ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Diviテーマ機能の更新:カスタマイズ可能な新しいビジュアルビルダ導入

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

昨年9月初めにリリースされた ディビ3.0は約5日ごとに大小の更新が行われ、2017年10月8日現在3.0.78まで公開された。 最近Elegant ThemesのDiviでは、ビジュアル・ビルダー(Visual Builder)に全く新しいインタラクションモードの2つのと一緒に、新しいインターフェースのカスタマイズオプションが導入されました。

二種類の新しいインタラクションモードを導入

モジュールは、行(Row)、セクション(Section)作業時に使用できるClick Mode(クリックモード)とGrid Mode(グリッドモード)がビジュアルビルダーに追加されました。

クリックモード(Click Mode)

Diviテーマ機能の更新:カスタマイズ可能な新しいビジュアルビルダ導入4

ディビのVisual Builderでは、基本的には、モジュール、行、セクションにマウスを置くと、コントロールが表示され、クリックすることができます(ハーバーモード)。 しかし、この方式を嫌うユーザーがいるそうですね。 (おそらく小さなモジュールが隣接している場合、コントロールを選択するのが容易ではない問題がまれです時々発生することがあります。)

だからクリックモード(Click Mode)と呼ばれる新しいインタラクションの両方が導入されました。 ハーバーモード(Hover Mode)とは異なり、クリックモードでは、エレメント(要素)をクリックする必要がコントロールが表示されます。

グリッドモード(Grid Mode)

Diviテーマグリッドモード

ハーバーモードとクリックモードの他に、グリッドモード(Grid Mode)も追加されました。 グリッドモードを使用すると、ページのすべてのモジュールは、行とセクション(節)コントロールが同時に表示されます。 したがってエレメント(要素)をクリックするか、マウスを上げる必要がありません。 エレメントの設定を開くと、グリッドは消えデザインを調整しながらページを全体的に確認することができます。

ハーバーモード(Hover Mode)の改善

Diviの基本モードであるハーバーモードも大幅に改善されました。 新しいバージョンでは、小さなモジュールのハーバーボタン配置を改善し、まれに、特定の状況で、ボタンが重なってコントロールにアクセスすることは困難または不可能になる問題をなくすことに重点をおいたね。

ツールバーのカスタマイズが可能

ビジュアルビルダツールバー(Toolbar)をここでページを作成しながら目的の表示モードと対話モードを簡単に利用できるようにコントロールすることができるようにカスタマイズが可能です。 ワンクリックでWireframe Mode、Click Mode、Grid Mode、Zoomと反応型プレビューなどに簡単にアクセスすることができます。

Diviテーマ機能の更新:カスタマイズ可能な新しいビジュアルビルダ導入5

他にもいくつか便利な機能が追加されました。

  • 基本的に、すべてのオプションを展開トグル(Toggle)
  • 無効化され、モジュールは完全に非表示に
  • Divi Buidlerインターフェースアニメーションを削除
  • 基本モーダル(Modal)の場所を選択
  • History State生成頻度を制御 - 基本的にビジュアル・ビルダーでは、ユーザーのすべてのジョブの履歴の状態(History State)を保存してHistory Settingsポップアップで簡単に元の状態に戻すことができる機能を提供します。 しかし、一回のセッションで長時間作業してみると、多くの修正がなされたいリカバリポイントを探すのが容易ではないことがあります。 この設定により、履歴状態を生成する頻度(history state creation frequency)を制限することができます。
  • 基本インタラクションモードの選択

参考までに ディビのビジュアルビルダに新しい機能が導入され、バックエンドでの要素の設定がクリックされていない問題が一時的に現れたが、すぐに新しいアップデートが出てきてバグが修正されました。

Diviテーマ機能の更新:カスタマイズ可能な新しいビジュアルビルダ導入6

メモ:



コメントを残す

コメント