GeneratePressテーマのポストにコメント数を表示する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレス GeneratePressテーマは、個々のポストにコメント数を表示するオプションが提供されません。 記事のタイトルの下にコメント数を表示すると、記事に多くのコメントであるの付いた場合は、ユーザーに文の信頼性を高めて SEO(検索エンジン最適化)にも役立つでしょう。

しかし、サイトの記事に全体的にコメントがないか少ない場合はコメント数を表示していないことが、よりよいこともあるようです。

ワードプレスGenearatePressテーマのポストにコメント数を表示する

GeneratePressテーマがインストールされている場合 ワードプレスの管理ページ>テーマのデザイン>カスタマイズ> Layout> Blogに移動し、ブログのページと、個々の文の詳細オプションを設定することができます。

このテーマでは、アーカイブ(Archive)ページには、コメントの数を表示するオプションがありますが特異に個別記事(Single)についてコメント数を表示するオプションがありません。

GeneratePressテーマのテーマオプション:単一のポストにコメント数を表示するオプションがない。

GeneratePressテーマのポストにコメント数を表示したい場合GeneratePressで提供される generate_post_author フックを使用することができます。

次のコードスニペットをテーマの関数ファイルに追加します。 (チャイルドテーマを作成作業してください。)

// 워드프레스 GeneratePress 테마에서 개별 글에 댓글 개수 표시
// To display comments count in single posts in GeneratePress
add_filter( 'generate_post_author', 'change_author_to_comments' );
function change_author_to_comments()
{
if ( is_single() && ! post_password_required() && ( comments_open() || get_comments_number() ) ) {
        echo '<span class="comments-link">';
            comments_popup_link( __( 'Leave a comment', 'generatepress' ), __( '1 Comment', 'generatepress' ), __( '% Comments', 'generatepress' ) );
        echo '</span>';
    }

}

上記のコードを使用すると、投稿者(Author)の代わりにコメント数が表示されます。 もし脚本も表示したい場合は、次のようなコードを適切な場所に追加してください。

// 글 작성자 이름 표시
// To display author name in single posts in WordPress
$author = '| <span class="rpwe-author">' . get_the_author() . '</span> ';
echo $author;

コメント数の前に表示されるよう、上記のコードを追加すると、次のように書かれ者の名前とコメント数が表示されます。

Display comments count in GeneratePress compressor  -  GeneratePressテーマのポストにコメント数を表示する方法

上記の方法を応用すれば、他の要素も書か見出しの下に追加することができます。

上記のコードは、別のワードプレスのテーマでも適切に応用することができます。 テーマでフック(フィルタ/アクション)を提供する場合は、フックを使用すると便利で、そうでない場合、適切なテーマファイル(例えば、 single.php, content.php または別のファイル - テーマに応じて)にコードを状況に合わせて応用して置くことができます。

ちなみにGeneratePressテーマの場合、ポストに表示されているポストメタフィールドの値を /wp-content/themes/generatepress/inc/structure/post-meta.php ファイルの該当部分を直接変更することも可能ですが、 チャイルドテーマを利用していない場合は、今後のテーマの更新時に修正が消えるのでお勧めしません。

おわりに

以上で GeneratePressテーマ個々の記事にコメントの数を表示する方法を説明しました。 GeneratePressは速度の最適化のために機能を最大限に減らしたのが特徴です。 しかし、様々なフックを提供していますのでうまく活用すれば、簡単に機能を拡張することができます。

GeneratePressテーマで提供されるアクションとフィルタを次の図で確認することができます。

ワードプレスGeneratePressテーマで提供されるアクションとフィルタ
ワードプレスGeneratePressテーマフックビジュアルガイド。

注:



4のコメント

  1. GeneratePressテーマに変えるとき注意してね。 使用スキンは選抜置いたこの細かい部分までは思わなかったね。
    テストサイトに作ってテストして見る後変え投げすべきと思われる。

    良い情報ありがとうございます。

    応答
    • 県鳥様のサイトは、速度が速いため、 Newspaper テーマを使用しても大丈夫のようです。

      私は可能な限り軽量テーマを使用してトラフィックを減らすことだと思うがテーマを選択しました。笑

      GeneratePressの場合フォーラムを通じてサポートがよく提供されるものです。 (私はまだフォーラムを利用しては考えていません。)そして、文書化もよくされており、 WordPressもう少し深く理解するためにも少し助けにならないかと思います。

      応答
      • より速くしようとアマゾンに移動を考えていますよ。 事実vultrが悪いわけではないようなサイトとプラグインやキャッシュの使用しなくても、Amazonは超え四壁ですね。

        今テスト中です。 4月初めにオルギル予定なんです。 ^^
        vultrは、既存のインスタンスを削除して新たに非常に小さく、テストの目的で使用しようとします。

      • 本当にすごいれます。

        アマゾンを使用してもサーバーがわからない場合は、サーバーを誤ってセッティングすると、速度が正しく出ないようです。
        サーバーに対してよく知っているアマゾンを利用すると、本当にいいと思います。

        私はサーバーの知識が短いみるだけで、現在のホスティングに満足しています。
        先週の日曜日にcPanel更新し、kernelの更新を適用するためにサーバーを再起動したらhttpdサービスがダウンしているサイトにアクセスしていないことが発生しました。 もしサーバーを直接操作していた場合、本当にメンブンイきたようです。 幸いなことに Bluehostに連絡してやっとサーバーを購入ました。(笑)