ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR トラブルシューティング方法

去る8月から WordPress ブログにアクセスすると、接続が遅くなり、ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERRORエラーが表示された後にサイトに接続する現象が発生しました。 Googleで問題を解決しようとしましたが、症状は消えませんでした。 Webホスティング会社に連絡しても問題は解決しませんでした。

ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR トラブルシューティング方法

ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR 問題

「ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR」は、クライアントとサーバー間のHTTP / 2通信中に発生するエラーであり、この問題はさまざまな理由で発生する可能性があります。

  1. ブラウザの問題:古いブラウザのバージョンやキャッシュの問題が原因で発生する可能性があります。 これを解決するには、ブラウザを最新バージョンに更新してキャッシュを削除すると、問題が解決する可能性があります。
  2. ネットワークの問題:ネットワーク設定やファイアウォールがHTTP / 2プロトコルをブロックしている可能性があります。 ネットワーク設定を確認し、必要に応じてファイアウォールを調整する必要があります。
  3. サーバー設定の問題:サーバーがHTTP / 2プロトコルを正しくサポートしていない場合、または構成に問題がある場合にも発生する可能性があります。 この場合は、サーバーのHTTP / 2構成を確認し、正しく設定されていることを確認する必要があります。
  4. TLSの問題:HTTP / 2はデフォルトでTLSを使用しますが、TLS設定に問題があるか期限切れの証明書がある場合に発生します。 この場合、サーバーのTLS設定を確認して証明書を更新する必要があります。
  5. サードパーティの拡張機能: 多くの場合、ブラウザの拡張機能やウイルス対策ソフトウェアが原因でこの問題が発生することがあります。
  6. システムの再起動:時にはシステムを再起動すると問題が解決することがあります。

サーバーを変更してトラブルシューティング

去る8月 Bluehost VPS商品をアップグレードした後、頻繁に「サイトに接続できません。〜のWebページが一時的にダウンしているか、新しいWebアドレスに完全に移動した可能性があります。ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR」エラーが発生し始めました。

ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR 問題が発生しました

Chromeブラウザを最新バージョンに更新してグーグルしてDNSキャッシュフラッシュも行いましたが、問題は解決しませんでした。

DNSキャッシュフラッシュ

私 Bluehostに何度も連絡するので、自分は異常がないという回答をくれました。 その後、あるエージェントがサーバーキャッシュを削除しました。

Bluehost 回答

今は問題が再発しないと言っていましたが、一時的に問題が現れないようですが、少し時間が過ぎて再び問題が再発しました。

このような問題が発生した場合は、問題が私のコンピュータの問題であるのか、それともサーバーの問題であるのかを把握することが先行するはずです。 私の場合、私はコンピュータの問題だと思いましたが、携帯電話でも確認したときに、この現象が発生することが原因でサーバーの問題が疑われました。

今月初めにサーバーを クラウドウェイズに変更した後、この現象は発生しないようです。数日間監視していますが、まだERR_HTTP2_PROTOCOL_ERRORエラーが発生していません。

もし BluehostでERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR問題が表示された場合は、サーバー自体の問題を疑うことができます。 システムが古いか、サーバー設定に問題がある可能性が高いようです。

この問題のせいかSEOに悪影響を及ぼし、8月以降からGoogleから流入するブログ訪問者数が継続的に下落しました。 これでこの問題が解決したようですので、今後の訪問者数が回復するかどうかを見てみましょう。

最後に、

ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR問題が発生した場合はGoogleで提示されている推奨事項を試してみてください。問題が解決しない場合は、Webホスティングの問題を疑う可能性があります。 Webホスティング会社でトラブルシューティングを試しても問題が修正されない場合は、サーバーを移動することも検討する必要があります。 Webホスティングの問題によってこのエラーが発生した場合は、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるため、できるだけ早くトラブルシューティング方法を見つけなければ、私のブログのように訪問者の流入が減少する被害はありません。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。