DBとデータの両方をバックアップするバックアップ/復元のプラグイン - UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ウェブサイトを運営する場合、バックアップは非常に重要です。 ワードプレスでも、定期的にバックアップを取る置く予期せぬ状況に対処することができます。 ワードプレスでは、バックアップ/復元プラグイン UpdraftPlus WordPress Backup Pluginを使用して簡単にバックアップを受けてサイトに問題が発生したときに復元することができます。

ワードプレスのデータベース/データのバックアップ/復元プラグインUpdraftPlus WordPress Backup Plugin

カフェ24など一部のWebホスティング会社では、独自のバックアップ/復元機能を提供します。 そのような場合、Webホスティング会社によって提供されるバックアップ/復元機能を使用することができます。

手動でバックアップを受けることも可能ですが、手動バックアップ方式は面倒ためのプラグインを使用するか、Webホスティング会社によって提供されるバックアップ/復元ソリューション(無料/有料)を使用することが容易になります。 しかし、Webホスティング会社の自動バックアップ/復元機能を提供する場合にも、手動でバックアップを取る置くことが安全することができます。

プラグインでは、過去の記事の(「ワードプレスのバックアップ/復元する」)は、DBだけバックアップするプラグインを紹介しています。 DBとデータの両方をバックアップすることができるプラグインに UpdraftPlusワードプレスのバックアッププラグインがあります。

ワードプレスのバックアップ/復元のプラグイン -  UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

手動でバックアップしたり、スケジュールバックアップを行うことができます。 そしてバックアップの場所にS3、Dropbox、Google Drive、Rackspaceなどを選択することもできます。

プレミアムパッケージを使用すると、Microsoft OneDrive、Microsoft Azure、Google Cloud Storage、SFTP、SCP、WebDAVなどでもバックアップが可能です。

UpdraftPlusワードプレスのバックアッププラグインのインストールと使用方法

UpdraftPlusプラグインをインストールする

ワードプレスのバックアッププラグインをインストールするには、 プラグイン]> [新規追加に移動し、「UpdraftPlus」で検索して、プラグインをインストールして有効にします。

ワードプレスのバックアップの復元プラグイン

UpdraftPlusワードプレスのバックアッププラグインを使用してサイトのバックアップ/復元する

プラグインをインストールして有効にして、左側のメニューから 設定> UpdraftPlus Backupsをクリックします。

ワードプレスのバックアップの復元 -  UpdraftPlusワードプレスのバックアッププラグイン

上記のような画面が表示されたら Backup Now(今すぐバックアップ)をクリックします。 その後、 UpdraftPlus - Perform a backup ウィンドウが表示されます。 Take a new backup すぐ下の2つのオプションにチェックします。 (デフォルトで選択されています。)

  • Include your database in the backup(バックアップデータベースを含む)
  • Include your files in the backup(バックアップファイルを含む)

バックアップは、Webサーバーに保存されるので、サーバーに十分なスペースが必要です。 十分なスペースがない場合は、バックアップに失敗し、予期せぬ問題が発生する可能性があります。 低コストのWebホスティングの商品を利用する場合のスペースをチェックしてスペースが不足すると、商品をアップグレードするのが安全です。

バックアップが完了すると、下に次のようにバックアップのリストが表示されます。

バックアップリスト - ワードプレスのバックアップを復元

Backup date(1)の下でDatabase、Plugins、Themes、Uploadsフォルダなどを個別にダウンロードすることができます。 データが大きすぎると、複数のファイルに分割して、zipファイルとしてダウンロードできるように提供しています。 FTPに接続せずに、データファイルをダウンロード受けようとする場合に便利です。 また、 プレミアムバージョンを使用すると、クラウドスペースにデータをバックアップして、万が一の事態に備えることができます。

アクション(2)の下で リストアをクリックすると、そのバックアップにサイトが復元されます。 削除をクリックすると、バックアップが削除されます。

ワードプレスは、比較的急速に変化するCMSシステムです。 アップデートが出たら更新することが重要です。 アップデートをしないと、セキュリティの問題が発生することがあり、ハッキングやマルウェアの標的になることがあります。 そして、重要なアップデートを実施したり、DB関連の作業をする前に、なるべくバックアップを受けておいて進めることが安全です。

前述のようにプラグインを使用してバックアップする場合は、Webホスティングサーバーに十分なスペースが必要です。 それ以外の場合、バックアップ中にエラーが発生する可能性があります。

海外ホスティングの一つである ブルーホスト(Bluehost)を使用している場合は、このプラグインを使用してバックアップを取る置くと問題となる場合に簡単に復元することができて便利です。

Webホスティングの自動バックアップ/復元機能を提供する場合にも、可能な限り、定期的に手動でバックアップを取るPCやクラウドに保存すると、より安全です。 そして、この記事で紹介するUpdraftPlusワードプレスのバックアッププラグインを使用する場合にも同様に定期的にバックアップをコンピュータにダウンロードすることをお勧めします。

注:



5のコメント

  1. 良い情報ありがとうございます。
    DBとデータの両方をバックアップするれましたが、データの意味がソースコードを意味されるのですか?

    応答
    • wp-contentフォルダの下にあるファイルたちだと考えてくださいと思われる。

      Plugins、Themes、Uploads、Others ...そう4のデータを個別にダウンロードすることができるように圧縮して提供しています。

      データサイズが大きいと時間がかかり、ダウンロードしたときにエラーが発生したりします。 面倒だけFTP経由でバックアップするのがいいようですが、 WordPress 管理インターフェイスでバックアップをしたい場合は、上記の方法を使用することができます。 同様の機能を提供するVaultPressというプラグインもあります(このプラグインも有料サービスを提供しています。)。 VaultPressの場合は、データベースをテーブルごとにバックアップをね。(笑)

      応答
      • オ~~ wp-adminとwp-includes方はしなくて、本当に必要な部分だけをしてくれるだろうとスペースと時間的に節約ね^^

      • こんにちは?

        ブログを訪問していただきありがとうございます。

        DBは、通常、phpMyAdminというツールを使用して復元が可能です。 一般的に、Webホスティング会社では、このツールを提供します。 接続する方法がわからない場合は、Webホスティング会社に問い合わせて解剖ください。 そして下の文も参考ください。

        https://iwordpower.com/2018/01/how-to-import-wordpress-database-using-phpmyadmin/