WordPress WP Super Cacheプラグインの設定方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

前へでワードプレスのキャッシュプラグインW3 Total Cacheを設定する方法が説明されています。 今回はW3 Totalと共に広く使用されている WP Super Cacheプラグイン 設定方法を図で簡単に説明します。

ワードプレスWP Super Cacheプラグインの設定

このプラグインをインストールすると、まず、固有のアドレス設定をデフォルト以外の設定に変更してください。 事実固有のアドレス(Permalink)を基に設定することは望ましくありません。 404ページエラーの原因の一つは、固有のアドレスを「デフォルト」に設定されている可能性があります。 SEOに有利な固有のアドレスの設定は、 ここを参考にしてみてください。

ワードプレスWP Super Cacheプラグインのインストール

WP Super Cacheプラグインは、ワードプレスストアに登録された無料のプラグインです。 ワードプレス伝言板で プラグイン]> [新規追加に移動し、「wp super cache」を検索してインストールしてください。

ワードプレスのキャッシュプラグインのインストール

WP Super Cacheプラグインをインストールして有効にすると 設定> WP Super Cacheで詳細オプションを設定することができます。

注:Cacheプラグインをインストールして適用すると、サイトが正常に動作しない問題が(本当にたまに)に表示されるようです。 進む前に、 バックアップを事前に受けておけば安全することができます。

WP Super Cache:Advanced設定タブ

Caching設定

ワードプレスのキャッシュプラグインWP Super Cache  -  Caching Settingsキャッシュ設定

"Use mod_rewrite to serve cache files。」を選択すると、より速くなるようです。お勧めは、「Use PHP to serve cache files "ですね。しかし、インターネットを検索してみると、ほとんど" Use mod_rewrite to serve cache files」をお勧めしますね。 .htaccess 書き込みがサポートされていないシステムでは、「Use PHP to serve cache files」オプションを選択する必要がないようです。

Miscellaneous(その他)の設定

ワードプレスの人気キャッシュプラグインWP Super Cache  -  Miscellaneous Settings

Miscellaneous(その他) 設定は、上記同様に設定するようにします。

Advanced(詳細)の設定

ワードプレス無料キャッシュのプラグインWP Super Cache  -  Advanced Settings

この記事に記載されている中間の図を見るとW3 Total CacheプラグインとWP Super Cacheプラグインはすべてのモバイルキャッシュ機能は提供しないものと出ていますね。 "Mobile device support「オプションの横に見ると、外部のプラグインやテーマが必要であると表記されています。( "Mobile device support"オプションを選択して設定を更新しても、この機能は、選択がないようになっていますね。)

アップデイト ボタンを押すと、次のような黄色のボックスに複雑なコードが表示されます。

Mod Rewrite Rulesワードプレスキャッシュプラグイン

その後、黄色のボックスの一番下にある Update Mod Rewrite ボタンをクリックします。

Mod_Rewriteルールを更新

赤になった Update Mod Rewrite ボタンをクリックすると、 .htacces ファイルが書き込み可能な場合、成功したというメッセージが表示されます。

Mod Rewriteルールを更新しまし -  WP Super Cacheプラグイン

Preload設定 タブに移動します。

WP Super Cache:Preload設定]タブ

Preload設定では、サイトのすべての文とページを定期的にキャッシュします。 キャッシュの更新間隔を設定することができます。

共有ホスティングでは、1日1回更新するように設定(つまり、1440分)することが最適であるとね。 一日に二回更新(Refresh)する720分に設定するようにします。 数字を小さくすると、サーバーに負荷を与えることができます。

WP Super Cache  -  Preload WordPressのプラグイン

設定が完了したら アップデート設定 ボタンを押すようにします。

以上におおよその設定が完了しました。

2018年12月追加: ワードプレスでは、W3 Total Cache、WP Super Cache、Hyper Cacheなど、いくつかの無料のキャッシュプラグインがあります。 いくつかのプラグインをテストして、現在のサイトの環境とよく合うキャッシュプラグインを選択してください。 無料のプラグインで必要な速度向上の効果が得られない場合、WP Rocketよう有料キャッシュプラグインを使用みることができます。 ワードプレス関連作業をしてみると、WP Rocketプラグインを使用するサイトを時折表示します。 このプラグインを使用すると、(環境に応じて)無料キャッシュプラグインより1〜2秒の情報速度が向上されているようです。

注:



13のコメント

  1. 私のウェブサイトの容量が600Mで一日が過ぎるとほぼ1000Mになります。
    おそらくキャッシュからであると考え、このされ、どこをチェックする必要がありでしょうか。?
    現在W3 TOTAL CACHEを使用しています。ㅜㅜ

    応答
    • 私はHyper Cacheを使用しています。
      気になってCacheフォルダを圧縮してみると、zipファイルに113MB程度なりますね。
      キャッシュを削除すると、600MBがされた場合、時間が経過すると、ほぼ1000MBがされているのですか?
      ディスク容量を増設することがいかがでしょうか 1GBはやや小さいようですね。
      使用していないテーマとプラグインを削除するといいようです。

      そして最近のテーマを変えられましたので、Regenerate Thumbnailsプラグインを使用して、サムネイルを再生成してください。
      もしテーマを BeThemeに変えて、以前のテーマよりもサムネイルを多く生成して、容量が増加したのではないでしょうか?

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/too-many-image-files-in-wordpress/

      応答
  2. パーマリンクが基になっているが、この状態で、キャッシュのプラグインを使用する方法はありますか?

    応答
    • こんにちは?

      まず WordPressでパーマリンク(一意のアドレス)は、基本的に設定することはあまりお勧めできません。

      いくつかのテーマでは、まず、固有のアドレスをデフォルト以外の他の設定に変更するように記載されていることもあります。

      必ず基本的に使用する理由がある場合.htacessファイルを強制的に一つ作ってテストしてみてください。

      それでもうまくいかないと、WP Super Cacheプラグインをインストールして、Advancedタブ> [Caching設定で「Use mod_rewrite to serve cache files」を選択せず​​に 「Use PHP to serve cache files "を選択して、正常に動作していることをテストしてみてください:

      https://www.thewordcracker.com/wp-content/uploads/2017/04/Use-PHP-to-serve-cache-files.png

      応答
  3. こんにちは。 プラグインのインストールに成功しましたね。
    速度チェックをしてみると、このプラグインをインストールしたのに、いくつかの画像とファイルがWebブラウザのキャッシュを活用するように浮かぶのはなぜでしょうか?
    特にメインスライドや画像は、適用にならないと思います。

    応答
    • こんにちは?

      このプラグインは、Browser Cachingを提供するため、そのメッセージは無視してもなりそうです。
      画像の最適化は、EWWW Image Optimizerというプラグインを使用すると、メディアファイルをアップロードするときの最適化をしてくれます。 ( https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%AF%B8%EB%94%94%EC%96%B4-%EC%97%85%EB%A1%9C%EB%93%9C-%EC%8B%9C-%EC%97%B0%EA%B2%B0%EC%9D%B4-%EB%81%8A%EC%96%B4%EC%A1%8C%EC%8A%B5%EB%8B%88%EB%8B%A4/ 文のコメントを一度参考してください。 このプラグインを使用せずに画像をアップロードする前に最適化もできます。)

      そして、このプラグインで速度向上の効果がない場合はW3 Total Cacheなど他のプラグインを考慮して見ればよさそうですね。
      私はこのブログには、W3 Total CacheプラグインとMinifyプラグインを組み合わせて使用​​するが、それなり大丈夫なようです。
      ただしW3 Total Cacheは設定が少し難しい場合があります。 ( https://www.thewordcracker.com/basic/w3-total-cache-in-wordpress/ 文を参照してみてください。 ただし、サーバー環境に応じて設定を少しずつ異なりながらテストしてみてください。 私はmemcachedを設定して、活用しているが、それに応じて設定を少し変えて使用しています。)

      他にも有料のキャッシュプラグインもあります。

      応答
      • 回答ありがとうございましたハプニダト^^やはり最高! 笑
        ジャルアンて一人で.htaccess fileファイルに、あれこれ修正して、約2秒速くなったと思います。 Minifyプラグインは、敷いた。(笑)よくできなければW3 Total Cacheをインストールしてみましょう。
        画像の最適化は、EWWW Image Optimizerインストールしたのにエラー、最適化しないようにエラー私のものあるようです。 有料をすべきかを見て..ありがとうハプニダト〜

      • 画像の最適化ツールは、特定のPHPモジュールの機能を使用するようです、そのような機能は、Webホスティングサーバーにインストールされていない場合、エラーが私のようです。

        この場合、WP Fastest Cacheというプラグインの有料版に画像を最適化機能が搭載されています。

        キャッシュプラグインを削除するには、 https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-remove-cache-plugins-in-wordpress/ 文を参考にしてください。

  4. 追加::
    ハル時間が過ぎると自然に生成ねご飯食べに来てみると浮いています(笑)
    ========================================== ============
    こんにちは?
    設定法通り応じみても、キャッシュファイルが生成されないようです。
    テーマがサポートをアンハヌンか、サーバーがサポートしていないか、または私が間違って知っているのか分からないですね
    キャッシュをオンするキャッシュページが生成されるべきことだ
    contentsに見ると、キャッシュされたページが0ですね

    応答
    • こんにちは?

      ファイル権限の設定に問題があるのはないでしょうか? ウェブホスティング会社に問い合わせてみてよさそうです。

      ちなみにWP Super CacheよりW3 Total Cacheがよりよい出ますね。 設定がうるさいが、効果はより良いようです。 https://www.thewordcracker.com/basic/w3-total-cache-in-wordpress/ 文を参照してみてください。
      (キャッシュプラグインを削除する方法は https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-remove-cache-plugins-in-wordpress/ 記事で説明されています。)

      応答
    • ちなみにこのキャッシュプラグインは、Apacheサーバでのみ動作します。 Nginxサーバの場合、Nginxサーバーの最適化を使用して、Webキャッシュがサーバ側で動作されるので、必要がないとします。

      応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます。 キャッシュプラグインの設定は、個々の環境に少しずつ異なります。 上記の設定は、参考のみ御使用する環境に合わせて適切に修正してください。 楽しい週末や休日になれます。

      応答