WordPressでメンバーシップを定期支払い方法で販売する場合

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail
ワードプレスのコンテンツの有料化の定期決済機能を実装

たとえば、上の図のように、いくつかのプランを毎月または毎年自動的に決済された定期支払い方式で販売しなければならない状況があります。 メンバーシップを定期支払い方法で販売する場合恵みの雨ストアで販売しているコンテンツ・サービスの有料化商品を購入したり、YITHプラグインを使用する方法を検討することができるようになります。

ワードプレスでメンバーシップを定期支払い方法で販売しているサイトの作成

恵みの雨ストアのコンテンツ・サービスの有料化

この場合、恵みの雨ストアで販売している コンテンツ・サービスの有料化を利用すると一番便利そうです。 (好きな方法で決済可能は恵みの雨ストアにお問い合わせください。)

ただし、価格が少し高い方ですね。 有料化は、メンバー登録、定期支払いオプションに応じて価格が差別的に適用されます。

ワードプレスのコンテンツの有料化の定期決済ソリューション

しかし、開発者を雇うして機能を実装することはなく、割安ことができるようになります。 アウトスタンディング などのサイトが恵みの雨ソフトの技術サポートで製作されたとします。 ワードプレスでは、コンテンツの有料化のためのすべての技術サポートが完了した状態で提供されます。

YITHメンバーシップのプラグイン+サブスクリプションのプラグイン

他の方法がないかたく合コマースプラグインで有名なYITHにお問い合わせしてみると二つのプラグインを使用すれば良いとね。

YITH WOOCOMMERCE MEMBERSHIPプラグインは、メンバーシップの部分を処理してくれて、YITH WOOCOMMERCE SUBSCRIPTIONプラグインは、サブスクリプションの(定期決済)を担当します。 状況に応じて両方を使用するか、一つだけを使用することができます。 上記の例のような場合には、両方必要だとね。

You create 3 types of membership and then you add the subscription to each type of membership

つまり、 3のメンバーシップのタイプを作成し、各メンバーシップタイプにSubscriptionを追加する方法で行われています。 その後、メンバーシップ定期決済が可能です。

YITH WOOCOMMERCE MEMBERSHIPプラグインの詳細については、 この記事で「YITH WOOCOMMERCE MEMBERSHIP」の部分を参照してください。 (YITH WOOCOMMERCE SUBSCRIPTIONプラグインは、後日機会になると、取り上げてみましょう。)

ちなみに右コマースで会員サイトを運営する場合、WooCommerceから出たWooCommerce Membershipsというプラグインも考慮してみることができます。 WooCommerceから直接配布するので、信頼性が高く機能も強力です。 WooCommerce Membershipsについて ここを参考にしてみてください。

注:



コメントを残す