GeneratePress テーマ:ホームページでH1タグが欠落している場合(+ SEOの改善)

WordPress GeneratePress テーマを使用している場合、読み取り設定で「ホームページ表示」を「最新の記事」に設定すると、ホームページ(前面ページ)にH1タグがなく、SEO分析ツールで分析を行うと、H1タグが欠落しているというエラーが表示されることがあります。 例えば、 ウェブサイトSEOチェッカーというクロムエクステンションを使用してSEOの分析をしたとき、次の図のようにH1タグが見つからない深刻な(critical)エラーで表示されます。

GeneratePress テーマ:ホームページでH1タグが欠落している場合(+ SEOの改善)

GeneratePress テーマ:ホームページでH1タグが欠落している場合、

H1タグがないと言ってSEO的な面で深刻なエラーかはわからないが、H1タグについて、ある海外文書では「ページにh1タグがなければ検索エンジンに該当ページのコンテンツについて知らせる機会を逃すことになる」とし、H1タグの重要性を説明しています。

Google uses H tags to understand the structure of the text on a page better. If your page does not have the h1 tag, you're missing the opportunity to tell search engines more about the content on your page.

GeneratePress テーマフォーラムの最新記事を全面ページに記載するように設定した場合H1タグが欠落している問題について、多くの場合、上がってきています。

H1 Tag Missing From Homepage(ホームページでH1タグが見つからない)というフォーラムの記事でホームページ(フロントページ)にH1タグが欠落している場合、H1タグを追加する方法についての質問と回答を確認することができます。

GeneratePress 有料版を使用している場合は、次の手順に従ってホームページ(前面ページ)にH1タグを追加することができます。

  1. フック要素を追加します。
  2. 次のコンテンツを追加します。
<div class="page-header">
    <h1>제목</h1>
</div>
  1. フックgenerate_before_main_contentで指定します。
  2. ブログ(Blog)がフロントページに設定されている場合 表示ルールから 会場フロントページで指定します。 そうでない場合には、 Blogで指定します。

このブログでは、この方法を使用して、フロントページにH1タグを追加しました。

GeneratePress テーマの無料版を使用している場合には、FTPに接続してテーマの関数ファイル(functions.php)に次のようなコードを追加すると、H1タグが追加されます。 よく石だろうが チャイルドテーマを作って作業しなければなら今後のテーマが更新されても追加または変更した内容が初期化されません。

// Add H1 tag to Front Page in GeneratePress
add_action( 'generate_before_main_content', function() {
    if ( ! is_home() ) {
        return;
    }
    ?>
        <h1>your title here</h1>
    <?php
} );

最後に、

以上で WordPress GeneratePressのフロントページにH1タグがない場合にH1タグを追加する方法について説明しました。

グーグルなどの検索エンジンでよく露出されている文章を作成する場合 WordPressは Yoast SEORank MathのようなSEOのプラグインを活用すれば、役立ちます。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

20のコメント

  1. こんにちは、 Naver サーチアドバイザーで「h1タグ2個以上発見」 seoエラーのためずっと頭が腐ったがここまで来たがコメントにおっしゃった内容に基づいてhtmlをそれなりに修正してみたのに何かうまくいかないと思いますㅠㅠ

    本当に申し訳ありませんが、少し見ていただけますか?

    一人でやろうとしたら、とてもできません。
    https://####.mycafe24.com
    https://@@@@.mycafe24.com

    1. チェックしてみると、両方のサイトに投稿でH1タグが2つありますね。本文で書くときは、hXNUMXタグから始めてください。

      1. ああ、私の投稿を見逃しました。ありがとうございますㅠㅠㅠ既に積み重ねた投稿が多すぎてひとつひとつ修正するのは多すぎますが、もしこれがseoに大きな打撃を与えるのでしょうか?

      2. いくつかの記事がない場合は、手動で置き換えることを検討することができます。文が多い場合は、バックアップを行った後、コードを作成して一括変更する必要があるようです。可能かどうかはわかりません。

        ...
        ...

        これには1つありますが、最初のh2をhXNUMXに一括変更する必要があります。

  2. こんにちは。
    私の場合 astra テーマを使用中で、H1タグがないそうです。
    GENERATE PRESSに変更してもタグが確認できないことに教えてくれたfunction.phpにコードを入れました。しかし、まだH1タグはないと思います。
    https://jimslog.com입니다。もし助けてくれたらとても感謝します...

    1. こんにちは、jim様。そのサイトを見てみましたが、ホームにはH1タグが1つありますが、ブログポストにはHXNUMXタグがXNUMXつありますね。この部分は修正する必要があるようです。

    1. 通常は一番下に追加してください。
      関数ファイルの最後に
      ?>
      行がある場合は、この行の上に追加してください。

  3. ワード様の前に回答いただきありがとうございます。
    上記の記事はh1タグがない場合の話です。
    私のような場合はh1が重複しているのですか?
    F12で確認してみると、h1が2つの要素が見つかりますが、一つは正常タイトルです。
    一つはナビゲーションブランディングでh1がありました。
    tgwwjob.co.kr サイトアドレスです。このような場合に参考になるサイト
    私はどのように行動を取ることができますか?

    1. ルックス » ElementsでBlockとして追加された要素でH1タグが追加で表示されるかどうかチェックしてみませんか?

      別の方法でヘッダーにサイト名の代わりにロゴを表示すると、H1タグが重複することがなくなることもあります。

      1. 言葉が少し難しいですね。とても早いので、そうです。
        一般的に人々がhtmlに入ってh1を検索してh2に変えれば終わりですが、事実上html修正のためにどうすべきかもしれません。
        F12に入って修正してみましたが、保存はできなくて直すのが難しいですね。

      2. ワード様のみことばを今や理解しましたね。コードを詳しく見てみると
        モバイル部分で私がサイトタイトルにしておき、ロゴに変えて出てこないですね。ありがとうございます。ワード様のためにとても助かりましたので、一日でも訪問を10回以上します。役に立つかどうかはわかりませんが、
        ランクマスでタイトルやメタエラーが出続ける理由もありますか?きっと設定でタイトルはサイトネームに内容はディスクリプション煽るのにエラーがなくなりませんね。

  4. よく読んだH1タグが多いというランクマス警告はどのように見つけなければならないでしょうか。

  5. 初心者でよくわかりませんでした。 タイトルを書くとtitleなのにh1として一緒に使われる時もありtitleとしてだけ使われ、h1は別に書かなければならない時もあるのでしょうか? テーマごとに違うのでしょうか? Generatepressは同時になるようですね!

    1. こんにちは、初心者様。 GeneratePress テーマをほぼすべてのテーマに書き込み、タイトルはH1タグが適用されます。 小タイトルはH2、H3...タグを使用してください。 サブタイトル(ヘッダータグ)スタイルを変更する方法については、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%86%8C%EC%A0%9C%EB%AA%A9-%EC%8A%A4%ED%83%80%EC%9D%BC-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

      Gutenbergでヘディングタグをすばやく適用する方法については、次のビデオをご覧ください。

      https://youtu.be/RJoPoCwItzw

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。