WordPressでイメージマップの作成

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

ワードプレスでイメージマップを作成する状況で利用できる方法です。 いくつか考えてみることができるようになります。

  • Image Map Generator(イメージマップジェネレータ)を利用する
  • フォトショップ、Gimpなどを利用したイメージマップの作成
  • Dreamweaverのなどイメージマップの作成
  • プラグインを使用する

イメージマップジェネレータ

Image Map Generatorで Easy Imagemap Generator など、いくつかのサイトがあります。 画像をアップロードした後、イメージマップを作成し、コードをコピーして、ワードプレスで適用すると、なりそうです。

画像エディタ(フォトショップ、Gimp)や、Dreamweaverを利用したイメージマップの作成

第二の方法でGimpを使用して、ワードプレス用イメージマップを作成することができます。 詳細については、 この記事を参考にしてみてください。 GIMPは、Linux、OS X、Windowsなど複数のオペレーティングシステムで利用可能な無料のオープンソースのクロスプラットフォームの画像エディタです。

GIMPのような無料画像エディタでは、この機能を利用することができれば、当然、Photoshopで利用することができるので、検索してみると、様々なビデオチュートリアルがありますね。 Photoshopの場合、以下のYouTubeの動画を参考にしてください。

Dreamweaverの(Dreamweaver)のようなAuthoring toolを使用してイメージマップを作成することができます。 次の動画を参照してみてください。

ワードプレスのイメージマップのプラグインを使用する

ワードプレス用のイメージマップのプラグインで イメージマッププロがあります。 (以外しっかりとしたイメージマッププラグインが検出されないですね。)

Image Map Pro for WordPress -  Interactive Image Map Builderワードプレスイメージマップのプラグイン

Image Map Pro for WordPressはインタラクティブなイメージマップビルダーとしてのプラグイン販売サイトである Codecanyonで毎週ベストセラーに上がってきた人気のプラグインです。

主な機能:

  • 高級ドラッグ&ドロップエディタ
  • 多角形、アイコン、正方形、楕円形
  • 150のSVGアイコンを含む
  • 豊富なスタイルとアニメーションのオプション
  • カスタマイズ可能なマウスオーバーとクリックの動作
  • 反応型。 タッチスクリーンに最適化
  • 6ヶ月無料サポート

円バトーマーケットで販売されている ワードプレスのテーマとWordPressのプラグインは、基本的な6ヶ月のサポートが提供され、(「Extend support to 12 months」オプションを選択すると、12ヶ月に延長)、サポートの期限が切れても継続的に更新をダウンロードすることができます。

プラグインサイトを訪問すると詳細情報をデモエディタを体験することができます。

注:



コメントを残す