ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Daumを初めて上回っDisqus訪問者数

Last Updated:2020年11月14日| 8のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

このブログのコメントシステムを WordPress コメントシステムでDisqusに変えたか1年2ヶ月程度しました。

過去1年ほどDisqusで運営しながら感じた点をまとめてみると...

  1. 初期には、訪問者の流入量が少ないが、時間が経つにつれ、徐々に増える。
  2. 新規ユーザーの増加がのろい。
  3. 直帰率が低い。
  4. DisqusユーザーはDisqusがインストールされてサイトに簡単にコメントを付けることができます。 (別の情報を入力する必要がありません)

今日のGoogleアナリティクスの統計情報をチェックしてみると、最初にDisqus訪問者数Daumの訪問者数を上回っね。

Disqusの訪問者の流入量

Disqusは1.2%、次は1.1%で、実際に訪問者数 Naver私のGoogleに比べて非常に微々たる水準ですが(30日XNUMX人前後)、Daumを追い越したことの意味をおきたいと思い。 この時までの推移でみると、この数値は増え続けると思われる。

Naverは、過去数ヶ月の間に着実に増加したが、最近になって、Googleの訪問者は、より大幅に増えたため、相対的に Naverの割合が減りました。

現在SNSを通じた流入は、統計すら取れないほどほとんどないレベルです。 Facebookを見てみると、一日に1人程度流入なりますね。〓〓この部分は対策が必要なようです。

Disqusの場合、直帰率が58%程度で、平均よりも低いです。 Daumは直帰率が平均よりも高いことが出てくるんですが、これはおそらくDaumが関連性のある検索結果をユーザーに提示することが不十分ではないかと推定されます。

ディスカスがSEOに与える影響は、 hackyaサイトの記事を参照してみてください。



8のコメント

コメント

  1. ディスカスの利点としては、コミュニティ機能は非常に良いようです。 フォロー機能もあり、コメントをつけた人のアカウントに入って、その人が何をコメントか、どのようなサイトを運営する地図把握になったら Naver ブログの隣人システムのように、接続が容易でない寀ーや WordPress 同じプラットフォームでは、非常に良い選択肢だと思います。

    問題は、普及がだめという点です。 -_-)

    回答する
    • はい、国内ではまだ普及があまり点が惜しいです。

      Naver アイディーでコメントを作成できるように機能を拡張するためのオプションを提供する場合、おそらくより有効にされていないか考えてみます。

      韓国型掲示板プラグイン KBoard(Kboard)を作ったメーカーでもDisqusのようなコメントシステムを作って普及ね。

      https://uploads.disquscdn.com/images/ec4a908c12128a0eebb4037d268e1cc569b39c272893f3677a96ad281118efe5.png

      Naverとカトクとも連動します。

      基本的な機能は無料ですが、画像をアップロードしたり、管理者の通知機能などのオプションを利用するには、月ごとにコストを迷惑(5,500ウォン、11,000ウォン、33,000ウォン、55,000ウォン...)

      回答する
      • と〜月の単位でコストを受けるね.. KBoard 使って見たことはなくてよく分からない
        これ商売ができますか?

      • まず、無料で公開して、多くのユーザーを獲得した後に部分的に有料化をしようとするのが正しい方向ではないかと思いますね。

  2. 私も最近、ディスカスユイプリュルがかなり高く、長いました。 ところが、ディスカス流入というのはほとんど同じ WordPress サイト内で発生することがほとんどでしょう? 私のような場合には、他のブログに行ってコメントをたくさんことではない見て、外部流入ではなく、内部での流入という考えがしますね。 それでもpageviewは上がって行く意味があると見なければならでしょうか? 笑

    回答する
    • 寀ーもたまにDisqusが使用されていることを表示します。

      Disqusがゲストコメントをもっと簡単に付けることができように作成したらよいような気がします。 時間が経つにつれて、ユーザーが増加するとSEOのより積極的な影響を与えないだろうかと考えますね。(笑)

      回答する