WordPress 価格表プラグイン - Go Pricing

価格を行きます

価格を行きます価格を非常にプロフェッショナルな表形式で表示してくれる WordPress用のプラグインとして、着実に売上高を記録している人気のプラグインです。

参考として、アフィリエイト商品(クパン商品など)を比較するテーブルを作成したい場合は、REHubテーマを使用するか、GutenConなどのプラグインを使用できます。

このプラグインを使用して素晴らしい WordPress 価格表と価格比較表を作成することができます。 WordPress サイトでの価格表と比較し、テーブルを簡単に作成することができ、オーディオ、ビデオ、画像またはマップなど、さまざまなメディア要素をサポートします。

プラグインの作成者によると、ほぼすべての WordPress テーマで動作し(「互換性」) 視覚的な作曲家とも互換性があります。

WordPress 価格表プラグイン - Go Pricing

主な特徴:

  • カラムアニメーション
  • 素晴らしいフォント
  • 様々な新機能
  • 250種類を超える様々な形状のテンプレート
  • 様々な色を自由にミキシング可能
  • 小さな画面でも高解像度の画面でも、ノートパソコンや携帯電話の画面でも、常に最適なレイアウトを提供
  • 様々な分野で活用可能:たとえば、チーム紹介、価格比較表など

Go Pricingは150以上のきちんとしたスタイルのデモデータを取得して修正して使用することができます。 価格比較表だけでなく、チームメンバーの紹介など多様に活用可能です。

WordPress 価格表プラグイン - Go Pricing

実際にこのプラグインを使用して組織図に活用することを見たことがあります。 サービス比較表を作成する場合など、さまざまな活用が可能と思われる。 テーブルの形でコンテンツを構成する場合に便利に使うことができるようになります。

Go Pricingの詳細とデモは プラグインのページを参考にしてみてください。

エレメント、 Avada テーマの Avada ビルダーなどでも価格表要素を提供します。

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます