WordPress Flatsomeテーマログインポップアップを無効にする

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

FlatsomeテーマはWordPressのでショッピングモールの構築時に使用できる場合コマース専用のテーマです。 このテーマは、着実にTop 10のテーマのリストに名前を上げながら人気を得ています。 フラット島テーマでマイアカウントのアイコンをクリックすると、ログインポップアップが表示されます。 ログインポップアップを無効にする方法について説明します。

ワードプレスFlatsomeテーマログインポップアップを無効にする方法

Flatsomeテーマの「マイアカウント」オプション

Flatsomeテーマワードプレスの管理ページ>テーマのデザイン>カスタマイズ> Header> Accountで、私のアカウントのアイコンとラベルを表示するかどうかを設定することができます。

ワードプレスFlatsomeテーマの「マイアカウント」オプション

Icon Style(アイコンのスタイル)で、メニューに表示する「マイアカウント」アイコンのスタイルを指定することができます。 そしてShow label(ラベル表示)をチェックすると、アイコンと一緒にラベル(例えば、「マイアカウント」)が表示されます。

また、 Show "Register" label(「会員登録」のラベル表示)をチェックすると、非ログインユーザーに「会員登録」セクションが表示されます。 ゲストユーザーが自分のアカウントページで登録が可能できるようにする ウコマース>設定に移動し、 アカウントと個人情報 タブの アカウントの作成 セクションで 顧客が「マイアカウント」ページで、アカウントを作成することができます。 オプションのチェックを選択します。

ウコマースマイアカウントページからアカウントの作成を可能に

非会員の支払い機能を可能にするには、 非会員結第セクションの このページでは、顧客がアカウントなしで注文することができます。 オプションをチェックします。

会員登録を誘導することがリピーターにつながる可能性が高くなります。 会員登録の拒否感があるユーザーのために、非会員決済機能を有効にすることができます。 非会員の支払いを可能にした、やっと非会員で注文をした後、会員に加入するように誘導するお勧めします。 この場合、Thank Youページを活用することができます( "ウコマース用カスタムThank youページのプラグイン - YITH Custom Thank You Page"参照)。

しかし、我が国では、ショッピングモールで商品を購入する際に会員登録することについて抵抗が少なく、当然のように思って(?)する傾向があるので、非会員決済機能を無効にしてもかまわないような気がしますね。

上記のようにFlatsomeテーマの アカウント オプションを設定すると、メニューにアカウントのアイコンが(設定に応じて、ラベルと一緒に)表示されて、非ログインユーザがアイコンをクリックすると、ポップアップウィンドウに ログインセクション または ログイン/会員登録のセクションこの表示されます。 (ログインユーザーが「マイアカウント」アイコンをクリックすると、すぐに「マイアカウント」ページに移動します。)

ワードプレスFlatsomeテーマログイン/会員登録ポップアップ

このように、ポップアップで表示される形式をユーザーがたくさんしたいので、ログインのポップアップ機能をFlatsomeテーマで提供されるものに見えます。

ログイン/会員登録のポップアップを無効にする

個人的にはこの方法が無難なようだが、ログインのポップアップを無効にしてすぐに、私のアカウントページが表示されるようしたいユーザーがまれですがあります。 そのような場合、 wp-content / themes / flatsome / template-parts / header / partialsフォルダの下のelement-account.php ファイルを検索して相違行を削除します。

<?php if( get_theme_mod('account_login_style','lightbox') == 'lightbox' && !is_checkout() && !is_account_page() ) echo 'data-open="#login-form-popup"'; ?>

しかし、この方法を利用して、テーマファイルを変更すると、今後のテーマを更新時に修正が消えます。 別の方法として、JavaスクリプトやjQueryを使用して、data-open属性を削除することを考慮してみることができます。 たとえば、次のようなコードスニペットをチャイルドテーマの関数ファイル(functions.php)に追加することができます。

// 플랫섬 테마에서 로그인 팝업 비활성화하기
 add_action('wp_footer', 'remove_data_open');
function remove_data_open() { ?>
<script>
jQuery(".account-item a").removeAttr("data-open");
</script>
<?php
}

(上記のコードは、例示にすぎだけです。より良いコードがあればコメントで教えてください。)

必ずログインポップアップを無効にしたい場合は、上記の方法を利用することができます。

ワードプレスで提供されるログイン/会員登録ページが気に入らなければ、カスタムログインページのプラグインを使用すると、効果的であることがあります。 プラグインを使用すると、ログインページに目的の背景画像を追加することができ、会社のロゴを簡単に表示することができます。

おわりに

Flatsomeテーマは、多目的場合コマースのテーマとしてショッピングモールと一緒に会社紹介サイト、ブログなどを作ろうとした場合にも活用することができます。 限定だが、Flatsomeで提供されるブログのレイアウトを使用すると、シンプルなブログサイトも一緒に運営することができます。

ブログだけを念頭に置いている場合は、このようなテーマではなく、有名な ニュースペーパーや、あるいはこのブログに使用されている GeneratePressテーマや他のブログのテーマを使用することがより適切であることができるが、ショッピングモールを一緒に運営したい場合Flatsomeを一つの選択肢として考慮してみることができます。 (または、 ああ、海, 円フォールド などの多目的テーマを活用するのも一つの方法であることができます。)

参考



4のコメント

  1. こんにちは。 管理者様、

    テーマ+WooCommerceでショッピングモールを作成しようと企画をしてみると、最終的にに詰まったのが韓国型決済モジュールは、特定のテーマで動作していないか心配がますね。 コード・ショップとはところ質疑を行っていた、テーマをレビューして見て "WooCommerceテーマでサポートが、決済フォームが WooCommerceと互換性がない、そのプラグインの動作の有無の把握が難しい」という回答をしました。

    Travelerとテーマだが、業界の関係で少しずつ準備をしようとするが、この部分に詰まって進行がダメですね。 WPテーマの中で、このような問題のため、韓国型決済モジュールが動作しない場合が多いのか気になります。

    応答
    • こんにちは、ギムジョンワン様。

      Travelerテーマをお使いの方たまにいらっしゃいますね。

      あまりにもテーマが多くのプラグインが多いので、互換性かどうかは保証できません。

      コード・ショッププラグインとの互換性は、直接使用してみないと理解するのは難しいようです。

      Travelerテーマでは、次のようなプラグインとは、テストがされたとしますね。

      - With WooCommerce checkout you can use with some plugins tested by us below:WooCommerce PayPal Express Checkout、WooCommerce Stripe Payment Gateway、Stripe Payment Gateway for WooCommerce、 YITH WooCommerce Stripe、Stripe Payment Gateway WooCommerce Addon、Authorize.net Payment Gateway For WooCommerce、WooCommerce Braintree Payment Gateway

      役立つ回答を差し上げることができず申し訳ありません。

      応答
  2. こんにちは!
    https://makemoneyskills.com/
    このウェブサイトに適用されたテーマが何なのか知りたい!
    テーマを多探していた似たようなことがよくないですね。 特に携帯電話で接続したときに他のテーマとまったく異なります。〓〓

    応答
    • こんにちは、イソクミン様。

      そのサイトを見てみると普通ですね。

      好み無料または有料のテーマを使用してカスタムすると思われる。

      モバイルでの形状は、CSSで調整可能です。 モバイルでは、文要約が表示されないですね。 CSSを使用して非表示にすることができます。

      このブログで使用されているGeneratePressテーマにも難なく同様作ることができるでしょう。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8-%EB%A6%AC%EB%89%B4%EC%96%BC-generatepress-%ED%85%8C%EB%A7%88/

      基本的なCSSを身につけるのに役立ちます。

      応答