ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Cloudimageに WordPress サイトの速度向上とトラフィックを削減する

Last Updated:2021年7月4日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

訪問者の増加は、サイトの速度が遅くなる場合は、より高い仕様のホスティング商品にアップグレードが必要な場合があります。 他の方法でサイトの最適化を実行したり、CDNサービスを利用することができます。 Cloudimageは無料と有料で利用できるCDNサービスの一つです。 Cloudimageサービスを使用すると、我が国で WordPress サイトの速度が速くなるかどうか気にしてテストしてみました。

Cloudimageに WordPress サイトの速度向上とトラフィックを削減

このブログは、海外のホスティングの一つである Bluehost(Bluehost)でホストされています。 数年前に一時的にサイトの訪問者数が急増して問題になったことありました。 当時 Bluehostこの問題についてのお問い合わせたら 1)プロの開発者を雇ってサイトの最適化を実行したり、 2)CDNサービスを利用するように答えを受けました。

画像を上げるとき事前に圧縮して上げれば、トラフィックの削減に役立ちます。 また、軽いテーマを使用しても、トラフィックが削減されることがあります。 このブログの場合 Newspaper (Newspaper)テーマを使用して GeneratePress テーマに変えたところ、トラフィックが1分の3以上が減少しました。

Newspaper テーマを使用すると、完成度の高いブログやニュースサイトを作って運営することができますが、サイトの最適化を適切にしないと、サイトの速度が遅くなるおそれがあり、トラフィックもたくさん食うようです。 GeneratePressのようなテーマを使用すると、サイトの速度もある程度大丈夫に出て、トラフィックも削減することができます。 (GeneratePressは 無料版と有料版があります。 このブログには、 有料版がインストールされています。)

Cloudimageサービス

昨年どんな方 WordPressから Cloudimageプラグインを使用することについてお問い合わせをしたことがあり、クラウドイメージサービスについて知りました。

Cloudimage CDNサービスを利用すれば、韓国での速度が速く出る気し、数ヶ月前にテストを進めました。

クラウドイメージサービスは無料プランと有料プランがあります。

Cloudimageに WordPress サイトの速度向上とトラフィックを削減

無料プランのPersonalは月に25GBのトラフィックをサポートします。 有料プランあるStartupにアップグレードすると、月に60GBまでのトラフィックが提供され、Proの場合月に150GB、Rocketの場合月に800GBまでのトラフィックが提供されます。 料金制が高いほどGBあたりのコストが低くなります。 (クラウドイメージはヨーロッパ系CDNサービスプロバイダに料金が有料化とドルで表示されます。上の図は、通貨単位をドルで表示したときを示します。)

月に25GBであれば、一日平均830MBのトラフィックを利用することができ、1ページビューの容量が約1MBであれば、一日平均830ページビュー程度を処理することができます。 ページビューの平均容量が100KBであれば8300ページビューまで耐えが可能になります。

例えば、 Cafe24の格安ホスティングサービスの場合、トラフィックの制限がありますが、多くの場合、トラフィック超過したため、サイトがブロックされれば、上位商品にアップグレードするか、Cloudimageの無料プランを使用すると、月の25GBまで処理することができます。

CDNサービスを韓国で使用する場合、サイトの速度が遅くなることがあるという話を聞いたことがあっCloudimageお客様センターに大韓民国で利用する場合、サイトの速度がどうか問い合わせてみる "Definitely、we have premium CDN PoP in Korea」という回答をいただきました。 おそらく有料サービスでは、我が国でも速度​​が速いようです。 (この種のサービスの場合は無料サービスでは、我が国のデータセンターを利用することができず、有料サービスで、韓国のデータセンターをサポートしています。)

WordPressでCloudimageサービスを利用する(無料プラン)

WordPress サイトでCloudimageを簡単に利用することができます。 基本的な手順は次のとおりです。

  1. Cloudimage WordPress プラグインをインストールします。
  2. Cloudimageサイトを訪問して無料会員に登録してTokenを生成します。
  3. WordPress プラグイン内設定ページにTokenを入力します。

クラウド画像サイトで会員登録して設定ページ(ダッシュボード)を訪問するとCloudimageの動作を簡単に理解できるように図式化して示しています。

Cloudimageサービスの動作原理

サイトから画像をダウンロードする(Download)して、画像のサイズを調整(Resize)して圧縮(Compress)して、サイトの速度を加速(Accelerate)させます。

左、右に表示されるToken(トークン)をコピーして、 WordPress 管理者ページ> Cloudimage> Generalに移動し、 Cloudimage token or custom domain フィールドに貼り付けた場合CDNサーバと連動さイメージがクラウド画像サーバに送信され、圧縮されたプロセスが開始されます。

画像をCloudimageサーバーで圧縮するように設定することも可能です。

Cloudimage圧縮

Cloudimageサイトの Settings> Image Settings> COMPRESSION セクションでJPEG compression(JPEG圧縮)の値を指定することができます。 100に入力すると、圧縮されていません。 80を入力すると、80%の画質で圧縮されています。 推奨値は85です。

ドメイン タブでドメインを登録することができます。 一つのトークンに複数のドメインを追加できます。

ドメインを登録する

無料プランの場合25GBのトラフィックが提供されるが、もし25GBを超えるとどうなるでしょう? 気して、この点についてお問い合わせしてみると、数回の通知を送信し、もし通知を無視すると、アカウントをブロックするとですね。

We will not be so heartless。 We will send you few reminders。 If you ignore us many times、we have to be heartless and block the account。

25GBを超える場合、有料プランにアップグレードする機会を与え、トラフィック超過したため、何度警告を送っても料金制をアップグレードしなければ、アカウントをブロックすることがあります。

次に、Cloudimageサービスを利用したときのサイトの速度が速くなったでしょうか? おそらく無料プランを使用したためかわからなくても 速度はむしろ遅くました.

実際の速度は、サイトごとに異なることがありますので、直接テストして、ページの読み込み速度を確認してください。 トラフィックの不足のために、このサービスを使用する必要があれば、サイトの速度が少し遅くても勘案して使用することができるでしょう。 有料サービスに移行する場合、サイトの速度が大丈夫に出てくることもあるようだが、この部分は、顧客センターに連絡して確認してみるといいようです。

おわりに

以上でCloudimage CDNサービスの概要を説明しました。 サイトの速度のために、このサービスを考慮すると、速度がむしろ低下することもありますので、テストを進めて見て使用するかどうかを決定してください。

トラフィック制限がある安価なホスティングサービスを利用する場合Cloudimageを使用すると、月に25GBのトラフィックまで無料で処理することができるので、トラフィックをブロックが頻繁されている方は、考慮してみることができるようになります。

WordPress サイトの速度が遅い場合は、「WordPress サイトの速度の改善」を参照してみてください。

参照



コメントを残す

コメント