WordPress コピー防止(右禁止)プラグイン

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスでマウスの右ボタンを禁止して、ブログの記事や画像を保護するプラグインが多いですが、更新が1年以上ないプラグインがあります。 この記事では、最近更新が行われたワードプレス右クリック禁止プラグインを紹介します。

[この記事は、4年前に作成されたが文の内容を大幅に変更して、再度発行されました。 ]

ブルポム防止(右クリック禁止)措置をしても簡単に中和することができます。 そしてブルポム禁止は、一般ユーザーに不快感をもたらしてSEOにマイナスの影響を与えます。 ブルポム禁止(右クリック禁止)がSEOへの影響を参照してみてください。

さまざまなオプションを提供するコピー防止のプラグイン - WP Content Copy Protection&No Right Click

ワードプレスのコンテンツの画像のコピー防止のプラグイン

第二は、上記のプラグインではなく、やや重いさまざまな機能を提供する「WP Content Copy Protection&No Right Click」というプラグインで現在10万を超えるサイトに設置されて使用されています。

右クリックを禁止するプラグインがどのような機能が多いのだろうかんだろうが、このプラグインは、Basic版とPro版で出てくるので、様々な機能を提供しています。 実際の設定ページを見てみると...

Copy Protection settingsコンテンツのコピー防止の設定

上記のようないくつかのオプションを提供しています。 そして詳細な調整は、Proバージョンでのみ可能です(例えば、管理者は、マウスの右クリックが可能なように許可など)。 設定で「Selection disabled message」の欄に入力したメッセージがダブルクリックをするか、マウスの右ボタンを押したときに表示されます。

コピー防止メッセージCopy protection message

このプラグインをインストールすると、マウスの右ボタンが禁止されるのはもちろん、テキストも選択されません。 上記の図のように選択するか、右ボタンを押すと、警告メッセージが表示されます。 このプラグインの説明を見ると、文だけでなく、画像の保存も阻止しますね。

Disable Right Click For WP

disable right click compressor  - ワードプレスのコピー防止(右禁止)プラグイン

Disable Right Click For WPプラグインは、ユーザーが切り取り、コピー、貼り付け、画像の保存は、ソースの表示、条件の確認などを実行できないように、ワードプレスのサイトで右クリックを無効にします。

ただし、管理者やサイトの編集者がログインすると、このような制限なしに、すべてのコンテンツへのアクセスが可能です。

主な機能

  • 右クリックを無効に
  • ショートカット(CTRL + U)を利用したページのソースを表示を無効に
  • ショートカットキー(F12 / CTRL + SHIFT + I / CTRL + SHIFT + K)を用いた要素のチェックを無効に
  • テキストの選択を無効にします。
  • 画像をドラッグアンドドロップを無効にします。

軽いコピー防止のプラグイン - Right Click Disable Orignal

"Right Click Disable Orignal"プラグインは、4年以上更新されていないため、事実上放置されています。他のプラグインとの競合を起こしたり、補償上の問題になることがありますので、このプラグインは、使用しないで下に紹介する他のプラグインを使用してください。

このプラグインは、軽く評価も比較的良いです。 そして、アップデートも最近は行われ、最新のワードプレスのバージョン(version 4.1.1)とも互換性があります。 実際にインストールしてみると、マウスの右ボタンをクリックしないようにうまく動作します。 ただし、テキストの選択は可能です。

他の方法

プラグインを使用せずに、マウスの右ボタンの機能を無効にしたい場合は、次の記事で紹介する方法を使用することができます。

仕上げで

以上で、比較的最近に更新された二つのワードプレスの記事のコピー防止プラグインについて説明しました。

他にも スマートコンテンツプロテクターという有料のプラグインがありますが、このプラグインは、更新が活発に行われていないようです。 アップデートが長いならないプラグインはなるべく使用しないでください。

しかし、前述のように、右クリック禁止は、ユーザーの不便をもたらしてSEOにも否定的に作用するので、慎重に選択してください。 このブログでも、初期に右クリック禁止コードを入れたが、ユーザーの不満が多く長い時間前に外した状態です。

注:



7のコメント

  1. ずっと前に、プラグインを使用しましたが、あえてこのようなものを使用しなくてもされるようでフルのに私撮った写真が多くなるにリセットをするかします。
    投稿ごとにこれをオンまたはオフにする機能があれば良さそうです.. ^^

    応答
    • このブログで以前に右クリックしないようにコードを挿入したことがあります。
      しかし、実質的にコピー防止機能は微々たるものだし、むしろユーザーが不便してて、コードを削除しました。

      いくらコピー防止プラグインをインストールしても、画像のような場合、どのような方法でダウンロードが可能で、定できなければ、画像キャプチャを使用してでもキャプチャが可能ハヌか別の効果はないようです。 (ウォーターマークを写真のいくつかの箇所に表示すると、よりよくないか、個人的に考えてみます。)

      応答
  2. WordPress 無料ユーザーは、プラグインを書くことができなくなっているか見て? ビジネスで登録するように浮かぶ...
    無料ブログユーザーは右クリック(画像)を防止すればいいですか? 何日目検索みても合う答えがアンナオネヨ。 プラグインの使用しなくて、bodyタグはどこで修正してくれますか? 助けてください^^

    応答
    • こんにちは?

      加入型 WordPressの場合は、「ビジネスを除外」しては、ユーザーのテーマやプラグインをアップロードすることができません。

      無料ブログの場合、多くの制限があります。

      ちなみに右クリック防止はSEOに良くないです。 右クリック防止措置をしても、何らかのあれ画像を埋め込む人は広がりようになっています。 右クリックを比較的容易に無力化することができます。

      必ず画像のコピーがないようにしたい場合は設置型でバクシことがよさそうです。 ビジネスプラン の場合は、容量とトラフィックが無制限なので、訪問者が多いサイトの場合は良い選択であるが、訪問者がどのくらい存在しない場合、多少高価な料金プランになることがあります。

      応答
      • ただタダはあきらめて使わなければならね。^^
        Googleのブログも一緒に作ったワードがよりきれいに見えて良い。
        あえて個人的なブログをお金を払って難しく書くかどうかと思います。
        はい0ちょっと外れてみようかした。 何も知らないから大変ですね。 笑
        暑い回答ありがとうございます。 世界が明るくなりました。 こっくり^^

      • 個人ブログなら WordPress 加入型でも十分と思われる。

        必要に応じて、ドメインを一つ登録して接続すると、wordpress.comから脱退しても設置型で簡単に移転して、ブログ運営が可能です。

        https://www.thewordcracker.com/basic/mirgate-wordpress-com-to-wordpress-org/

  3. コメントを残してほしいという文を読んでたので、感謝の気持ちで文を残します。

    私もワンドプレスでホームページ(今勉強しながら作ってとダトホム-www.dothome.co.kr-の無料ホスティングで構築しています。アドバイス程度公開することができる状態になると、有料に切り替えることがんでサイトのアドレスが変わることで、一時的アドレスは公開ないものの、サイトの名前は、「月夜のサイト」に続けて書くことです。)を作っているので、コピー防止のプラグインが必要で、Googleで検索して、「WP Content Copy Protection&No Right Click」のグロー接続し、ただその内容だけでなく、他の情報もあって楽しく見ました。

    ありがとうございます。

    応答