益型ブログを運営する場合 GeneratePressのようにシンプルで高速なテーマを使ってブログを作成できます。 WordPress セッティングとテーマセッティングが複雑すぎて難しく感じる場合 GeneratePress テーマで WordPress ブログ設定の例 記事を参照して設定を試すことができます。またはGPテーマの設定で問題が発生した場合は、事前設定された設定を適用するサービスを提供しています。参照).

WordPressドットコム(加入型 WordPress) プロモコード

WordPressドットコムを利用したい場合 このリンクをクリックしてサインアップし、次のコードを入力すると30%割引を受けることができます。 (下のボタンをクリックすると割引コードがコピーされます.)

WordPressとティーストーリーの比較

ティーストーリーは、カカオが提供する無料のブログシステムで、ブログを始めるのに最適なオプションです。

区分WordPress寀ー
ウェブホスティングWebホスティングに参加する必要があります不要(ティーストーリー側から提供)
コスト有料무료
使いやすさWordPress インストールとセットアッププロセスが必要(最近 WordPressがプレインストールされるウェブホスティングが多い)加入後若干のセッティング後に開始可能。 使いやすさ
拡張性拡張性に優れている(制約なし、さまざまなプラグインが利用可能)機能拡張性が低下する
収益化(Google AdSense)可能可能(ティーストーリー独自の広告が新設され、本文の上部または下部に組織の独自の広告が表示されることがあります)
ドメイン可能セカンダリドメイン(プライベートドメイン)接続可能
バックアップさまざまな方法でバックアップ可能カカオデータセンター火災事件後のバックアップサービスの復活。 一度バックアップすると30日間新規バックアップ不可。 ティーストーリーバックアップを使用して WordPress 引っ越し可能(参照)
セキュリティ上の問題Webホスティングではある程度セキュリティを提供するが、最終責任はユーザーにあるので定期的にバックアップすることが安全だ。 サーバー設定やセキュリティプラグインでセキュリティ強化ティーストーリー側でセキュリティを担当するので心配する必要はありません
構築可能なサイトブログ(収益化ブログを含む)、企業サイト、教育用サイト(珠江サイト)、ショッピングモールなどほぼすべてのサイト製作可能ブログ(収益化ブログを含む)
特徴* Googleによく公開されている方
*初期に Naverに露出がうまくいかない可能性があります
*テーマを使用してレイアウトを変更する(多数の無料/有料テーマが利用可能)
*プラグインを使用して機能を拡張しやすい(多くの無料および有料プラグインがあります)
*カスタム簡単 - CSS/PHP/Javascript... (WordPressで提供するフックが利用可能)
*チャイルドテーマを使用してテーマが更新されても修正を維持
*次の検索エンジンによく公開
*低品質になると訪問者数が急減
*初期に Naverに露出がうまくいかない可能性があります
* Googleにもよく公開される方ですが WordPressではなくSEOの面で弱い
*スキンを使用してレイアウトを変更可能(スキン数が制限されている)
*スキンファイル編集可能 - HTML/CSS/Javascript
*スキンが更新されると修正が消えます。

ティーストーリーは無料という点が最大のメリットであり、トラフィックをティーストーリー側で監禁するため、訪問者数が増えても追加費用がかからないメリットがあります。

軽くブログを始めたい場合は、ティーストーリーがまともな選択肢になることがあります。 より大きな規模のサイトを運営したい場合や、自由にサイトを作りたい場合 WordPress良いオプションになることができます。 両方を操作するのも良い方法かもしれません。

WordPressをティーストーリーのように簡単にサイトを作って管理したい場合 Cafe24のブログホスティングや WordPressドットコムの加入型 WordPressを考慮することができます。自由度が落ちますが、ティーストーリーのように簡単にサイト運営が可能です。

WordPressでどのサイトを作成するかに応じて簡単に始めることができますが、複雑なサイトを作成したりカスタムが必要な場合は、ある程度の学習が必要になる場合があります。 WordPressについて質問があり、回答を受けることができるプログラムを用意しました。 これにより試行錯誤を減らして時間を節約できると思います。 詳細については、下のバナーをクリックして確認できます。

WordPress メンテナンスサービス

WordPress 開始する

ホームページを運営するには何が必要ですか?

WordPress はじめに - ホームページ、ドメイン、Webホスティング関係

ホームページを家だと思うことができます。 家を建てるには土地が必要です。 地上に家を持ち上げると、家に人々が訪れるように住所を教えなければなりません。

WordPressは、ホームページを作成するツールの一つと考えることができます。 ホームページはファイルで構成されており、これらのファイルはサーバー内の特定の場所に保存されます。 サーバーを直接運営することもできますが、個人が運営するのは容易ではないため、ウェブホスティングサービスを通常利用します。 Webホスティングサービスを使用すると、サーバー内の一定のスペースが割り当てられます。

ドメインを登録して接続すると、ユーザーはインターネットブラウザウィンドウでアドレスを入力するか、検索エンジンで検索してあなたの家(ホームページ)を見つけることができます。

ドメインは通常年間単位で登録でき、費用は年1~2万ウォン程度です。

ドメイン登録やWebホスティングサービスに登録

WordPressを利用することにした場合は、まずドメインを定めて、Webホスティングサービスを申請します。 ドメインは、Webホスティングサービスを申請して登録してもされて、またはドメイン登録代行機関から直接ドメインを登録した後にWebホスティングサービスを申請し、接続します。

安価にドメインを登録する方法は、 この記事を参考にしてみてください。

既にドメインが登録されている場合は、Webホスティングサービスに加入した後に、ドメインのネームサーバ情報を、ウェブホスティング会社の情報に変更してくれればされます。

WordPressを利用するために WordPressがインストールされてホストされて空間(サーバー)が必要です。 独自のサーバーを保有している場合は、直接サーバーを設定して WordPressをインストールします。 通常は、Webホスティングサービスを利用するようになるでしょう。

コスパ比の良いホスティングでは国内ホスティング Cafe24と海外ホスティングで FastCometのようなホスティングを利用できます。ブログを開始する段階の場合、XNUMXつのサイトを運営する場合 Cafe24の低価格商品もまともな選択かもしれません。複数のサイトを運営する場合は、FastCometやクラウドウェイズなどのサービスがまともな選択肢かもしれません。より高速なホスティングが必要な場合は、AWS、Vultrなどのサーバーを簡単に管理できます クラウドウェイズを考慮してみることができます。

※海外ホスティングでは通常年中無休ライトチャットを提供しますので、ご質問がある場合は早めに解決できます。もし英語に関して助けが必要な場合は、この記事のコメントに載せていただければ(コングリッシュですが)お手伝いさせていただきます。

Cafe24 サインアップ時 この記事に含まれているリンクをクリックして登録すると、このブログと Naver カフェ 操作に役立つことができます。

📍 クラウドウェイズの加入方法(+ Cloudwaysプロモコード、割引クーポンコード)

WordPress インストールする

最近、ほとんどのWebホスティングでアカウントを作成すると同時に WordPressが自動インストールされます。 クラウドウェイズの場合、サーバーを作成してアプリケーションを追加すると、 WordPressがインストールされます。

Cafe24またはクラウドウェイズなど、一部のホスティングでは一時アドレスが付与されます。 一時住所から WordPress サイトを作成したら、実際のドメインにアドレスを変更したり、すぐにドメインをリンクして作業したりできます。

ドメインのネームサーバーを変更するか、DNS情報を変更してWebホスティングサイトにドメインを接続できます。 ドメインのDNS情報の変更に関するサポートが必要な場合は、ドメイン登録者に連絡してください。

※登録する過程で他のドメイン代行登録メーカー(例えば、ガッビアーノ、 Cafe24 など)で登録したドメイン名を入力するか、後日ドメインを追加する場合は、ドメインのネームサーバー情報を新たに加入しているWebホスティング会社のネームサーバ情報に変更する必要があります。 DNS情報が新しいネームサーバーの情報に完全に変更されるまで 24時間で48時間かかりことができます(参照).

WordPress サイトにログインする

WordPress 管理者ページにアクセスするには、管理者IDとパスワードが必要です。 Cafe24の場合、通常はアカウントIDとDiveパスワードを入力してログインできます。 クラウドウェイズの場合 アプリケーション管理 ページの アクセスの詳細で管理者アドレスと管理者のユーザー名とパスワードを確認できます。

クラウドウェイズ WordPress ログイン情報を確認する

一般的に、 WordPress 管理者ページのURLは次のとおりです。

https://example.com/wp-admin

ログインページが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力してログインできます。

WordPress ログインページ

サイトにアクセスすると、最初のサイトの言語を韓国語で変えるようにします。 設定>一般をクリックして、 サイトの言語を」韓国語「に変更して保存します。 タイムゾーンSeoul(UTC + 9)に設定することができます。 (そのままで時間帯が英国時間帯で表示されます。)

Bluehost サイトの言語設定

ユーザー>プロフィールで「パスワードを生成」をクリックしてパスワードを変更できます。

WordPress パスワードの変更

ログインするために困難を経験するなら、 次の記事を参照して、パスワードをリセットしてください。 パスワードをリセットした後、ログインしてパスワードを複雑に変更してください(大文字と小文字、数字、特殊文字を含む)。

admin、administrator、サイト名で、管理者IDを設定すると、セキュリティ上の危険ですので、別の名前で選択してください(WordPressで、管理者IDを変更してセキュリティを強化する を参照)。

Jetpackの (ジェットパック)を使用している場合は、たまにログインができない問題が発生したりします。 その場合は、FTPに接続して / WP-コンテンツ/plugins/ジェットパック フォルダを削除すると、問題が解決されています。 FTPの使い方は ここを参照してみてください。

*サイトが完了するまで工事中に表示されるようにしたい場合 この記事で紹介するプラグインを使用して工事中の表示をすることができます。 無料のプラグインですが、フレーズを必要に応じて指定することができ、画像も変えることができます。

会員登録機能を無効にする

会員制サイトを運営していない場合は、会員登録機能を無効にすることをお勧めします。

設定 » 一般 » メンバーシップ セクションで 誰でも参加することができます チェックボックスの選択を解除すると、会員登録機能が無効になります。

会員登録機能を有効にする場合は、新しいユーザーの基本的な役割をデフォルトのオプション「サブスクライバー」にしてください。 「書き込み」に設定すると、サインアップ直ちに書き込みができるようになります。これにより、スパムメンバーが参加してスパム投稿を作成することもできます。会員評価は管理者が変更できます。

メンバーシップサイトを運営したい場合は、下記の「会員制サイトを運営する」セクションをご覧ください。

WordPress テーマを選択する

今のテーマを希望テーマに変更したり、インストールするようにします。

デザイン » テーマに行き、新しいテーマを追加「」をクリックします。

WordPress テーマのインストール

WordPress 6.5にアップデートされて 外観の翻訳デザイン」に変更されました。 WordPress 6.5より前のバージョンでは、「外観」が主に使用されていました。バージョンによって用語が少しずつ異なる場合があります。 デザイン=ルックス=外観=テーマデザイン。この記事では、「デザイン」、「外観」、「テーマデザイン」が混在したUIを使用できます。

WordPress 5.9以上では WordPress インストール時にTwenty Twenty-Twoテーマがデフォルトで選択されている可能性があります。 このテーマは最初のブロックベースのテーマです。 フルサイト編集(Full Site Editing)機能を提供しますが、機能が期待に満たない可能性があります。 このテーマが選択されている場合は、他のテーマ(無料または有料)に変更してください。 そして、アクティブ化されたテーマに加えて、基本テーマをXNUMXつだけ残して、他に使用しないテーマはすべて削除することがセキュリティ上望ましいです。

WordPress ルックスページ(テーマデザイン)
이전 WordPress バージョンでは「デザイン」の代わりに「ルックス」が使われている。

「新しいテーマを追加」をクリックすると WordPresss.orgで提供する無料 WordPress テーマを選択する画面が表示されます。

WordPress テーマのインストール

人気タブをクリックすると、2024年4月4日現在、6299テーマが人気テーマリストに掲載されています。 「テーマ検索...」で目的のテーマを検索することもできます。

* 参照:テーマインストールファイルをzipファイル形式でダウンロードした場合は、上の画面で上部の「テーマアップロード「ボタンをクリックしてテーマファイルを直接アップロードしてインストールできます。

好みのテーマにマウスを置くと、プレビューをクリックして、適用された状態をプレビューすることができます。

WordPress 無料テーマのインストール

好きなら「インストール「をクリックしてインストールします。

WordPress テーマのインストール -  Hestia

インストールが完了したら、上記のようにインストール済み「が表示されます。」有効「」をクリックするとテーマがこのテーマに変わります。今、サイトを更新してみると、今アクティブにしたテーマが適用されていることが確認できます。

WordPress 管理者ページメニューを発見

WordPress管理者権限でログインして接続すると、次のような管理者ページのメニューが左側に表示されます。

WordPress お知らせメニュー
WordPress 伝言板

上の図は基本的な管理ページメニューを示しています。テーマとプラグインをインストールすると、管理ページメニューに項目(たとえば、上の図のRank MathとBBQ Pro)が追加されることがあります。

各項目をクリックして、必要な作業を行うことができます。 通常のアイテムの名前を使用して機能を推測することができます。

前述したように、 WordPressが更新され、いくつかの基本的なメニューの翻訳が頻繁に変更されています。 WordPress バージョンに応じて、 テーマのデザインルックス, 外観 などの用語が使用されることができ、 カスタマイズする飾るで表示されることがあります。

基本的な管理者ページのメニュー項目

  • 伝言板 - ホームとアップデートのサブメニューがあり、ホームでは、全体的なサイトの現状を確認することができます。 アップデートは、更新可能なテーマとプラグインのリストが表示され WordPress コア、テーマ、プラグインを更新することができます。 (有料テーマとプラグインは、場合によっては、ここでの更新がない場合があります。)
  • - 投稿(投稿)を管理して新たに追加できます。 そして、カテゴリやタグを追加、削除できます。
  • メディア - WordPress メディアライブラリにアップロードされた画像を表示し、管理することができ、新たな画像ファイルなどをアップロードすることができます。 文やページを作成するときに画像をアップロードすると、メディアライブラリにアップロードされます。
  • ページ - ページを管理し、新しいページを追加できます。 ページにはカテゴリとページはありません。
  • 댓글 - ポストとページについたコメントリストが表示されます。 コメントを承認、削除、編集できます。
  • デザイン (WordPress 6.5より前のバージョンでは、ルックス')
    - テーマ :テーマを活性化、インストール、または削除することができます。 テーマのインストール方法は、 ここを参照してみてください。
    - カスタマイズする (WordPress バージョンに応じて飾る'): テーマのオプションを指定できます。 テーマによって含まれるセクションが異なります。 サイトのアイデンティティ、ヘッダー、メニュー、ブログ、カテゴリ、フッターなどテーマの全体的な事項を設定できます。
    - ウィジェット :サイドバー、フッターなどのウィジェット領域にウィジェットを追加すると、削除することができます。
    - 메뉴 :メニューを作成し、メニューの位置を指定するなど、メニューに関連するタスクを実行することができます。 メニュー位置はテーマによって異なります。
  • プラグイン - プラグインを追加(インストール)、削除、有効、無効にできます。 プラグインのインストール方法は ここを参照してください。
  • ユーザー - すべてのユーザーのリストを確認し、ユーザーを追加、削除できます。 そして、「自分のプロフィール」で自分のプロフィール情報を変更し、アカウントのパスワードをリセットできます。
  • 도구 - WordPressで使用可能なツールが表示されます。 エクスポート/インポートを使用してサイトのコンテンツをエクスポートして別の場所に移転することができます。 サイトの状態では、サイトの状態に関する情報を確認することができます。 サイトのパフォーマンス、セキュリティ、改善のための推奨事項も確認することができます。 サイトエラーが発生すると、サイトのツールでエラーがないことを確認して是正することができます。
  • 設定 - WordPress サイトの一般的な設定(サイトのタイトル、サイトのアドレス、言語、タイムゾーン、日付と時刻の形式など)、書き込み、読み込み、討論(コメント)関連の設定を指定することができます。

前述のように使用しているテーマとインストールされてプラグインに応じて、管理者ページのメインメニューに追加項目が表示されることがあります(例えば、 ポートフォリオ メニュー、 設定 下にプラグインの設定ページ項目)。

WordPressでテーマオプションを デザイン(ルックス) 下に移動することをお勧めしますが、一部のテーマでは Theme Options(例: Avada) または Theme Panel(例: Newspaper)などの名称で、別のメニューで管理している場合もあります。

まず、全体的にどのようなメニューと設定があるかめぐり慣れチェッカーください。

通知パネルの色の変更

通知パネルの色はデフォルトで黒系です。 必要なら ユーザー>プロフィールをクリックして、管理カラースキームでカラースキームを変更できます。 現在 明るい、モダン、ブルー、コーヒー、心霊体、真夜中、海、日の出 などのカラースキームオプションがあります。

WordPress 通知パネルのカラースキームの変更

管理者ページのメニュー配置を変更したい場合は、以下の「管理者ページをカスタマイズする - WHITE LABEL CMSプラグイン」セクションを参照してください。

生産性向上ツールAssistant

初めてWPの管理者ページにアクセスされる場合、見知らぬインターフェースに動揺することができています。 人気ページビルダーである ビーバービルダーを開発したチームによって作成された生産性ツールであるAssistantプラグインを使用すると、管理者ゾーンにアクセスせずにフロントエンドで不可欠なタスクを実行できます。 詳しくは「WordPress 生産性ツール - Assistant プラグイン (feat. Beaver Builder)「を参考にしてください。

管理者ページをカスタマイズする - White Label CMS プラグイン

管理者ページを特定のクライアントのニーズに合わせて変更する必要があります。 たとえば、ダッシュボードと、ログインページに表示される WordPress ロゴをお客様のロゴに交換するよう依頼する場合は、White Label CMSプラグインを使用できます。 このプラグインを使用すると、クライアントに表示されるメニューをカスタマイズすることもできます。 詳しくは「通知パネルの変更 - White Label CMS(+管理者ページのカスタム)」を参照してください。

WordPress 文/ページを作成する

記事を書く - クラシックエディタ&ブロックエディタ(Gutenberg)

投稿(投稿)、ページなどのコンテンツと各種設定(ウィジェット、メニュー、設定メニューの下の設定など)はDBに保存されます。記事やページを作成するときにどのようなプロセスを経てブラウザに表示されるのか気になる場合は、次の記事を参照してください。

WordPressはポスト(文)とページにコンテンツを作成することができます。 ポストとページは似ていますが、ポスト(Post)は、寀ーブログや Naver ブログで作成するブログ記事と似ています。 ポストは、通常のブログのページで最新の日付を基準にソートされて表示され、カテゴリとタグを持つことができます。

これに対し、Pageは時間にこだわらず静的です。 「会社紹介」ページなど、サイトに常に表示されるコンテンツは、ポストではなくページで作成する方が適しています。 投稿とページの違いの詳細については、次の記事を参照してください。

WordPressカテゴリとタグは分類(Taxonomy)の一種で両方文を分類する目的で使用されます。 ほとんどのユーザーは、カテゴリとタグを何気なく作成して使用されます。 SEOに有利になるようなカテゴリとタグを効果的に使用する方法を グーグル上位表示を妨害する間違ったカテゴリとタグの使用で参考します。

[Gutenberg 使用: WordPress 5.0以降のバージョン] - 推奨

WordPress 5.0 2018年12月6日(韓国時刻で12月7日)にリリースされました。 WordPress 5.0には、 Gutenbergというビジュアルエディタ(ブロックエディタ)が基本的な文のエディタを置き換えます。 WordPress 4.xバージョンを使用する場合、または古典エディタを使用する場合は、以下の「古典的なエディタの使用「を参照してください。

Gutenberg(Gutenberg)エディタを使用すると、クラシックエディタ(デフォルトのエディタ)より便利に文の作成が可能です。 Gutenbergが最初に少し不安定だったが、2020年8月11日に公開された WordPress 5.5バージョンではインターフェイスがモダンに変わり、機能も大幅に改善されました。 エディタに関して問題が発生した場合は、「古典エディタ」プラグインをインストールして、基本エディタとして古典エディタを使用できます。

2021年3月に WordPressが5.7バージョンに更新され、ブロックをドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ方式でブロックをポストに挿入することができる機能が追加さされて文をさらに容易に作成できるようになりました。

参考までに Gutenberg エディタは、ブロック単位でコンテンツを追加して使用することができ、このため、ブロックエディタ(Block Editor)とも呼ばれます。 下のビデオを介しておおよその使用を確認することができます。 下のビデオは、 WordPress 5.5以前のバージョンを基準にしたものであるが、基本的な使い方は似ています。

エレメンページビルダーのようなページビルダーを使用している場合、ページはページビルダーで作成することができますが、ポスト(文)は、デフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することが望ましい。

ページビルダーはサイト作成を便利にしますが、XNUMXつ以上のページビルダーを一緒に使用すると問題が発生します。 例えば、 Avadaの場合 Avada ビルダーというビルダーが搭載されています。 Avada テーマにエレメントを一緒に使用しないでください。 同様に Newspaper テーマ江戸tagDiv Composerという独自のビルダーがあるので Newspaperエレメントや他のページビルダーを一緒に使用すると、競合の問題が発生し、サイトが遅くなる可能性があります。

ブロックエディタで文を作成するには、 記事>新たに追加をクリックすると、新しい記事を作成する画面が表示されます。 ページを作成するには、 ページ > 新規追加(または 新しいページを追加)をクリックします。 既存の投稿やページを編集したい場合は、投稿の場合 記事>すべての記事で編集したい投稿のタイトルの上にマウスを置いて「編集」をクリックし、ページの場合 ページ>すべてのページで編集したいページのタイトルの上にマウスを置き、[編集]をクリックします。

WordPress ポスト編集する

次は、 記事>新たに追加をクリックしたときに表示される新しい記事作成画面です。 ページの作成画面は、この少し異なりますが、使用方法は同じです。

WordPress 記事作成画面
  1. 上部のツールバーには、一番の左側のに ブロックの追加 アイコンがあり、その隣に 도구 アイコン、元に戻すとやり直しアイコンが表示されます。 そして右側には、プレビュー、公開アイコンがあり、横の設定アイコン(歯車のアイコン)をクリックすると、下の文書/ブロックサイドバーが表示されるか、または非表示になります。 右端のY字型のアイコンは、Yoast SEOをインストールしたときに表示されます(このプラグインをインストールしていないと表示されない)。
  2. タイトルを入力します。
  3. 本文のコンテンツを作成します。 ブロック単位で追加して記事を作成することができます。
  4. ドキュメントのプロパティブロック属性 パネルです。 ドキュメントのプロパティには、一意のアドレス、カテゴリ、タグ、特性画像、要約、ディスカッションなどが表示されます。 ブロック属性には、選択したブロックに関連する属性が表示されます。

カテゴリに「未分類」(または「未分類」)がデフォルトで設定されている場合WordPressで「未分類」のカテゴリを削除する方法「を参照して「未分類」カテゴリを削除できます。

属性画像に画像を設定すると、最新の記事リストやカテゴリページ/タグページなどのアーカイブ(アーカイブ)ページで、個々の記事の特性画像がサムネイルで表示されるように、書き込み時に特性画像(記事などでは「代表画像」という用語)として使用されます)を是正してください。

文を作成するには、タイトルを入力して 書き込みを開始するか/キーを押してブロック選択 部分で文を入力します。 画像やHTMLコード、YouTubeビデオ、コードなどを入力するには、ブロックの横のプラス(+)アイコンをクリックします。

ヒント: Gutenbergで提供されるショートカットを使用すると、書き込み時間を短縮できます。ブロックを挿入するときにも、段落ブロックでスラッシュ(/)を入力し、ブロック名(「/イメージ」など)を入力してブロックを簡単に追加できます。

これにより、最近に選択されたブロックを選択するポップアップが表示されます。

ブロックの追加

必要なブロックがない場合は、ブロック検索でブロックを検索できます。 ブロック名がハングルに翻訳されている場合はハングルで検索し、そうでない場合は英語で検索します。 たとえば、ボタンを追加したい場合は「button」で検索します。 (このブロックはまだハングル化されていませんが、後でハングルに翻訳されます。)

WordPress Gutenberg ブロック検索

希望のブロックを見つけることができない場合は、以下の Browse all(すべてを表示)をクリックするか、上部ツールバーの左端にある Add Block(ブロックの追加) アイコンをクリックすると、全ブロックのリストが表示されます。

WordPress ブロックエディタ - ブロック全体

パターン タブをクリックすると、あらかじめ作成されたパターンを選択することができます。

WordPress 5.5  - ブロックエディタパターン

WordPress 5.5にアップデートされ、ブロックエディタのインターフェイスと機能が大幅に改善されました。 ますますページビルダーに似ていくようです。 使い方はそれほど難しくありません。 少し時間を割いて触ってみると簡単に適応が可能になります。 ブロックエディタが Naver ブログと似たという方もおられるんです、使ってみると、はるかに強力であることを知るのです。

Tip: 文章を作成するときに前の文章リンクを追加したい場合は、リンク先のテキストを選択した後 Ctrl + Kを押して前の投稿のタイトルを入力して選択できます。

メモ: Gutenberg ギャラリーブロックを使う

画像をギャラリー形式で一覧表示する場合に便利です。 ギャラリー設定で列数を指定できます。 より洗練されたギャラリー機能が必要な場合 ギャラリープラグインを使用することができます。

[Gutenberg エディタを無効にする]

WordPress バージョン5.0以降に統合された Gutenberg エディタを使用せずに、古典エディタを使用する場合 ダッシュボード>プラグイン>新規追加から」クラシックエディタ「(クラシックエディタ)を検索してインストールします。

古典的なエディタ -  WordPress

このプラグインをインストールすると、 設定>を書くクラシックエディタが Gutenbergを完全に置き換えるかどうか、または基本的にブロックエディタ(Gutenberg)を使用して、古典的なエディタを使用するためのリンクをオプションで追加するかどうかを選択することができます。

WordPress 古典ピョンジプギグァBlock Editorを選択
古典的なエディタをインストールする場合は[設定]>を送るページで、既定のエディタを選択することができる。

ユーザーがエディタを変更できるようにするには、「Allow users to switch editors」を「Yes」に設定し、そうでない場合は「No」を選択します。

WordPress 5.0以降のバージョンで Gutenbergが問題を起こす場合には、プラグインをインストールして古典的なエディタを使用することができます。

【古典エディタの使用]

WordPress 5.0以下のバージョンでは、古典的なエディタ(クラシックエディタ)がデフォルトで使用されます。 Gutenberg エディタを使用している場合は、上記の「Gutenberg 使用「を参照してください。 WordPress 5.0以降のバージョンでクラシックエディタを使用する場合は、上記の「Gutenberg エディタを無効にする「部分を参考にして Gutenbergを無効にして古典的なエディタをインストールすることができます。

WordPress 管理者ページで 記事>新たに追加(新しく記事を書く)をクリックします。

WordPress 記事を作成する
  • (1)タイトル
  • (2)文の内容
  • (3)カテゴリーの追加/選択
  • (4)タグを追加
  • (5)の特性イメージ(サムネイル)を追加
  • (6)文の発行

ちなみに「特性画像」(あるいは WordPress バージョンに応じて「代表イメージ」)を指定しなければ、サイトの最初のページ(前面ページ)とカテゴリなどのアーカイブページにサムネイルが表示されるように設定されている場合、サムネイルが表示されます。 属性画像を指定しないと、サムネイルが表示されないか、テーマによってテーマで指定された基本画像(No Imageというフレーズの付いた画像など)が表示されます。

カテゴリー(6)は、ここで選択するか、新しいカテゴリを追加してもされるが、 伝言板>文>カテゴリーで事前のカテゴリを設定した後に記事の編集画面で、カテゴリを選択してもされます。

ちなみにカテゴリーで「未分類」(以前 WordPress バージョンでは「分類されていません」)がデフォルトで設定されており、このカテゴリを削除することはできません。この場合、次の記事を参考に、「未分類」(または「未分類」)カテゴリを削除できます。

上の図には見えませんが、文の形式を指定するボックスが表示されることがあります。 その場合 文の形式は、通常、 標準で指定します。 画像、ビデオ、引用などの文の形式を選択することができます。 実際のサイトに表示されるレイアウトは、テーマに沿って差があります。

文を書いて満足していれば」公開「」をクリックして文章を発行することができます。

WordPressを適切に使用するためには、まず書店での基本的な WordPress 本を一つ購入してみることをお勧めします。 本見るとして WordPressを急によく対処するかではありません。 しかし、基本的な使い方を知らない状態で起動すると、多くの試行錯誤を経ることができます。

※注:テーマに沿って独自のページビルダーや Visual Composer(現在の名称「WPBakery Page Builder」)または Elementorのような外部のページビルダーが使用されています。 ページビルダーを使用すると、コーディングの知識が不足しても、サイト制作が容易になります。

通常のページの作成時には、ページビルダー(使用されている場合)を利用すると便利です。 文(ポスト)を作成する際には、 WordPressに搭載されたデフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することをお勧めします。 このブログに現在適用されて Newspaper テーマは、独自のページビルダーであるtagDiv Composerプラグインが搭載されています。

予約文発行する(予約投稿)

あらかじめ書いておき、将来の特定の時間に発行する予約ポスト機能を利用できます。 SEOの面では、一度に複数の文を発行するよりも一定間隔で文を公開する方が有利です。 平日に文章を書く時間がない場合は、週末や休日に複数の文章を作成し、平日に予約を発行するようにすれば、SEOに好まれます。 詳しくは「WordPress 予約投稿の方法「を参考にしてください。

パターン(再利用可能ブロック)の使用

メインエディタ(ブロックエディタ)でページや記事を作成するときは、特定のブロックを他の場所で再利用する必要がある場合があります。そのような場合は、ブロックエディタのパターン(以前の名前「再利用可能ブロック」)機能を使用できます。ボタンやバナーなど、繰り返されるブロックを他のページやポストで再作成することなく呼び出すことができます。

ボタンブロックの使用

ティーストーリーなどではHTML / CSSを使用してボタンを作成して挿入しますが、 WordPressでは、ブロックエディタ(Gutenberg)で提供されるボタンブロックを使用して簡単にボタンを作成できます。また、CSSクラスを指定してカスタムボタンを作成できます。

また、ボタンを作成してパターンとして保存することで、好みのスタイルのボタンを好みの場所に簡単に追加できます。

詳細情報/要約ブロックの使用

ブロックエディタ(Gutenberg)にはトグル/アコーディオン機能はありませんが、サンセ情報ブロックを使用して同様に実装できます。

たとえば、次の要約文をクリックすると詳細情報が表示されます。

トグル/アコーディオン機能

エレメントページビルダー、 Avadaの Avada ビルダーなどでは、コンテンツ展開/折りたたみが可能なトグル/アコーディオン機能が提供されます。

ブロックエディタにはアコーディオン/トグルブロックはありませんが、2022年10月から詳細情報/要約ブロックを導入しました。このブロックはトグル/アコーディオンと同様に機能します。

詳細情報ブロックの詳細については、次の記事を参照してください。

SEOに適した文章を作成する

WordPressはSEOに最適化されているが、過去1〜2年の間に競争が激しく、検索エンジンで目的のキーワードで上位にさらされている時間が、数年前より時間が長くかかることがあります。

WordPressには、検索エンジンでよく露出されている文を作成するのに役立つさまざまなSEOプラグインがあります。 Yoast SEO、All in One SEO Pack、Rank Mathなどのプラグインを利用してみることができます。

Yoast SEOやRank Mathには、検索エンジンの露出を助けるSEO分析機能を提供するために活用すると、検索エンジンの検索結果で上位ページに検索されている時間を短縮させることができるでしょう。

フロントページ設定する

今 WordPress サイトをブラウザで見ると、テーマによって差がありますが、通常、最新の記事の一覧が最初のページに表示されています。

この場合、最初のページ(フロントページ)に表示するページを一つ作成させます。 ページは ページ > 新規追加 (WordPress バージョンに応じて、 「新しいページを追加」)で作成でき、文章の作成に似ています。 投稿のタイトルを「Home」または希望の名前で指定します。

Elementor ページビルダーを使用している場合 ページ > 新規追加で新しいページを作成し、ページテンプレートなどを指定して保存します。 次に、エレメント編集アイコンをクリックして、エレメントでページ編集画面を開き、テンプレートを読み込むことができます。 この記事の「エレメントプロテンプレートを読み込む」を参照してください。

そして、ページをもうXNUMXつ作成し、何もせずに保存します。 文題を便宜上」Blog「と指定します。

フロントページは、サイトの顔であるため、気を使わなければならなります。 ブログサイトの場合は、ブログのように、最新の記事が表示されるようにすることも、まともな方法です。

"ホームページを表示「が」最新記事「」に設定すると、最初のページに最新の記事のリストが表示されます。ただし、テーマによってそのレイアウトが異なります。

もし最初のページに表示するページを一つ作って、フロントページに設定する場合は、伝言板の 設定 » 読むでホームページ表示を「静的なページ「で選んで」홈페이지「をHome(または別のページ)に、」記事ページ「 Blogで指定してください。

WordPress 読むの設定

その後、サイトのホーム(例えば、 http://www.example.com)には「ホーム」ページが表示され、「Blog「ページ(例: http://www.example.com/blog)には、最新の記事が表示されます。

ページレイアウト作業をすることができウォルヒするために Elementor 同じページビルダーを使用することもできます。

WordPress ページ/記事の編集

WordPress ページ/記事の変更方法

WordPress ページや文章を作成している下書きとして保存したが、後で引き続き作成したり、作成した後に変更することができます。

ページを変更するには ページ>すべてのページに移動します。 これにより、すべてのページのリストが表示されます。 変更する文のタイトルの上にマウスを置くと隠されていたメニューが表示されます。

WordPress ブログ開始する4

編集]をクリックしてページを編集することができます。 ページビルダーで作成された場合は、ページのタイトルの横にページビルダーの名前が表示されます。 ページビルダーで作成した場合 Edit with ページビルダー名(例えば、 エレメンページビルダーの場合 「Edit with Elementor" または単に 「編集する」)をクリックします。

また、他の方法で記事を編集する権限を持つユーザーとしてログインし、次の変更のページや記事を訪問します。 その後、上部のツールバーに[編集]リンクが表示されます。

WordPress ブログ開始する5

ページの編集をクリックすると、デフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)で編集が可能で、 で編集 Elementor(エレメンターバージョンに応じて」編集する「)をクリックするとページビルダーで編集されます。

文も同様の方法で編集が可能です。 記事>すべての記事で修正したい文のタイトルの上にマウスを置く編集リンクをクリックして編集したり、当該文をブラウザでアクセスして上部のツールバーの この記事を編集をクリックして変更します。

ページビルダーを使用する場合の注意事項

ページビルダーを使用すると、コーディングの知識がなくても簡単にプロのデザインのページを作成することができますので、多く使用されてきています。 ページビルダーは、ページの編集に主に使用して、文(ポスト)作成時には、基本的なエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することが望ましい。

ページビルダーを使用して文を作成する場合は、後日ページビルダーを使用していないか、または他のページビルダーを使用しているテーマに変える場合、問題が発生します。

たとえば、 Elementor ページビルダーで書いた Avadaナ Enfold テーマに変えるなら Elementorを無効にすると、記事に多数の汚れたコードが表示されます。 それから Elementor一緒に使用する必要がありますが、ページビルダー自体が重いため、XNUMXつのページビルダーを使用するとサイトの速度に悪影響を及ぼし、ビルダー間でクラッシュする可能性があります。

したがって、ポストを作成する際には、可能な場合は、デフォルトのエディタを選択してください。

PDF文書などのメディアファイルのアップロード/ダウンロード方法

PDFなどのメディアファイルをアップロードして訪問者がダウンロードできるようにリンクで提供したい場合は、ダウンロードプラグインを使用すると便利ですが、ダウンロード機能を提供するプラグインが少し重いことができます。 ダウンロード時にパスワードを入力するようにして、何人かがダウンロードしたのかなどの統計情報を確認したい場合は、ダウンロードプラグインが便利になります。

単にPDF文書をアップロードしてリンクとしてダウンロードしたい場合は、メディアライブラリに直接アップロードできます。 詳しくは「WordPressからPDFファイルをダウンロードする方法「を参考にしてください。

メールアドレスと名前を入力する必要が(つまりニュースレターに登録する必要が)ドキュメントをダウンロードできるようにしたい場合は How to Add an E-book Optin Form with an Immediate Download to Divi's SEO Layout Packを参照してみてください。 他にも Brave Popup Builderプラグインの有料版や Download After Email – Subscribe & Download Form Plugin(無料)を利用して、このような機能を実装することができるでしょう。

WordPress ページ、投稿リスト列(列)が狭すぎる場合

WordPress ページリスト、記事リスト、商品リスト、ポートフォリオリスト画面などで列(列)数が多い、タグなどの特定項目が長く、列が狭くて不便な場合があります。 その場合は、画面オプションで必要な項目だけを表示するように設定できます。

WordPress テーマとプラグイン

無料のテーマと有料テーマ

WordPress.orgは多くの無料のテーマを提供しています。 しかし、ほとんどの検索画面に出てくるとは異なり、実際の適用してみると、サイトが非常に寒いに表示されることがあります。 つまり、期待したものと全く異なって表示されます。

しっかりとしたサイトを作成するには、設定する必要ががあります。 WordPress 本を参照しながら一つずつ設定していくことができます。

少し速く行く方法で有料のテーマを利用することができます。 テーマは Theme森林 サイトで検索を試みることができます。 または、このブログで テーマメニューをクリックして、さまざまなテーマについて調べることができます。 Themeforestの Avadaと Elegant Themesの Diviが多く使用されて有料のテーマです。

有料テーマを購入した場合、そのテーマで提供されるデモの中から選択して、サイトに適用することが可能です。 たとえば、ベストセラーのテーマである Avadaでは現在、次のようなさまざまなデモを提供しています(2023年12月31日現在、約101個。デモは引き続き追加されます)。

WordPress Avada テーマ

Avadaデモをインストールする方法は、 この記事を参考にしてください。 デモを掲載した後にページを編集する方法は、Avada テーマのデモを修正する「を参考にしてください。

テーマ選択時のチェック事項
  • テーマがいつ最終更新されたか長い間更新されていないテーマは選択しないようにします。 WordPressは年2回程度のメジャーアップデートが行われます。 テーマは長い間更新されない場合は WordPressとの互換性の問題が発生する可能性があります。
  • ユーザーの評価。
  • ユーザーからの質問へのテーマの開発者(販売者)の対応。 質問に対して積極的に対応するかを重点的にみるといいようです。
  • 提供されているデモ。 目的のレイアウトや機能を提供する方法を紹介します。 可能な似たようなレイアウトや機能があるテーマを選択すると、今後のカスタマイズ(ユーザーのニーズに合わせて変更)の操作が容易になることができます。
  • ショッピングモールを運営する場合、WooCommerceプラグインと互換性があることを確認。 ほとんどのテーマが別の問題はないが、テーマに沿って WooCommerce テンプレートがテーマに含まれている可能性があります(」WooCommerceで特定のカテゴリの商品一覧表示する"参照)。
  • 多言語サイト(たとえば、英語、日本語、中国語サイトを同時に運営)を運営する場合 WPMLとの互換性を確認。 WordPressで多言語サイトはWPMLのようなプラグインを使用したり、複数のサイトを利用することができます。

Avada, Enfold など多く使用されているテーマを選択した場合、 WordPress 関連コミュニティ(カフェなど)からの質問を上げる助けを受ける可能性が高くなります。 ちなみにこのブログは、現在(2019年4月5日現在) Newspaper(Newspaper)という雑誌のテーマがインストールされています。 ニュースペーステーマに関連した質問がございましたら、このブログの任意の文にコメントで質問を上げてください。 その後、私は確認することができている場合の回答を与える下す努力します。

次の記事も参考にしてみてください。

※注意: Googleを検索してみると、有料テーマを無料でダウンロードすることができたり、非常に安価に販売する違法サイトがあります。 しかし、異常な経路を介してダウンロードする有料のテーマやプラグインには、ほとんどのマルウェアが植えられていることが知られており、実際のそのような事例をしばしば目撃します。

少しのお金をアキリョダがより大きな損害を見ることができますので、注意が要望します。 金銭的に圧迫を受ける場合まともな無料テーマも多いので、無料のテーマを使用することをお勧めします。

テーマやデモ、プラグインのインストールに失敗した場合

WebホスティングサーバーのPHP環境設定値が低かったり、ディスク領域が不足している場合、テーマやデモをインストールする過程でエラーが発生する可能性があります。 この場合、次の文を参照してください。

一部のWebホスティング会社では、サーバーの仕様が悪く、テーマ(デモを含む)やプラグインが正しくインストールされない場合があります。 そのような場合は、解凍して直接 FTPでアップロードすることを検討してください。 それでも問題が解決しない場合は、別のWebホスティングで移行を検討してください。

テーマやプラグインのインストールに関連して問題がある場合は、以下のコメントをつけて頂ければ分かる範囲内でお手伝いいたします。

プラグインを使用する

WordPressは、プラグインを使用して機能を拡張することができます。 WordPress 管理者ページで プラグイン]> [新規追加でプラグインを検索してインストールできます(下記」プラグイン検索"参照)。

適切な無料のプラグインがない場合 Codecanyonから WordPress プラグインを購入することができます。 そしてショッピングモールを運営する場合には、WooCommerceプラグイン(無料)をインストールして使用することができて、 このページで、さまざまな WooCommerce用アドオンプラグインを調べることができます。

多くのプラグインをインストールする場合は、サイトの速度に悪影響を与える可能性があり、プラグイン間の衝突も発生することがありますので、可能な場合、プラグインの数を最小限にすることが望ましい。 いくつかのプラグインを使用する必要がする判断がつかない場合は、次の記事を参照して必ず必要だと思われるプラグインを選択してインストールしてください。

そして、このブログで様々なプラグインを紹介しているので検索して見れば助けになるでしょう。 例:

参考までに WordPress インストール後の基本的な操作でテーマ/プラグインをインストール/削除する方法が説明されています。

プラグイン検索

通知パネル»プラグイン»新規追加(Add New Plugin)から WordPress ストアに登録された無料のプラグインを検索してインストールすることができます。

WordPress プラグイン検索

検索フィールドに必要なキーワードやプラグインの名前を入力して検索が可能です。 ただし、ハングルで検索すると、検索ができないので、英語で検索するようにします。 英語が慣れていない場合、Google翻訳を利用して、おおよその単語の組み合わせを入力してもします。

SEOで検索してみる上記のような画面が表示されます。 表示されているプラ​​グインのおおよその情報が表示されます。 インストールされてサイトの数、ユーザーの評価、最近更新日などを知ることができます。 ユーザー数が多く、最近更新されたプラグインを選択してください。 アップデートされたか、古いプラグインはなるべく使用しない方が安全することができます。

"より多くの詳細「」をクリックすると、少し詳細な情報をポップアップウィンドウで確認できます。

WordPress SEOプラグインAll in One SEO Pack

通常は英語で出ていますが、All in One SEOはハングル化され、ハングルで説明を見ることができます。 好きなら「今すぐインストール「をクリックしてインストールできます。(All in One SEO 有料版もあります。 SEOのための高度な情報を利用してみたいと思った場合考慮してみることができます。)

適切なプラグインが見つからなかった場合、Googleで検索を試みることができます。 まずハングルで検索レポート適切なプラグインがない場合、英語で検索するようにします。 正確な英語でなくても、Googleで世話を検索できます。 出力先変更 wordpress pluginのように単語をおよそ組み合わせて検索することができます。 検索は、Googleでと正確な結果を見つける可能性が高くなります。 Naverは、検索品質が落ちる方です。

インストールするプラグインの数に制限はないが、なるべく最小限にすることが望ましい。 特に間違っ作られたプラグインをインストールすると、サイトの速度が遅くなったり、他のプラグインとの競合が発生する可能性があります。 (ただし、よく作られたプラグインは、多く設置してもサイトにそれほど大きな影響を与えないことです。)

常に最新のバージョンに更新する必要がセキュリティ上安全です。 古いプラグインは、セキュリティ上の問題になることができ、最新のバージョンの WordPressまたは他のテーマやプラグインとの競合を引き起こす可能性があります。

希望のプラグインが見つからなかった場合は、以下にコメントを残していただければ適切なプラグインがあるかを確認しましょう。

💚下のページ2をクリックして続行 パート2「基本 WordPress 使い方」に進んでください。


260のコメント

コメント

    • 昨年のGoogleの3月スパムアップデート後、海外では多くのサイトがピュアスパムに飛び込み、国内でもGoogle流入が急減するというサイトが多いです。
      基本に忠実で外部流入などを通じて流入を増やす方法で対応すればどうかと思います。

      個人的には、チャットGPTなどの生成性AIのため、検索エンジンの検索結果の品質が低下し、検索エンジンの利用率がチャットGPTなどに押されないかと思います。

      Naver カフェなど他のプラットフォームに多様化するのも構想すればいいようです。

      応答
    • チャットGPTを活用してどんな文章を書くのかによって異なるのではないかと思います。

      「~について整理してくれ」 このように命令を下して文を書く場合には、インターネット上の資料を織り込んでコンテンツ価値が落ちる可能性があります。この場合、スパムとして認識される可能性が高くなります。

      私のアイデアを入力してそれに合うように書いた後に再編集する方法であれば、スパムとして分類される可能性が低くなる可能性があります。

      私はチャットGPTを非常に限られた状況でのみ活用し、通常は直接書き込みを行います。
      たとえば、わからない用語について簡単に説明してくれるようにchatgptに要請し、それを少し修正して引用するように制限的に活用しています。

      チャットgptを活用するさまざまな方法があります。 SEOに合わせて文章を書いてほしいと要請することも可能です。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/internet/chatgpt-%ed%94%8c%eb%9f%ac%ea%b7%b8%ec%9d%b8-%ec%82%ac%ec%9a%a9%eb%b2%95-2024%eb%85%84-%ec%b5%9c%ec%8b%a0-%ea%b0%80%ec%9d%b4%eb%93%9c/

      自動投稿を考えると、今では大きな効果はありません。
      一部のユーザーが自動投稿プラグインやプログラムを活用して大量に投稿しています。自動投稿は可能な限り控えることが望ましいかもしれません。

      応答
      • チャイピティにseoに合うように書くプラグインがありますが、実際の効果があるのでしょうか?

      • SEOにふさわしく書かれており、ユニークで価値を提供するコンテンツなら効果がないかと思います。

  1. ブログを始めようとしていますが、初心者が使いやすい WordPress テーマおすすめお願いします。

    応答
    • このブログのようにシンプルなブログを運営したい場合 GeneratePress テーマそれはまともな選択かもしれません。
      Naver ニュースサイトなど、クオリティの高いブログサイトを作成する Newspaperでも大丈夫です。
      ただし、 Newspaper가 GeneratePressよりスピードの点で遅い方で、同じサイトでより多くのトラフィックを消費します。

      また、 Astra テーマ速度も速くてよく使われます。 Astraはモール構築時にも多く利用されています。

      スピードの面では GeneratePress テーマが最速と評価されており、アストラもスピードの面でまともな方です。速度が重要な場合は、ページビルダーを使用しないことが望ましいです。

      Kadenceというテーマスピードの面でも大丈夫です。このブログでしばらくケイデンステーマを利用しましたが、このサイトには合わないようで再びGPテーマに戻しました。

      様々なテーマがありますので、お好きなものをお選びください。

      収益型ブログでは ツェナーレートプレスのテーマ秋のスピードとSEOの面で大丈夫なのでよく使われています。

      応答
  2. ログインすると、「パスワードが正しくありません。もう一度やり直してください」というエラーが発生します。どのようにパスワードの問題を解決できますか?

    応答
    • ブログをご覧いただき、質問までお寄せいただきありがとうございます。正確な状況を知らず適切な回答をすることはできませんが、1)パスワードが実際に間違っている場合はphpMyAdminなどに接続してパスワードをリセットできます。 2)パスワードが正しい状況でこの現象が発生した場合は、セキュリティプラグインなどのプラグインの問題を疑うことができます。

      応答
  3. こんにちは、 WordPressでマガジンプラットフォームを作るプロジェクトをすることになりました。 Cafe24 マネージド WordPress ホスティングを使用する予定であり、テーマ中Newspaper'を使うのか、'ジェネレートプレス'を使うのか悩みが大きいです。

    1.作成したいプラットフォームは、シンプルなマガジン+ブログの感覚を追求します。
    2. 機能は木ウィキと同様に投稿目次を利用した迅速な本文移動、プラットフォーム内関連キーワードページへ移動(リンク)機能程度を優先実装しようとします。
    3.掲示板の構成が簡単で、文章、画像、映像など多様なメディアコンテンツの投稿にも柔軟に動作してほしいです。
    4.過去のJavaベースのWeb開発、コーディング理論を学んだ経験があります。 今はコーディングに精通していませんが、必要であれば、単純なCSSや関数コードの程度は意味と動作構造を理解して復活できるレベルです。
    5. あまり複雑ではなくSEOに有利なサイトを追求します。 ただ今後のデザイン、機能修正にも大きな制約がなければと思います。

    一度個人的な判断ではジェネレートプレスも十分だろうと思うのに大丈夫でしょうか? 一つの心配は、シンプルで高速ですが基礎ツールやプラグインが少なく、構築と高度化の過程で困難を経験しないかという部分程度です。

    ありがとう!

    応答
    • こんにちは、leelukaさん。
      開発経験があれば GeneratePress テーマ有料版を使用することを検討してください。 GP有料テーマの場合、機能をうまく活用すれば、カスタマイズが容易になります。
      GeneratePress テーマの使い方に関する記事を以下で確認できます。

      https://www.thewordcracker.com/tag/generatepress-%ed%85%8c%eb%a7%88/

      Newspaper テーマの場合、tagDiv Cloud Libraryを使用して WordPress 管理者ページで必要なレイアウトを作成できるという利点があります。 しかし、テーマファイルを直接変更する方法ではうまくいかないかもしれません。 Newspaper テーマは WordPress 標準方式に従わず、カスタムはクラウドライブラリにするように作られました。

      Newspaperを使用すると、難しくなくクオリティの高いレイアウトのサイトを作成できるようになります。

      参考までに同じコンテンツを読み込む場合は、 Newspaper テーマはGPテーマよりはるかに多くのトラフィックを消費します。 スピードの面では、GPテーマは間違いなく良い選択になります。

      トラフィック使用量については https://cafe.naver.com/wphomepage/17480 文を参照してみてください。

      Newspaper テーマとGPテーマについて比較し、次の記事も参考にしてください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/21128

      応答
  4. こんにちは。 質問があります。 WordPressを加入型(無料)として利用して文を書いています。 この状態でsite kitのGoogleプラグインをインストールしようとしているので、プラグイン自体がプランを変更しなければならないそうです。 プラグインのインストールは有料版でのみ可能かどうか疑問に思います。

    応答
    • こんにちは、daekkiさん。 加入型 WordPressビジネスプラン以上でのみプラグインのインストールが可能します。 プラグインの中でも、一部のプラグインのインストールは制限されます。
      制約なし WordPressを利用するには ウェブホスティングに加入して WordPress サイトを運営できる設置型 WordPressを考慮することができます。

      応答
  5. こんにちは? 検索して来るようになりました。 書き込み部分で右に浮かぶ文書属性とブロック属性パネルのヨガ部分です。 文字サイズも変えることができ、色も変えることができるこの部分がまともにならないのはどうすればいいですか?

    応答
    • こんにちは、ポリニム。 ロアルナムについては、最近 Naver カフェ会員を通じて知りました。 講義費が1000万ウォンを超えるということにとても驚きました。

      WordPress などのブログを通じて AdSense 広告高収益を得る原理は実は簡単ですが、簡単ではないので簡単にできる方法を教えてくれるのではないかと思います。 口蹄疫というYouTubeがロアルナムについて投稿した映像があって視聴してみました。

      https://youtu.be/hcg_rSpSHmQ?t=733

      上記の時間から原理を教えていますね。

      Google Ads広告を行ったことがある場合は、広告単価の原則をある程度理解することができます。 どのキーワードに対して競争が激しいと広告単価が上がることになっています。 クレジットローン このようなキーワードや保険関連キーワードが特に単価が高いことが知られています。

      しかし、このようなキーワードでブログを運営すると Naverですぐに低品質で地獄に行くことができ、Googleの場合でも無効なクリック攻撃を受けることになります。 このようなキーワードで上位に公開されているブロガーが他のブログに対して無差別無効クリック攻撃をして AdSense 広告の掲載が停止する場合も非日比在します。

      また、広告主は決まっていますが、このような高段がキーワードを攻略する方法について多くの人が知るようになれば結局は希少価値が落ちて考えのように多くの収益を得られない可能性も高くなるのではないかと考えられます。

      個人的には高価な講義を出してこういう講義を聞く価値があるかと思いますが、高単価キーワードを攻略する方法が気になるなら、このような講義を聞くことも考えられるでしょう。

      参考はこのブログでも AdSense 広告が表示されますが、 WordPress など、これらのWeb関連の広告は AdSense 単価が低い方だから AdSenseでお小遣いほどの収益しか出ません。

      https://www.thewordcracker.com/forum/donation から寄付を通じてブログを運営 Naver カフェの運営をサポートできます。

      収益型ブログについては、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/2279

      応答
  6. こんにちは。 Bluehostを書く WordPressで制作したサイトが他の奇妙なところにリディエーションされます。 どうやらハッキングされたようですが、解決策を検索してみても何の音なのかわかりません。 現在 Bluehost ログインは可能ですが WordPressは、ビーバンが間違っていたそうですね。 Bluehostは更新キャンセルしました。 とにかく閉鎖する時となってサイトにあった文章を移そうと入ったことが分かりました。 Bluehostに「サイトの削除」ボタンがあるので、旅車するとバックアップを放棄して取り除こうとします。

    1.何か私ができる方法はありますか?
    2. この状態でサイトを削除する場合は、ホストの有効期限までそのままにしておくことができますか? 更新キャンセルしたのでお金は出ないのが正しいでしょうか?

    応答
    • こんにちは? マルウェアに感染しているようですね。 ftpにアクセスすると、奇妙な名前のファイルが生成されているはずです。 まず、次の記事を参照してマルウェアを削除してください。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%A9%80%EC%9B%A8%EC%96%B4%EB%A5%BC-%EC%A0%9C%EA%B1%B0%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      場合によっては、public_htmlフォルダの外側のフォルダにもマルウェアファイルが含まれることがあります。 そのようなファイルも削除してください。
      確実に削除しないと、マルウェアが再発する可能性があります。

      代わりに、文を転送します Bluehostを利用したくない場合は、次の方法を試すことができます。 (まずはバックアップしてください。)
      1. wp-config.phpファイルとwp-contentフォルダを除いて、wp-admin、wp-includesフォルダ、ルートフォルダ内 WordPress 関連ファイルと奇妙な名前のファイルの両方を削除します。
      2. 最新バージョン WordPress ファイルをダウンロードしてwp-admin、wp-includes、 WordPress 関連ファイルをアップロードします。
      3. wp-content内の場合は、uploadsフォルダのみを残してすべて削除し、 WordPress インストールファイル内のwp-contennt内のファイルとフォルダをアップロードします。
      4. WordPressにログインしたら、ツール>エクスポートですべてのデータをエクスポートします。
      5. クラウドウェイズなどでホスティングに参加します。 クラウドウェイズでは3日間無料で利用できます。 Cloudwaysについては この記事を参照してみてください。
      6. クラウドウェイズで作成した WordPressで、ツール/インポートをクリックしてデータをインポートします。

      エクスポート/インポートを介してサイトを移行する方法は、サブスクライブ型からインストール型に移行するのと同じ方法です。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/mirgate-wordpress-com-to-wordpress-org/

      これにより、すべてのデータがインポートされます。 その後、テーマとプラグインを新しくインストールして運営してください。 マルウェア対策のために...
      1. WordPress、テーマ、プラグインを常に最新バージョンに保ちます。
      2. バックアップを定期的に行います。
      3. セキュリティプラグインをインストールします。
      4. パスワードなどを強く設定します。

      応答
    • パスワードの変更方法は https://avada.tistory.com/2154 記事を参照してください。 変更後にログインした場合、 ユーザー>すべてのユーザーに移動して奇妙なユーザーはすべて削除してください。 そして、管理者アカウントはXNUMXつだけ維持してください。

      上記とプロセスが困難な場合は、データを別のサイトに移行することに関する支援が必要な場合 ここからお問い合わせください。

      応答
  7. ブログは本当にたくさん役に立ちました。 ありがとうございます。
    数日間解決できなかった部分があり、質問を上げます。
    現在有料テーマを購入して使用しています。
    書くときはいつも基本的なテンプレートになっているので、テーマに設定を変更してください。
    ただ書く時は気にしないのに。 rssフィードなどを活用して自動的にポストを作成すると、デフォルトテンプレートで文が保存され、レイアウトが常に壊れます。
    これを基本ではなくテーマに基本設定を変える方法があるのか​​と思います。

    応答
  8. こんにちは、ここのウェブサイトで本当に多くの助けを受けています。 とても一人で解決できない問題があり、とにかく見たいのですが、答えを知っていればぜひ助けてください。

    最近ワープを作成し、Googleサーチコンソールに接続したところ、404エラーが約200個が検出されます。 文は2つしかないのに理解できず詳細に見ると、ウェブサイト名/category/~あるいはウェブサイト名/tag/~のようなURLがほとんどですね。 昨年ワープを初めて勉強しながら講師がするように、 https://codex.wordpress.org/Theme_Unit_Test ここでサンプルデータをimportして実習を行ったし、その後本格的にホームページを始めながらサンプル文やタグ、カテゴリをすべて消したがサーチコンソール上ではこれらの内容が404でチェックされるようです。 すでに私のワープダッシュボード上にはきれいに削除された内容なのにない文を持って404が浮かんでいるのでどうするか分からないですね。 少数であれば無視するでしょうが、200個も見てみるとSEOにもとても悪影響のようで、実際にウェブサイト名をGoogleに打っても出ていません。

    もし、どのような解決方法があるのか​​知っていますか? 助けてください。

    応答
    • こんにちは、上がります。 通常時間が経つと、問題は解決します。 すぐに措置を講じたい場合は、次の措置を講じてください。

      1. 404監視プラグインを使用して、404エラーが発生したURLを確認します。 またはGoogle検索でsite:サイト名で検索して、毎日のないURLを整理するようにします。
      2. 次に、Google Search Console から削除要求を行います。 https://cafe.naver.com/wphomepage/19043 文を参照してみてください。

      応答
  9. 5. ホームページに載せた文全体がジュルリョク出てくるのではなく、サムネイル型で簡単に出るように空プラグインもありますか?

    ウェブサイトは本当によく見ています。 大きな助けになります。 ありがとうございます!

    応答
  10. こんにちは、以前にフレンドリーな答えに感謝します。 書くと詰まった部分があり、いくつか質問します。

    1. 文を発行すればホームページだけに最新の文章で開いてあらかじめ作っておいたメニュー(exブログ、水玉アーカイブ)には入っていないのにこれをどのように他のメニューにも表示させることができますか?

    2. 特定の文はホームに入れないようにしたいのですが書くごとにホーム最新の文に行ってしまいます。 方法がありますか?

    3.テーマ設定のみリセットできますか?

    4. テーマ設定をして基本にあったテンプレート(?)を削除しましたが、これを復元する方法はありませんか?

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy