WordPressで「データベース接続エラー」(Error establishing a database connection)

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

ワードプレスでたまに「データベース接続エラー(Error establishing a database connection)」エラーが発生する場合があります。 ワードプレスで「データベース接続エラー」が発生した場合の対処方法について説明します。

[この記事は、2015年に最初の作成されたが経験に基づいてコンテンツを大幅に追加して新たに発行されました。 ]

ワードプレスで「データベース接続エラー」(Error establishing a database connection)発生時

不正確または変更されたDBの情報に起因するデータベース接続エラー

ワードプレスのデータベース接続エラー

このエラーが発生した場合は、まずどのような状況でエラーが発生するかを把握する必要があります。 上記のようなエラーは、最初にワードプレスをインストールするときに、あるいはワードプレスのサイトを移転した場合に発生することがあります。 この場合には、 WP-config.phpを ファイルのDB情報が正しいことを確認する必要があります。

define('DB_NAME', 'db-name');
define('DB_USER', 'db-user-name');
define('DB_PASSWORD', 'db-password');
/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', 'localhost');

DBホスト名はカフェ24、 ブルーホスト など、多くのホスティング会社で ローカルホストですが、ホスティング会社によって異なる場合もあります。 たとえば、ipage.comの場合accountname.ipagemysql.comがDBホスト名になります。 国内ホスティングのいずれかであるガッビアーノの場合DB_HostにDB IPアドレスを入力する必要があります。

WP-config.phpを ファイルを修正するには、通常のFTPに接続する必要があります。 wp-config.phpファイルを変更する方法は、「ワードプレスでwp-config.php / htaccessファイルを変更する」を参照してみてください。

DB情報が正確な状況では、データベース接続エラーが発生した場合

DB情報が正確であることにもかかわらず、接続されていない場合は、最初にホストに登録して、インストールする過程でエラーが発生した場合のホスティング会社に電話やライブチャットを介して接触して助けを求めるようにします。

参考までに、複数のアカウントを使用している場合には、別のアカウントのDB情報を勘違いして、入力していないかどうかチェックしてみてください。 まれに、このために苦労している場合も見たことがあります。

データベースの破損を修復する

「Error establishing a database connection "エラーがフロントエンドのみ表示される、またはフロントエンドとwp-adminも同時に表示されることを確認する必要があります。 フロントエンドでのみ表示され、バックエンドでは、 "One or more database tables are unavailable。 The database may need to be repaired"のようなエラーが表示される場合は、データベースが破損した場合であるため、破損したデータベーステーブルを変更する必要があります。 このため、 WP-config.phpを ファイルに次の行を追加します:

define('WP_ALLOW_REPAIR', true);

次にhttp://www.your-site-address.com/wp-admin/maint/repair.phpに接続して、データベースを変更することができます。 変更した後は、上記の追加された行を削除する必要があります。

その他の措置

そして、ローカルコンピュータでAPMツールを敷いて、ワードプレスをインストールして使用する場合に、このような問題が発生した場合wp-config.phpでDB host名をIPアドレスに変更する問題が解決されることがあります。

ユーザーがデータベースに接続するための十分な権限があることをテストするには、ftpに接続してPHPファイルを作成し、次のコードをコピーして貼り付けます:

<?php
$link = mysql_connect('localhost', 'root', 'password');
if (!$link) {
die('Could not connect: ' . mysql_error());
}
echo 'Connected successfully';
mysql_close($link);
?>

ユーザー名とパスワードは、そのサーバーに合わせて変更します。 このDB接続テストファイルを実行したとき、接続に成功したというメッセージが表示されたら、データベース接続は正しく行われており、他の所で問題があることを意味します。

データベース接続が正常であるが、接続されていないエラーが発生した場合、上記の方法で破損したデータベースを変更したり、データベースのバックアップに戻すされます。 しかし、情報を正しく入力したにもかかわらず、接続エラーが発生した場合、Webホスティング会社に連絡して支援を要求するようにします。

参考にphpMyAdminで次のクエリを実行して、問題が解決されたとするユーザーもいます。

UPDATE wp_options SET option_value='사이트_URL' WHERE option_name='siteurl'

サイト_URLは適切に変更してください。 (先に DBを確実にバックアップを受けておいて実行します。)

ワードプレス前の後に、データベース接続エラーが発生した場合

個人的には、ホスティング会社のサービスに新たに加入してDuplicatorを使用して、既存のサイトをそのまま移転した後、DBによく接続されていない問題がありました。 DBを指示どおりに作成DBの情報を正しく入力しても正常に動作していない。

新たに加入したホスティング会社によって提供されるワードプレス作成機能(サブフォルダに必要に応じて、ワードプレスのサイトを作成する機能)を使用して、サブフォルダに別のワードプレスのサイトを作成し、サブフォルダの WP-config.phpを ファイルを参照して、DB情報を把握した後で、新しく作成したワードプレスのサイトのDBに接続して、DBを復元して、問題を解決したことがあります。

別の場合には、問題なく使用している突然 "Error establishing a database connection"エラーが発生した場合があって、ウェブホスティング会社にライブチャットで接続して、サポートを受けて問題を解決したりしました(この場合、ホスティング会社の技術者がDBをリセットして問題を解決)。

キャッシュプラグインによる問題

まれに、たまにキャッシュプラグインのために Elementor(エレメン)のようなページビルダーでページを変更したり、保存するときに「データベース接続エラー」が発生する場合があります。 この場合は、キャッシュのプラグインを無効にして、問題が解決するかチェックを試みることができます。 キャッシュプラグインが原因ではない場合、そのページビルダーを除くすべてのプラグインを無効にして、問題が発生することを確認するようにします。

問題が、キャッシュのプラグインのために発生する場合、キャッシュのプラグインを別のものに置き換えることを検討しています。 他のプラグインとの衝突で、この問題が発生した場合、そのプラグインを削除するか、必要なプラグインの場合は、プラグイン開発者に連絡して、問題の解決を試みてみることができます。

サーバーリソース不足

サーバーを直接セットして、ワードプレスを運営する場合は、サーバーのメモリを大量に使用するテーマを使用してもDB接続エラーが発生する可能性があります。

たとえば、サーバー移転後のワードプレスのテーマを ニュースペーパーに変更してテストしたときに、この問題が発生する場合があるそうです。 サーバーのメモリを増設(例:2GBから4GBにアップグレード)する問題が解決されることがあります。

おわりに

このブログを通じて、常に強調するバーが、定期的なバックアップが特に重要です。 予期しない状況で、エラーが発生したり、マルウェアやハッキングなどでサイトに問題が発生してもバックアップを使用して修復が可能です。

問題が発生した場合、まずバックアップがあることをから確認してください。 Webホスティングの連絡すればバックアップを提供してくれることもあります。 カフェ24の場合、過去7日以内の期間に復元が可能です。 海外ホスティングの一つである SiteGroundの場合、過去30日以内のバックアップが維持されます。

注:



コメントを残す