WordPressで書かれ者を非表示に

Last Updated:2023年07月17日| 16のコメント

WordPressで書かれた作成者の情報を隠したい場合があります。 使用しているテーマで書かれ作成者、文発行日などを表示したり、非表示にするオプションを提供している場合は簡単に非表示にすることができます。 もしテーマでは向けの機能を提供しない場合、CSSを使用して非表示にすることができます。

CSSを使用して WordPress 記事の作成者情報を隠す方法

CSSを使用して WordPressで文章の作成者などを非表示には方法を見てみましょう。

WordPressで書かれた作成者フィールドを非表示に

上の図は、Pinboardというテーマのフロントページ(フロントページ)の形を示しています。 上記の場合、文のタイトルの下に書かれ者情報と日付情報が表示されています。

書き込み情報と日付情報を非表示にするには、まず要素チェックで要素情報を把握する必要があります。 Google Chromeで右クリックして[要素チェック]をクリックすると、その要素が表示されます。

上記の例では、作成者の名前と日付情報に対応する要素はno_top_pad クラスです。 次のようなコードをCSSスタイルシートに追加すると、作成者の情報が非表示になります。 (CSSスタイルシートにユーザーコードを入力する方法はこちらを参照してください。)

/* hide author information in wordpress */
.no_top_pad {
display: none;
}

上記のコードを適用すると、次の図のように作成者情報が表示されません。

WordPress フロントページでスレッド投稿者情報を非表示に

上記の著者/日付情報だけでなく、メタフィールド全体(カテゴリを含む)を取り除くには、post-infoクラスを使用します。

/* hide meta information in wordpress */
.post-info {
display: none;
}

実際のクラスは、テーマによって異なります。 要素のチェックをして、その要素を非表示にします。

個別のポストでも同様の方法で要素の検査を実施して書かれ作成者、発行日などを簡単なCSSコードを使用して非表示にすることができます。 CSSコードを使用して 表示:なし;を適用すると、実際の要素が、ブラウザでは表示されません。 根本的に表示されないようにするには、テーマファイルを変更する必要があります。 (テーマファイルのソースを変更する場合は、必ず チャイルドテーマを作成し作業してください。)

テーマオプションまたはユーザー定義のポストメタ情報の表示/非表示

Avada, Enfold, Newspaper などいくつかの有料テーマはテーマのオプションでポストメタ情報を表示したり、非表示にするオプションを提供しています。

Avada テーマでポストメタ情報の表示/非表示

図は、ベストセラーのテーマである Avadaでブログメタ情報を表示したり、非表示にするオプションを示しています。 Avadaの場合 Avada >テーマオプション>ブログ>ブログメタで書かれた作成者の情報や記事の作成日付、カテゴリーなどの情報を表示したり、非表示にすることができます。

個別の記事でポストメタ情報は、 Avada >テーマオプション>ブログ>ブログシングルポスト ページの表示または非表示に設定することができます。

まず、テーマでこのオプションを提供することをチェックて見るのもいいようです。 このような機能を提供していない場合は、テーマのソースファイルを変更(チャイルドテーマを作って進行)したり、CSSを使用して非表示にする方法を試してみることができます。

GeneratePress テーマでブログの設定

このブログに現在使用されている GeneratePress テーマ WordPress お知らせ > テーマデザイン > カスタマイズ > Layout > Blogでライター、発行日、カテゴリ、などを表示したり、非表示にすることができます。

メモ:


16のコメント

コメント

  1. こんにちは〜ゼナーレートプレスを使用しています。 この投稿を見て追加cssに入れてみましたが、まだ作者と時間がかかっている状態でした。
    時間の日付カスタムですべて消すと、今作者だけが開いています。
    by作成者を隠すにはcss以外の方法もありますか? もちろん、ここのブログに出てきたいくつかの方法はすでに試してみました。

    応答
  2. こんにちは。 以前にcrackerさんの投稿にはっきりとコメントを残していたようですが…私のメールを入れても成功しませんねㅠ。
    だから見つけたようですが、上記の内容が合うようなこともあり、適用できないかと思うのですが…私は日付や作成者などの情報が出てくるのが嫌で(コメントが必要ないこともあり)すべての内容をすべてページにしました。 。 だから、ページ上では作者情報が出てこないのに良いのに..検索機能で見ると該当日付が見えますが、上記の機能で取り除くことができますか? 通常、一般のウェブサイトはページ検索をしても日付は出ません。 WordPressで作られたページでは検索結果ページでは見られるのも同じで…お願いします~

    応答
    • こんにちは?

      記事の作成者、日付を非表示にする方法はいくつかあります。
      テーマファイルを直接変更する方法があります。 なるべく子テーマを作成してください。 しかし、場合によっては、子テーマではなく、親テーマから直接変更する場合もあります。 この場合は、後でテーマが更新されると、同じ作業を繰り返す必要があります。
      この方法は、PHPを少し知ること容易に可能です。

      別の方法でCSSで非表示にする方法です。

      隠したい情報があるURLを教えていただければCSSをお知らせすることができそうです。

      応答
    • ちなみに有料テーマの場合、このような情報を表示または非表示にするオプションが提供されることもあります。

      たとえば、ベストセラーのテーマである Avada(https://www.thewordcracker.com/go/avada
      )の場合、このような情報を詳細に設定することができるオプションが提供されます。
      https://uploads.disquscdn.com/images/c8ebc92811bb68b1b941a2a2f4b5b27bd2e84f0e8a54758e8a3462e50e0b2430.png

      このブログで使用されているDiviテーマ(https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-elegantthemes%EC%9D%98-divi-%ED%85%8C%EB%A7%88-%EB%91%98%EB%9F%AC%EB%B3%B4%EA%B8%B0/ )も限定的であるが、同様のオプションが提供ドゥェゴヨ。
      https://uploads.disquscdn.com/images/2b8c6173db91bf1d9e8ddb032e180508e3475307fab55f3eddf58ae1284ce05a.png

      まず、テーマオプションで、このような機能があるかから見て見てもよさそうです。

      応答
      • うわ~~当サイト以前の技術に関するお問い合わせささげkrcmart.comです。(笑)今教えた内容のうち第二の方法(Avadaでブログ調整するオプション)で解決になりました。検索の日付や管理という内容がないと思いますか、あまりにも良いです〜まだ原因ができない見つけ、検索はならないが、修正一つは解決し退社することができていて気持ちがいいですね~~本当に感謝します。

      • 問題が解決されてよかったですね^^

        Avadaがオプションが多く、初心者でも簡単に作ることができる利点がのです。笑

        Avadaの場合、大抵の機能は、すべてのオプションとして提供することがあります。 しかし、オプションが多すぎてそのようなオプションがどこにあるか見つけることは容易ではないというのが欠点は欠点があります。

      • Avadaがかなりの機能はすべて提供ハヌンゴね〜最初にテーマを購入した押す見たと思ったなかったかに見える。 ふ(笑)教えた機能の変化を私知らなかったろ過見てはです..私が使用していなくても、プラグが多いような気よ。 ところで、時には WordPressの機能の問題なのか、 Avada 問題なのか適用がうまくいかない時もあって…まあそれでも初心者の立場だから満足です。

      • krcmartサイトが遅くそうなのか、第ブラウザでは、ロードがよくないね。

        まず Avada(https://www.thewordcracker.com/go/avada
        )で使用される必須のプラグインを除く後、すべてのプラグインを無効にした後、速度をテストしてみてください。

        次に、プラグインを一つずつ有効ながら速度を遅くするプラグインを探して、他のプラグインに置き換えたり、削除することを検討してください。

      • プラグを無効にしても速度は同様に出てくるようです。 ㅠ。ㅠ再テストのために新しいノートパソコンにインストールしてテストページを作成してみることにしました専門家ではない見て難しいですね。 アドバイスありがとうございます〜

      • あなたの普通はClean Up Optimizerというプラグにページを作成した後の解放をカットする。(空になっていない項目があったりしている)何か良いことがあってWP Super Cacheというプラグインとしても、今のテストみました。

      • うーん…でもkrcmartサイトがゆっくりロードされますね。

        PHPのバージョンを7.0通りアップグレードすることができればしてみてください。 それともWebホスティングの問題のようでもよ。

      • ふ専門分野が出ましたね。 Webホスティングやサーバー側の問題ではないようだそうですよ。まずは、新しく提供されたノートブックに再びページ作成速度を報告アドバイスしてくださった内容でもサーバー側の問い合わせをしてみましょう。 本当にありがとうございます。

      • pingdom speed testをしてみると、サイトの読み込み速度が60秒出ますね。

        https://tools.pingdom.com/#!/db3Mq9/http://krcmart.com/

        同じ時点で、このブログをテストしてみると2秒未満で出ますね。

        https://tools.pingdom.com/#!/P1NgJ/https://www.thewordcracker.com/

        (通常は AdSense 広告のため少し遅くなり3〜4招待が出てきたようだが、少し速く測定されるようです。)

        いくら最適化がない場合でも60秒まで出てこないんですよ。
        テーマをWebホスティングサーバーで耐えができないほどの仕様が良くないことがあります。

      • ㅠ。ㅠそうなのです。テーマが重い長いものだ。 Avadaに問い合わせた時は、もしテーマの問題があるのではないかという質問にサーバーや様々なリソースを使ってそんなようだとアドバイスしてくれましたが…word様の時間をたくさん奪いましたね。 教えてくれた内容のとおり、まずもっと調べて調整してみる方法を探してみましょう。 ありがとうございます。